I/角松敏生


tk_I.jpgI/角松敏生

 ファンクラブ限定CD。そのうち通信販売などで買えるようになるのかもしれないけど、とりあえず今は一般入手不可なので、ここで紹介するのもどうかと思ったのだけど、最新アルバムの情報もだんだん出てきたので、そろそろいいかなと。位置づけとしてはこの新アルバムのプレ版(ドラムレスバージョン)、そしてファンへの感謝の気持ちを表してくれた。実はかなり貴重な1枚。

 角松のアルバムは、全曲紹介で。

1.REMINISCING
 アルバムの中の1曲目というのは、聴き手を引きつける上で非常に重要だと思う。その1曲が、このアルバム全体を説明しているといっても過言ではない。角松も1曲目にはかなり気を使っていることが、過去のアルバムからもわかる。ジャラララララとアコースティックギターのオープニングはすごくさわやかで、否が応でも何かの始まりを感じさせる1曲。

2.木漏れ陽
 キャッチーなナンバーで、日本語を大切にした歌詞。スチールペダルがこれでもかっていうほど活躍。梶原順と今剛のソロ掛け合い(?)がたまらなく気持ちいい。これでドラムがないっていうんだから、すごいの一言。

3.What Do You Think
 最近の角松の作品には必ず1曲入る曲調。CDにコーラスは入ってないけど、ライブでの千秋のコーラスが非常に印象的だった。アレンジのしがいがありそうなので、新アルバムの方では果たしてどのように変わっているのだろうか。

4.美しいつながり
 やさしいバラード。<Always Be With You>じゃないけど、年を重ねるにつれてこういう作品が増えてきたと思う。きっと対象とする愛の種類が変わってきたのだろうな。最近、自分自身もそういう境地になってきてしまいました。まだ早いよなあ。

5.You csn go your own way
 女性目線の曲らしいです。が、男の僕には、どこがどう女性なのかはわかりません。歌詞に「メール」という言葉が出てくるのだけど、どうも僕はこういう時代を反映したような言葉が好きになれない。時が経つと陳腐な響きになってしまう気がする。まあ、メールってことで郵便と解釈できなくもないから、ギリギリのラインかな。

6.TOKYO TOWER
 往年の名曲のリテイク。これはいい。ピコピコいってるオリジナルも良いけど、ファンクっぽいアレンジが妙に合っている。角松の今の技量、そしてすばらしいミュージシャンがいて初めて実現できたものだろう。とにかく山内薫のエレキベースがすごい。TOKYOの発音が2タイプあるのはなぜ?

7.NO END SUMMER
 『1981?1987』のアレンジはちょっとしつこく、でもオリジナルは今となっては音圧不足が否めない。というわけで待望だったリテイク。今までとは感じがちょっと違うので最初は戸惑ったが、もう慣れたかな(が、ノーエン"ド"はダサい)。これからはこのバージョンが正しいとか言ってたような気がするものの、ライブではほぼオリジナル版だったし。それにしてもこの曲は美しい。欲を言えば、アコギじゃなくてエレキを持ったオリジナルのリテイク。いつかお願いします。

8.アマミクの珠
 千秋とのデュエット。今までのデュエットものは角松が裏方になることが多かったのだけど、これは角松がメイン。新アルバムには収録されないらしく、もったいないよなあと思う。夏に南の島で聞いたら最高だろうと思う。

9.砂浜
 杏里30周年のお祝いとして。これはすごく好きな曲で、21歳のときに宮古島のダイビングインストラクターの人がしっとりと歌い上げてくれた(スナックで…)。森俊之がストリングスアレンジをしたと聞き、彼に対する評価がさらに上がりました。ここまで荘厳になるとはね。

 さてさて、新アルバムが非常に楽しみです。


| コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/2382

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292