LEAVING HOME


leavinghome.jpgLEAVING HOME/J&B
J&B tributes to Kenji Omura

Guitar:梶原順、浅野祥之
Bass:松原秀樹
Drums:沼澤尚

 "Musician's musician"として多くのミュージシャン達に敬愛されてきた故大村憲司。そんな彼の未発表曲、"LEAVING HOME"と"TOKYO ROSE"を含む全5曲のミニアルバム。昨日なんとなくギターの調べが聴きたくなって、引っ張り出してみた。5曲目はいらない気がするけど、他の4曲はどれも素晴らしい。"LEAVING HOME"の最後ギターソロを息子の大村真司が弾いてるなんて、何とも涙を誘う。
 特筆すべきは、これだけ超一流のミュージシャン達が集まりながら、フュージョンにありがちなそれぞれのパートの個性を光らせるという演奏はほとんど見られず、4人揃って一つのグルーヴというか空間を作り出しているところ。"Proud of You"をエンドレスで流し、梶原順のギターはなんでこんなに気持ちいいんだろう、と思いながらそのまま眠りについた。

 大村憲司氏についてはこちらから。もうあれから6年半が経つんだね。


| コメント(2) | トラックバック(1)

コメント(2)

こんにちは、この曲のカバーがあるんですね。
僕は本人の未発表ライブ集で聞きました、LEAVING HOME いい楽曲ですよね。彼が地元の神戸を離れる時に作曲したそうです。

はじめまして。
"LEAVING HOME"大好きです。色々と抱えているものもあるけど、それも全部抱えて歩いていくんだよ、みたいな感じがして。本人演奏のものも、今度聴いてみたいと思います。

コメントする

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/850

ち??旦のレコ堀り日記 - 大村憲司/春がいっぱい (2005年4月16日 07:08)

多くのBLOGで取り上げられているであろう、故大村憲司さんの多分一番知名度の高 続きを読む

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292