KIRK WHALUM performs the Babyface SONGBOOK


kwpbabyface.jpgKirk Whalum performs the Babyface Songbook

 デビッド・サンボーンは別格として、僕の一番好きなサックス奏者カーク・ウェイラムがベビーフェイスの作品をカバー。ベビーフェイスは今さら取りあげることもない超有名プロデューサーで、誰しもが収録曲のほとんどを今まで耳にしたことがあるはず。ボーカルの代わりに、カークの文字通り唄うようなサックスが絶妙に絡み合っていく。

 正直に言えば、こういったコンピレーション的なアルバムはあまり好きじゃない。全体をある種の統一感でまとめることは可能だけれど、根元的な種みたいなものが存在していないから。しかもボーカル楽曲をサックスでプレイするというのは、いかにも今流行のスムーズジャズという感じがして気にくわない。それでもカーク・ウェイラムだからかな、すごく聴いてみたくなった。

 参加ミュージシャンはデイヴ・コズにリッキー・ピーターソン、ノーマン・ブラウンと一流揃い。さらにベビーフェイス自身もコーラスで参加。なんとなくどういう音楽になるかは想像がついていたけれど、完全にそれを上回っていた。いやはや、こんなに唄いまくりのサックスもないだろうなと思う。カークのサックスからは"神"の存在が見え隠れするね、たとえそれがポップス曲のアレンジだとしても。

 最後にジャケットに書かれているカーク・ウェイラムの言葉を紹介します。

 よかったら聴きながら一緒に歌ってほしい(耳を澄ませば僕が歌っているのも聞こえるだろう、音色すらも歌っているよ)。歌詞がわからなくても、肩の力を抜いて、目を閉じて。単なるメロディがもつ素晴らしい力を、その目でみてほしいんだ。

 例のごとく、行ってきます。


| コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/1628

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292