Krystian Zimerman Piano Recital 2006


kzimerman.jpgクリスチャン・ツィメルマン
ピアノ・リサイタル 2006年日本公演
2006.5.20 サントリーホール

モーツァルト:ピアノ・ソナタ第10番 ハ長調 K.330
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番 ハ短調 Op.13「悲愴」
ショパン:バラード4番 ヘ短調 Op.52
ラヴェル:高雅で感傷的なワルツ
グラジナ・バツェヴィチ:ピアノ・ソナタ第2番

 サントリーホールに、名実共に世界一のピアニスト、クリスティアン・ツィメルマンのピアノリサイタルを聴きに行ってきました。一言で言うならば、神様が下界に降りてきた。

 まずはモーツァルト。もう出だしの一音から震えた。音が美しすぎる。これまで彼のピアノは正確無比な、どことなく切れ味の鋭い印象が強かったのだけど、モーツァルトは底のないやさしさが広がった。軽やかで親しみがあって、それでいて深い。続くベートーヴェンもすごく良かった。やはり第2楽章、アダージョ・カンタービレかな。最後演奏を終え、十分に余韻をとるツィメルマンが印象的でした。

 休憩を挟んでショパン。ツィメルマン=ショパンみたいな捉え方をされているところがあるので、なんとなく無理矢理ねじ込んできたのかなあと。それでもやっぱりいいんですね。僕の知ってる精巧で正確無比なツィメルマン復活。彼のショパンを生で聴けて本当に良かった。ラヴェルは一気にワルツ8曲。変幻自在、色鮮やかでした。ところどころピアノを弾きながら唄ってたり。最後は彼の母国ポーランドのバツェヴィチ。初めて聴く曲だったので、呆然としているうちに終わってしまった。ただただ凄かった。

 そしてアンコールはガーシュウィン!ジャズのエッセンスが取り込まれた曲を、ツィメルマンがどう挑むのかが非常に興味深かった。1曲目が終わったところで思わず「ブラボー」と口に出たのだけど、それでアンコールが終わることはなく、結局<3つのプレリュード>を3曲全て弾いてくれました。言葉にならないほど感動しました。

 ずっと楽しみにしていたツィメルマンの公演。もう全曲ブラボー。僕がクラシックに惹かれるようになったきっかけとしてこんな言葉があります。

 「ジャズに完璧な曲はない、完璧な演奏があるだけだ。しかし、クラシックには完璧な曲も、完璧な演奏もある」。

 今日のピアノリサイタルは、まさにこの言葉の証明だったと確信を持って言えます。これが世界の頂点。日本でピアノを弾いてくれてありがとう。またいつか来て下さい。

※余談だけど、写真のパンフ(500円)は隣の席に座っていた貴婦人に頂きました。1冊しか頼んでないのに、2冊くれたからだとか。髪を切り、パリッとした厚手の白シャツを着ていったのが良かったのかもしれない。


| コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/1708

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292