角松敏生 Player's Prayer


prayerkngw.jpgTOSHIKI KADOMATSU
Performance 2006
"Player's Prayer"
2006.11.23 神奈川県民ホール

角松敏生(vo&g)
江口信夫(ds)
今剛(g)
松原秀樹(b)
小林信吾(key)
友成好弘(key)
森俊之(key)
田中倫明(per)
大儀見元(per)
千秋(vo&cho)
凡子(cho)

guest:上地一成(三線)

 今年7月にリリースされた新アルバム『Prayer』を引っさげてのツアーに行ってきました。角松敏生の25年の集大成のライブとでもいうべきか、とんでもないステージだった。興奮が未だに冷めやみません。うん、やっぱり生はいい。

 ライブは、ズバリ図解『Prayer』。レコーディングメンバーがほとんど並んでいるステージだから、CDの音をそのまま再現できる。次にどんなフレーズが来るかわかっていて、その通りの音が流れる。そして思わず顔が崩れるライブならではのアレンジ&パフォーマンス。25年かけて角松が築き上げてきたものが、惜しみなく発揮された3時間のステージ。

 ミュージシャンたちも本当に素晴らしかった。今剛のギターは貫禄があって有無を言わさない何かがあったし、松原秀樹のベースは音色がすごく豊潤、パワープレイの江口信夫は良い方向に変わったなと思う。そして実験結果は大成功だったTripodのトリプルキーボード、小林信吾、友成好弘、森俊之。これからの角松にとって重要な存在になる気がする。ツインパーカッションの田中倫明と大儀見元は、角松の変わらない音だろう。そして今回特に良かったのが、一新されたコーラス隊、千秋と凡子。若さという色気を手に入れたコーラスワークが本当に素晴らしかった。千秋の歌声は日本の至宝でしょう。佐藤竹善をコーラスに起用していた山下達郎や小田和正と同じように、今後もぜひ彼女たちと一緒にライブをやって欲しい。

 地味なところでは、ライトワークがいつになく秀逸。時折ミュージシャンの演奏している姿がステージに作られたスクリーンに映るのだけど、流れてくる音に比べてスローモーションと言ってもいいような動きをするその影からは、伝説という二文字が見え隠れした。これは夢の宴なのか、それとも幻の残影なのか。とにかく自分がその場にいられる喜びを、音楽を感じられる幸せを、ずっとずっとかみしめていた。

 素敵な時間と感動をありがとう。ホンモノの音楽をありがとう。日本最高レベルのライブをありがとう、角松。僕はあなた達の音楽と共に生きてきたと思うし、あなた達が伝えてくれる音楽のために生きていると言ってもいい。そして、これからも、ずっとね。

 また3週間後。僕はきっと、真の意味での「伝説のステージ」を目にすることになるんだ。今はまだその漠然とした期待に胸を高鳴らせているに過ぎないけれど。


| コメント(4) | トラックバック(0)

コメント(4)

こんばんわ。
ほんとに昨日は素晴らしい夜でした。
文章を拝読していると、昨日の様子が臨場感たっぷりに甦ってきます。
まさに伝説が作られていく現場にいられることができるのは、喜びであり誇り、そして感謝でもあるなあと思います。
次も楽しみだね!

>ゆさん

こんばんは。
まだまだ興奮が冷めません…。
次は一体どうなってしまうのかと(笑)

きっともう伝説は始まっているのでしょうね。
なんか、それ以外に言葉が見つかりません。
本当に素敵な夜でした。

はじめまして、kadomaniaと申します。突然ですみませんが、角松検索でお邪魔しました。今後ともよろしくお願いいたします。

たいそうなハンドルネームですが、角松氏を地味?に応援してるいたってフツーのファンでございます。

が、しかし、takeさんの音楽カテゴリーを拝見してあまりにも音楽の趣味がドンピシャだったので、嬉しくなって書き込ませて頂きました。カナケン素晴らしかったですね。
本当に日本でも最高水準のライブではなかったかと・・・・。

自分もライブレポあげてますので、よろしかったらお付き合いください。

改めましてよろしくお願いいたします。

>kadomaniaさん

はじめまして。
改めて、素晴らしいライブだったなと思います。
僕も影の影から角松と彼の音楽を応援し、
そして愛しているファンです。
ほんの少しでも角松って?と興味を持ってもらえるように、
たまにだけどブログにちょっと熱い思いを書いたりしてます(笑)。

ライブレポート、拝見しました。
あまりに丁寧に細かに綴られていてびっくりです。
あー、楽しかったなー。

こちらこそ、よろしくお願いします。

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/1938

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292