FX超入門


 今年の初め、FX(外国為替証拠金取引)には手を出さないと言いながら、実は何度か手を出してます。ごめんなさい。やってみてわかったことは、FXは質の良いギャンブル。そこをきちんと割り切れるなら、これはこれでありかなあと。

 FXとはなんぞやという人のために説明しておくと、FXとは円やドルなど通貨を売買すること。最低単位は大体1万通貨からで、あとは自分がこの1万通貨をいくらで買うか(借りるか)。例えば1ドル100円のときに10万円で1万ドル買い(倍率10倍)、1ドル110円になったときに売ると10万円の利益が出る(金利スプレッド分除く)。これで手持ちの資金は10万円しかないのに、1万ドルを持ったことと同じになるから、10円の変動で10万円利益がでる(もし10万円をドルに交換した場合、+1万円)。逆も然りで、もし1ドル90円になったら資金は0になる(その前に強制売却があるので完全に0にはならない)。売り方から入ることも可能で、1ドル110円のときに1万ドル売り、1ドル100円になったら買い戻すと、10万の利益になる(金利スプレッド除く)。ポイントは1万通貨というところかな。例えば外貨預金で1ドル110円のときに1万ドル買う場合110万円必要だけれど、FXの場合あくまでも「1万通貨」を買うので必要なのは倍率10倍だったら11万円ではなく10万円になる。ちなみに倍率1倍にすれば、ドルの場合ほぼ外貨預金と等価。あとは通貨、倍率をどうするかというだけ。非常に単純な話。

 それで、まず何より強調しておきたいことは、FXはギャンブルだということ。未来の円・ドル・ユーロ・・・etc.相場がどうなるのかだなんて、一体誰が予想できるというのか。というわけで完全にこれはギャンブルなのだけど、質の良いギャンブルというところも併せて強調しておきたい。日本で合法なギャンブルと言えば、競馬・パチンコ・宝くじ等が思い浮かぶけど、どれも恐ろしく賭け側が不利。うろ覚えで申し訳ないけど、確か競馬は胴元が25%、宝くじは50%持っていき、残りを出資者で分配するというシステム。競馬やパチンコそのものを楽しみたいということなら問題はないし、宝くじで夢を買いたいなんていうのもありだと思うけど、リターンを期待してやるには如何せん分が悪すぎる。経済学者に言わせれば「愚か者に課された税」。

 それに比べてFXはせいぜい手数料ぐらい。しかも今はネット証券が中心なので、口座維持料は無料、売買手数料も1通貨あたり4銭程度という低さ。さらに株式の信用取引などとは対照的に、手持ちの資金に対して10倍、100倍の資金を金利なしで貸してくれる(はず)。基本的に為替の上昇・下落で手持ちの評価資金が残り1割となったら強制売却(購入)となるので、リスクは自分の手持ちの資産のみ。例えば前の例で言うと、資金10万円で1ドル100円のときにドルを1万ドル買い、91円まで下がってしまったら強制的に売却されてしまう(色々と設定は可能)。ちなみにこの倍率をかなり高く設定できるところもあって、例えば1万円で1万ドルを買うこともできる(倍率100倍)。その代わり99円10銭になったら強制売却。もし資産100万で倍率100倍を選んだ場合、100万ドル買えます。1億円。中には200倍、300倍が選べるFX業者もあるらしいですが・・・。

 あとは金利スプレッド。日本とアメリカで金利が異なるため、その差が毎日毎日加算されたり減算されたりする。例のごとく10万円で1ドル100円のときに1万ドル買ったとして、金利差が3.65%とすると、1日100円ずつ入ってくることになります(スプレッドは各FX業者によって異なったり、土日はやってない関係上特定の曜日が多かったりすることもあります)。100万円で100万ドル買ってたらスプレッドで1日1万、300万ドルあったら年間1000万円(税金分等除く)。一時期よく言われた円キャリーみたいなもんです。ちなみに1万ドル売った場合はこれと逆で、1日100円減っていく。100万ドル売ってたら1日1万減っていく。ちなみに、人間の心理的に減っていくよりも増えていく方が好まれるため、これまでは買い方の方が多い状態だったらしい。ドルがかなり下がってきたので、最近は違うのだろうけど。この金利スプレッドと、そして通貨自体のレート変動、これがFXの醍醐味です。

 ここからは僕の話になるけど、そもそもFXを始めたきっかけは"暇だったから"。基本的に株式投資は、買って放ったらかしなので、色々と相場が変動するけどつまらない。もっと市場のダイナミズムを感じたいというか、色々儲け話が転がってそうなのに(実際は転がってない)、指をくわえて見ているだけというのは堪えられなかったのです。

 基本的に僕は輸出企業の銘柄を持っているので、今まで取ったポジションはドルショートのみ(売り方。反対はロング)。ドルが上がれば株価が上昇するから損失を許容できるだろうし、下がればこのFXで利益が出る。もっと本格的にやる人はうまくリスクヘッジをするのだろうけど、僕はお遊び程度なので資金も10万円。

 気になる結果はというと、3勝1敗。最初どんどん変わり続ける評価額にビビッてしまい、堪えられずに決算してしまった。それ以降はプラスです。今のところリターンは23%。何かの拍子にドルが上がり、さすがにこれは上がりすぎだろうと思ったところでドルを売る。そのうち上がりすぎた分が下がるから、その時に買い戻す。これを頑なに実践してきました。額も額だけど、はっきり言って株式投資よりずっと割が良い。このままだと年利リターン100%越えも・・・?いやいや調子に乗ってはいけない。多分、たまたま運が良かっただけ。あまりオススメはできないけど、余資金でやる分には良いのかなあと思います(少なくとも宝くじを買ったり競馬をするよりは)。酒・たばこ・ギャンブルとは一切無縁の生活をしてきたというのに、これで僕もギャンブラー・・・(?)。

 一応僕が感じたことを何点か(責任は持てません)。

・基本は短期だけど、あまり短すぎてもダメ。中期ぐらいの視点で。
・チャートは何の参考にもならない。
・「もうはまだ」、「まだはもう」。これを言い聞かせる。
・損切りラインは絶対決めておく。
・外貨預金はただのぼったくり。


| コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/2309

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292