今年最後の音楽は


 今年はたくさんのCDを買いました。間違いなく過去最多。その中でどれが一番良かったかなんて優劣をつけることはできないのだけど、全体的にAORな1年だったかな。自分の好きな音楽を再確認するような年だった。

 そして今年を締めくくるというか、昨日、今年最後に買ったCDはこれ。

brahmszim.jpgブラームス:ピアノ協奏曲第1番

クリスティアン・ツィメルマン(ピアノ)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:サイモン・ラトル

 ブラームスの録音は20年ぐらい前にバーンスタイン(ウィーン・フィル)ともやっているが、今回ラトルと再録音。何を思って20年ぶりにブラームスをやろうと思ったのか、僕には知るよしもないけれど、ただただ美しいとしか言いようがない。完璧な音楽を追い求めるツィメルマンの姿勢が如実に表れているような作品。思わずため息が漏れる。
 来日公演が今から楽しみです。

 あとは今夜、NHKでやるアシュケナージの第九で幕を締めます。

 まだまだ聴きたい音楽はたくさん。来年も素敵な音楽と出会えますように。


| コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/1469

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292