角松敏生 Player's Prayer Tokyo Special Day2


ppsp2.jpgTOSHIKI KADOMATSU
Performance 2006
"Player's Prayer" Special
2006.12.15 中野サンプラザ

角松敏生(vo&g)
Steve Gadd(ds)
江口信夫(ds)
今剛(g)
松原秀樹(b)
小林信吾(key)
友成好弘(key)
森俊之(key)
田中倫明(per)
大儀見元(per)
千秋(vo&cho)
凡子(cho)
上地一成(三線)
新良幸人(vo&cho&三線)

 とんでもない東京スペシャル3daysの2日目。

 昨日との違いはベース奏者と自分の座席ぐらいだろうと思っていたら、とびっきりの曲をやってくれたし、どういうわけか公演時間も3時間40分と30分ぐらい長かった。3日間の真ん中だったけれど、だから初日に比べてどうとか、最終日と比べてどうということもない。一期一会の瞬間。宝物のような時間たち。

 それでも2日目ということで、だいぶリラックスして聴けたのも確か。昨日はスティーブ・ガッドの存在があまりに大きすぎてガチガチに緊張してた。今回、席は2F席だったけれど、これがすごく良くて、自分と会場が一直線に繋がる感覚を味わい続けた。ものすごく気持ちよかった。

 神様は当然のように、まるで最初からそう決まっていたかのように、ステージ中央にいた。やっぱりまだその光景が信じられなくて、僕は、スティーブ・ガッドに染まった音楽で、その存在を確かめ続けた。これが本物なんだって。30年以上も世界の頂点にいる。僕は彼のことを神様だと思う。

 おそらく一生でもう二度とないステージ。Player達のPryaerを、僕らはきちんと受け止められただろうか。


| コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/1957

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292