IT'S A POPPIN' TIME


poppintime.jpgIT'S A POPPIN' TIME/山下達郎

 3作目はライブアルバム。当時六本木ピット・インと上のソニースタジオは繋がっていて、そのままライブレコーディングができたとのこと。その割には、1曲目はスタジオレコーディングの曲と、意味不明なのだけど…。

 ミュージシャンはポンタさんと岡沢章のリズム隊、ギターが松木恒秀にキーボードが坂本龍一、さらにコーラスの1人に吉田美奈子という今ではあり得ない豪華すぎるメンバー。坂本龍一もいい味を出しているだけに、その後セッションミュージシャンから手を引いてしまったのはもったいない限り。誰かの後ろでやるというのが嫌だったのだろうか。

 きっとあえて"歌モノ"は避けたのだろう。1978年のことなんて何もわからないが、歌謡曲ショーみたいなのは敬遠される時代だったのかもしれない。自身のアルバムから持ってきた曲は少なく、書き下ろしの新曲やカバー曲が多い。あえてメジャーに出ることを嫌っているような印象を受ける。1曲が15分以上とか、あり得ないでしょ。
 山下達郎のベストライブアルバム(JOYは良いところ取りなのでずるいので)。グルーヴ感に加えて、ドライブ感も存分に感じられる。


| コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/1204

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292