Christopher Cross


ccross.jpgChristohpher Cross

 クリスマスらしいアルバムを紹介しようと思ったのだけど、そんなものありませんでした。ということで大名盤、クリストファー・クロスのデビュー作。いきなりグラミー賞4部門とってしまうというとんでもないアルバム。日本盤だと『南から来た男』なんてタイトルがつけられてる…。

 おそらくはこれもAOR路線なのだけど、ウエストコーストの風があるわけでもなければ、研ぎ澄まされたニューヨークのセッションでもない。都会の喧噪の中で、ふと大きな空を偲ぶような雰囲気とでもいうのかな。都会と自然、個人と全体、まとめて1つに扱えないものをまとめてしまう。すべては、まるで少年をそのまま大人にしたような、奇跡の歌声の仕業。こんなハイトーンボイス、奇跡としかいいようがない。

 ミュージシャンはまだそれほど派手さはないのだけど、バックグラウンドボーカルにはマイケル・マクドナルド、ヴァレリー・カーター、ジョン・デビッド・サウザー、ドン・ヘンリーなんかが参加。その他、ジェイ・グレイドンやラリー・カールトンがギターソロで華を添えている。

 1曲目の<Say You'll Be Mine>は挨拶代わりの一発で、まさに自己紹介のような曲。<I Really Don't Know Anymore>は初めて聴いたときぶっ飛んだ。こんなメロディが成立するの、彼だけだろう。あとは<Never Be The Same>、<Ride Like The Wind>、<Sailing>、<Minstrel Gigolo>など今なお人気のナンバーが目白押し。この完成度の高さには驚くばかり。

 間違いなく彼の最高傑作です。


| コメント(0) | トラックバック(1)

コメントする

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/1455

2005年ももう終わりに近づいています。 あなたにとって、この一年はどういう年でしたか? 元メモライザーの方、メモライズを離れてこの一年、どうでしたか? 大事件、私的ニュース、?? 続きを読む

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292