RIDE ON TIME


rideontime.jpgRIDE ON TIME/山下達郎

 山下達郎の(多分)出世作にして代表作。1980年発売。これが売れたから、今の山下達郎がいると言っても過言ではないのだろう。逆にこれがなかったら・・・売れるアルバムが世に出て良かった。良かった。

 まず特筆すべきはミュージシャン。このアルバムから青山純と伊藤広規というリズム隊が固定される。その後他のパートは色々とミュージシャンを起用しているのだけど、この2人だけはほとんど変えてない。凄い。

 タイトル曲の<RIDE ON TIME>は某ドラマの主題歌で流れまくっていたので、僕らの世代でも知らない人はいないぐらい有名になってしまった。でもそこまで持ち上げられるべき曲でもないと思うのだけど、どうだろう。シングルヒットしたというのも正直よくわからない。
 それよりも、吉田美奈子の詞が光る<いつか>、<DAY DREAM>、<RAINY DAY>なんかの方が個人的には好き。やさしさに溢れてる。こういう詞は彼女にしか書けないだろうな。あとは前にも取りあげたけど、ハインラインの小説を元にした<夏への扉>。

 そして山下達郎がシュガーベイブへの思いを綴った<MY SUGAR BABE>。僕はシュガーベイブが大好きなのだけど(山下達郎よりも好きかも)、如何せんアルバムを1枚しか残してない。大貫妙子もいたこの伝説のバンド、音楽の方向性の違いから分裂したのかと思いきや、どうやらそうでもなさそう。調べたらわかるのだろうけど、多分どろどろしてるので知らないままで構わないと思ってる。「目を閉じればそこにMy Sugar Babe」と、胸に秘めていた方がいいのかもしれない。

 もし山下達郎をきちんと聴いたことがない人にアルバムを1枚勧めるとしたら、やっぱりこれになってしまうかな。誰もが認める名アルバム。


| コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/1207

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292