A LONG VACATION


longvacation.jpgA LONG VACATION/大瀧詠一
 これはもう大名盤ですね。ちょうど僕の生まれた年(1981年)に出たアルバムで、20周年記念としてリマスタリングされたものを買った。オリジナルの方を聴いたことがないので知らなかったのだけど、どうやらこのリマスタは賛否両論あるらしい。音が良くなることで返って損なわれるものがあるとは。難しいものだね。

 発売されたのは、ちょうど僕が19歳のときになるのかな。このCDを車に積んでよく海岸線を走りに行った。でも決まって悲しい気持ちになっていた。それもそのはず、作詞を手がけている松本隆の妹さんがこのアルバムの詞を書く前に亡くなったということで、秘かにその想いが込められているのだという(後に彼の著書『成層圏紳士』で知った)。
 世の中にはどうすることもできない悲しみというのがあって、思わずその事実から目を背けたくなってしまうものだが、明日に向かって生きていく以上そこから逃げるわけにはいかない。立ち向かわなければならない。松本隆は数ヶ月詞を書けなくなったらしいけど、その悲しみを乗り越えて作ったのがこのアルバム。そして世間に認められて大ヒット、今や誰もが口を揃えて名盤と評すのは僕が言うまでもない。

 表面だけ聴けばハッピーだけど、その裏には悲しみがつまってる。当時なぜ僕にその悲しみが伝わってきていたのかはわからないが、そんな二面性を持つ1枚。そんな難しいことは考えなくても、一家に一枚の歴史的名盤です。日本人なら持っておくように(それはちょっと言い過ぎかな)。


| コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/1045

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292