さよなら夏の日


 まだ始まったばかりだけど、ケンタッキーのCMでこの山下達郎の「さよなら夏の日」が使われていたので何となく。前にも書いたかもしれないけど、僕は高校生のときから夏が一年で一番好きな季節になった。その理由はよくわからないけど、とにかく好きなのである。はっきりいって、一年中夏でも構わない。四季があるから、いいと思えるんだよなどと言う人がいるかもしれないけど、そうじゃない。あの焼き付くような太陽の日差しだけで、僕は心からワクワクできる。
 で、この「さよなら夏の日」のイントロ及びエンディングが、PUFFYの「渚にまつわるエトセトラ」と全く同じメロディというのは、いかがなものだろうか。もちろん後者の方が後に出たものなので、奥田民生にこのあたりをきっちりと説明してもらいたい。というのも、凄くいい曲なのに、イントロ及びエンディングで、どうしても「リズムに合わせて?」と頭に浮かんできてしまうのである。せっかくの曲が台無し。


| コメント(0) | トラックバック(1)

コメントする

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/446

さっきiTunesで音楽聴いてたら、ずっと気になってたことを思い出した。 Puf... 続きを読む

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292