One for all, all for one. vol.1


 大学院時代、僕は自分の専門の無線通信の勉強(&それに関連すること)だけしてれば良いという、非常に恵まれた状態だったのだけど、いかんせんそれ一つだけでは、若き日の僕のエネルギーは支えきれない。というか飽きる。来る日も来る日も自宅と研究室の往復で、今はそれでご飯食べてるからこれはこれでいいのだけど、何か他にも勉強したいなと思ったのです。それで、今からおよそ2年半ぐらい前から始めたのがお金のお勉強。

 日本ではどうもお金の話をするのは美徳じゃないというか、ガツガツしてて卑しいイメージがあるけれど、そんな奇麗事言っている場合ではない。格差社会なんてくだらない言葉は使わないけれど、なんていうか、僕らの未来は借金だらけなわけです。今の大人たちが、具体的に言うともうすぐ定年を迎えるような大人たちが、好き放題やってきたおかげで、僕らは負の遺産を抱えまくってる。少なくとも僕はそういう意識で生きている。だから、自分でなんとかしなければいけないのです。

 政治家が悪いだとか、教育の問題だとか、どこかに責任の所在を見つけてブーブー言ってたって何も解決しない。政治家を選んでいるのは、有権者、すなわち僕ら国民なのだから。極論を言えば、小泉ブームで自民党に票を入れた人には、定率減税廃止(サラリーマンの増税)に文句を言う筋合いはないわけです(これだけ切り出してどうこう言うつもりはなくて、つまり、今の日本は僕らが作っているのだから、誰かに文句を言っても仕方ないということです)。じゃあ自民党じゃなくて民主ならいいのかとか、そういう話ではなくて、マスコミが勝手に盛り上げて成立してしまうようなこの社会では、もはや全体の統率は不可能。みんな仲良くやってるから借金まみれになってしまったのであって、これからは一人一人がもっと自分のことを、そして社会のことを考えていくことが不可欠なのだと思う。ゲーム理論でおなじみジョン・ナッシュの言葉です(映画『Beautiful Mind』より)。

Adam Smith said the best result comes from everyone in the group doing what's best for himself, right? Incomplete. Incomplete,okay?Because the best result will come from everyone in the group doing what's best for himself and the group.

これから先、groupを頼りにするだけで何もしない人は、間違いなく取り残されるでしょう。

 前置きが長くなってしまったけれど、そういうわけで、自分の身は自分で守らなければいかんという意識が芽生え、お金の勉強を始めました。あって困るものではないし。と言っても、関連するような本を片っ端から読み、あとはせいぜい銀行・証券会社を色々回った程度で、専門的に経済学を学んだわけでもなければ、MBAの勉強をしているわけでもない。僕はただの(半人前の)電機メーカーの研究者です。そしてまだまだ勉強途中です。こうやって記事に書くことで、自分自身もっと深いところに落とすことが第一の目的で、欲を言えば誰かからさらなる知識をもらいたい。例によって勝手な意見、時には暴論すら出てくるでしょう。そして何も責任は負えません。それでも、どこにでもいるサラリーマンがお金についてどう考えているかという情報は、少しぐらいどこかの誰かの役に立つかもしれない。そんな思いで、一応連載形式でやっていくつもりです(時間が出来たときに更新)。

 次回はいよいよお金のお話です。


| コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/1990

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292