Never Turnin' Back


neverturninb.jpgNever Turnin' Back/Bruce Hibbard

 ここまでくると誰も知らないというか、「いいよねこれー」なんていう反応があると逆に怖い。そんなマイナー路線をひた走りつつあるものの(とは言えこれも割と有名な1枚なのだけどね)、やはり良いものは良いということで取り上げます。ブルース・ヒバードのセカンドアルバム、1980年の作品。例のごとく日本が世界初CD化。

 当然僕もブルース・ヒバードがどんな人なのか全然知らなかったので、初めて聴くときはどんな音楽が流れてくるのか期待と不安が混じっていたのだけど、1曲目でいきなりストライク。この軽いテイストが心地いいし、サウンドはやたらキャッチーでロマンチック。バックミュージシャンはよくわからんなあと思ってたら、ディーン・パークスがいたり。

 とにかく、こんなアルバムが埋もれているのはもったいなさすぎる。基本的にCD化されるかどうかは、売れるかどうかなのだろう。そして売れるかどうかは、プロモーション次第。日の目を見ない、僕の知らない素敵な音楽がまだまだたくさんあるのだろうな。そう考えるだけでワクワクしてきます。

 ちなみに、このCDはAOR好きでは知らない人がいないであろう中田利樹さんがCOOL SOUNDというプライベートレーベルで発売しているもので、クールサウンドに手を出し始めたらもう終わりの烙印を押されそうな気もするが、既に押されてしまったのでこれからもどんどん素晴らしい音楽を追い求めていきたいと思います。


| コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/1615

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292