room


room.jpgroom/上田まり

 上田まりのデビューアルバム。今までセカンド、サード(ラスト)と聴いてきて、ようやくファースト。なぜ今まで手を出さなかったのだろうと思う。最後の最後にして、ようやく等身大の彼女に出会うことができた。

 このアルバムを聴くと、いかにその後の作品で彼女がスポイルされてしまったかが手に取るようにわかる。凝ったリズムパターンも、ぼやけさせるエフェクトも必要ない。この歌声さえあれば、他には何もいらない。サウンドは素朴であればあるほど彼女の魅力が引きたつし、そしてたまらなく愛おしい。それはきっと、純真な、無垢な愛を心のどこかで求めているのと同じで。

 好きな人に「好きだ」と伝えたいという気持ち、会いたい人に会いたいという気持ち。みんなそれがかなわなくて、もどかしくて苦しくて。そんな辛い想いをするのがわかっているのに、それでも人は誰かを好きになることをやめられなくて。

 今の時代、そんなの流行らないかもしれないね。事実、彼女は音楽界から消えてしまった。でも僕の心の中では今も生き続けている。
 君の歌った世界を、僕はいつまでも大切にしたいと思う。

2nd:empty page
3rd:coronet


| コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/1397

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292