FINIS


finis.jpgFINIS/Finis Henderson

 ちょっとマニアックかもしれないけど、つまってる音楽は「夏」ど真ん中ストレート!めちゃくちゃいい。AORが好きな人も、そうでない人も、夏を感じたいのならこれを聴け!と思わず興奮してしまう1枚。

 プロデューサーはEarth Wind&FireのAl McKayということで、それを十二分に感じさせるリズムが展開されてる。1曲目<SKIP TO MY LOU>からいきなり海岸線が広がるし、<BLAME IT ON THE NIGHT>は完全に夏の夜の夢。しかも、それだけに収まらないところが素晴らしくて、スティービー・ワンダーに提供されたバラード<CRUSH ON YOU>は何ともメロウ。<LOVERS>なんかもたまらなくいい。
 もちろんバックもとんでもなくて、ジェフ・ポーカロ、カルロス・ベガ、スティーブ・ルカサー、マイケル・ランドゥ、ネーザン・イースト、ジェリー・ヘイ、ゲイリー・グラント、さらにバックコーラスではリチャード・ペイジにやっぱりいたよビル・チャンプリン。

 どこまでもさわやかな歌声とファルセット、美しいメロディ。控えめだけどさりげなく凄い演奏。AORのほとんど全てがつまっていると言っても過言ではない。ただそれがちょっと夏に特化しているだけ。あまりにもベタすぎるジャケットだけど、本当に夏にぴったり。このイメージ。ただし、ジャケットの裏はもう少し何とかならなかったのかよと思う。うさんくさすぎる…。

 日本語ではどういう言葉が当てはめられているのかわからないけど、Breezeと言うのかな、そんな風が駆け抜けていく。


| コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/1040

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292