期待の新星現る!2006年F1グランプリ開幕戦


 開幕戦バーレーンGP。見所の多い面白いレースでした。やはりF1はこうでないと。

 まだ初戦を終えただけだから確かなことは言えないけれど、とりあえずフェラーリは復活したと見ていいだろう。ミハエルは相変わらずの速さだし、マッサもスピンのせいで結果はふるわなかったが、きちんとした速さは持っていると思う。あとは相変わらず強いルノーとマクラーレン。これにホンダがどこまで絡めるか、という感じかな。なんとなくだけど今年は昨年世界チャンピオンのアロンソよりも、タイトルまであと一歩だったライコネンが上をいく気がする。

 中盤ではウィリアムズが予想以上の速さ。去年までずっとBMWと蜜月な関係を続けていたのだけど、どういうわけか喧嘩別れに終わってしまい、今年はコスワースという元フォード系のエンジンメーカーのエンジンを使用している。資金や開発力が自動車メーカーと全然違うから、パフォーマンスダウンは間違いないだろうというのが大方の見解だったものの、きちんと戦えていた。

 そして今回、何と言ってもこのウィリアムズの大型新人ニコ・ロスベルグ!元世界チャンピオンのケケ・ロスベルグの息子です。F1デビュー戦でファステストラップを記録するなんて史上初じゃないだろうか。さらにはベテラン勢をものともしない気の強さと、思い切りの良い走り。見事7位という結果でデビュー戦ながらポイント獲得。序盤に大きなロスがなければ、4位のバトンあたりと戦えていたのではないかと思う。これはすごく楽しみ。

 あとはフェラーリエンジンを使用しているレッドブルがまたもやなかなかの強さ。クリエンもクルサードもいい走りをするんですよ。クルサードはマクラーレンにいた時はあまり好きじゃなかったんだけど、今は"いぶし銀"という感じで、すごくいいドライバーになったと思う。元ザウバーのBMWは今年1年目なので、まだ今ひとつなのは仕方ないかな。レッドブルのセカンドチームである元ミナルディのトロ・ロッソは、回転数制限付きのコスワースV10エンジンを使っており、今まで蓄積してきたものをそのまま使えるため、万年最下位チームだったのがここにきて安定性も速さも抜群に。下手したら親(レッドブル)を喰いそう。でも、そのうち他のチームから非難が続出しそうだな。

 最後、ダメだし。トヨタはやる気なさすぎ。やばいぐらい遅い。全11チーム中ダントツの資金力でこの結果とは情けない。そしてそのトヨタエンジンを使ってるミッドランド(元ジョーダン)。オーナーはお金持ちのはずなのに、未だに注力されず、かつてのミナルディのポジションを確実にしそうな感じ…。スーパーアグリは「奇跡の完走」とか騒がれていたけれど、完走が奇跡なら、その先(ポイント獲得、表彰台)は何になるんだと。最初はどこもこんな感じなのだろうけど、なんか未来が見えないチーム。ただ、ホンダエンジンのパワーで、ひょっとしたらミッドランドといい戦いができるかも。戦いと言ったって、最下位争いですが。今は最下位を独走中という状態。

 そして今週末には灼熱のマレーシアGP。素晴らしい。


| コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/1596

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292