マーラー交響曲第9番/東京フィル


mahler9tky.jpg東京フィル 鎌倉特別演奏会
2006.2.19 鎌倉芸術館 大ホール

マーラー:交響曲第9番
指揮:チョン・ミョンフン
東京フィルハーモニー交響楽団

Gustav Mahler:Symphony No.9
Myung-Whun Chung, Conductor
Tokyo Philharmonic Orchestra
Tokyo Philharmonic Special Concert in Kamakura

 鎌倉芸術館でマーラーの9番を聴いてきました。曲やオケに関する説明は専門家に任せるとして、感じたことを思うがままに少し書きたいと思います。

 席が4列目とステージに近くて圧倒されていたせいもあるのだろうけど、第1楽章からずっと紅潮しっぱなしだった。目の前で繰り出されていく音楽に興奮し、そして感動していたのだと思う。考えてみればマーラーに正面から向き合ったのはこれが初めて。今までに僕が目にしたことのない、壮大で表現豊かな"音"を次々と見せられ、ただただ呆然とするばかり。

 マーラー最後の交響曲(10番は未完ということで)、死を予感させる9番ですが、終楽章のいつまでも続くかのようなppパートは、とてつもなく綺麗だった。悲しみに色があるのなら透明しかないだろう、そんなことを感じさせる演奏、チョン・ミョンフンの指揮。最後のpppは息をすることができなかった。全ての果てにある、静寂の美。「ersterbend」?死にゆくように。

 そして小心者の僕は、カーテンコールが終わり、ホールを出た後、思わず小さな声で"Bravo"とつぶやいたのでした。何度も、何度も。ちょっと涙をこらえながら。


| コメント(4) | トラックバック(1)

コメント(4)

takeさん、こんばんは。

> 最後のpppは息をすることができなかった。

私はサントリーホールで聞いたのですが、この感じ良くわかるなあ・・・。息をするのさえ憚られるような静寂の緊張感。

TBさせていただきました、今後もよろしくお願いします。

>josquinさん

こんばんは。
josquinさんのおかげで、
とても素敵な時間を過ごすことができました。
ありがとうございました。

こちらこそ、今後もよろしくお願い致します。

いいですね。
オチビがまだちょろちょろする年齢のママとしては、ふと当日券でいい席が取れて、クラッシックのコンサートに行けるなんて、実に羨ましい。
そして、涙が出そうになる程の演奏。いいなぁ。
私はきっと号泣です((ずっとずっと憧れていたヴァイオリニストの演奏会に行けた時、まぁ、後から思えば笑える程泣いちゃった経験有 笑)
なんだかね、皆がいい音楽をもっと耳にすれば、最近の異常な事件が多い世の中も、少しは改善されるような気がするんですよね。

>3×ママさん

こんにちは。
この公演が見られたのは(しかも1000円で!)、
本当に幸運だったとしか言いようがありません。
というわけで、学生生活の最後を惜しむかのように、
大好きな音楽を楽しんでおります。
来月も、もう少しだけあがいてみる予定です(笑)。

たしかに最近、また胸が痛むような事件が
起こってしまってますね…。
音楽が世界を救えるとまでは言わないけど、
仰るとおり、人々がもっといい音楽を耳にすれば、
(そして昨日の演奏は間違いなくいい音楽と呼ぶに相応しいものでした)
この世の中が少しぐらい良い方向にいってくれるのではないかと思います。

コメントする

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/1556

この曲を演奏会で聴くのは昨年3月のインバル/ベルリン響以来。ベルティーニ/都響のラスト・コンサートとなってしまった、一昨年5月横浜での演奏... 続きを読む

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292