motown two


motown2.jpgmotown two/Michael McDonald

 引き続きマイケル・マクドナルド。前作motownよりも、こっちの2作目の方が取っつきやすい気がする。あとほとんど大差はないと思うんだけど、音の作りがこっちの方が僕の好み。積極的に生ドラムを使ってるのが嬉しい。ヴィニー・カリウタが"What's Goin' On"を叩くなんて、誰が想像しただろう。

 しかしどの曲もつらつらと愛を語っているわけで、愛の表現なんていうのはいくらでもあるんだなあと感じる。ずっと聴いてると、段々世界は本当に愛で動いているんじゃないかと思えてくる。
 「愛」って何だろう?とかそういう話はおいておくとして、世界が動いているメカニズムには愛が必要な気がしてくるのである。これがないと動かない。逆に愛さえあれば何も問題なしだ。んなわけあるかよ、という気もするが、偉大な先人達は皆愛について説き、愛について歌ってきた。時には己の欲求を表す言葉として、時には平和の代名詞として、あるいはメタファーとして形而上として。
 愛を中心に世界ができて、その世界が集まってもっと大きな世界ができて。

I was made to love her
Built my world around her

 たしかにそんな気がしないでもない。


| コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/732

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292