MASATO HONDA B.B.STATION -BIG BAND NIGHT-


mhondabb.jpg

MASATO HONDA B.B.STATION -BIG BAND NIGHT-
Blue Note Tokyo
2010.6.26 1st stage

本田雅人(a.sax, s.sax, fl, vo)
佐山雅弘(p)
梶原順(g)
櫻井哲夫(b)
鶴谷智生(ds)

鍬田修一(sax, fl), 吉田治(sax, fl), 山本修平(sax, fl), 長島一樹(sax, fl)
佐久間勳(tp), 五反田靖(tp), 小林正弘(tp), 田中充(tp)
佐野聡(tb, hm), 川原聖仁(tb), 半田信英(tb),秋永岳彦(tb)

 久々のブルーノートで、本田雅人率いるビッグバンドを聴いてきました。生きてて良かった。

 コンピュータによる音楽が世の中に氾濫している昨今、生で演奏することにどれだけの意義・価値があるのか。多くの音楽家がこの問題と向き合い、そして少なくない人たちが絶望しているのだと勝手ながら予想してしまう。そして本田雅人の出した答えは、それならコンピュータでは絶対できない音楽を、肌で感じる音楽を、聴かせよう。音楽を提供してもらっているリスナーという立場からすれば、ここまで言われてしまったら聴きにいくしかない。

 B.B.ステーション単独名義のライブは実に13年ぶり(結成以来)だという。ブルーノートで総勢17人のお祭り。生の迫力を伝えるのは、まさにこれしかないという答え。そして何とピアノには佐山さん(NYから船で来てくれたらしい)!PONTA BOXでしか知らないけど、間違いなく日本のジャズピアニストとして最高峰。思いつく限り最高のピアニストを迎え、ギターはお馴染み梶原順、ベースには櫻井哲夫、メンバーの中で最も印象に残ったドラマー、鶴谷智生。B.B.Stationメンバーは、小林正弘、佐久間勳、佐野聡といったキーパーソンが前回と同じで、あとは音大繋がりなどで集結。

 ブルーノートは以前15時から整理券配布だったので、暇な学生時代はよく13時ぐらいから並んだりしてたのだけど、最近システムが代わり、受付時間=開場時間(たいてい早まるが)となったため、今回は14時半過ぎに到着。びっくりするぐらい人が少なく、16時に受付開始となり、整理券6番ゲット。ずいぶん楽になったものです。どうでもいいんだけど、本田雅人の甘いマスク目当ての女性ファンが多かったです…。
 
 ステージから実質3列目だったため、始まった瞬間、もうテンション上がりまくり、そして鼓膜も大変なことに。それと同時に背筋から顔のあたりがゾクゾクッと、なんとも心地よい充実感に包まれた。本当に心の底から感動したときだけに味わえるこの感覚を、ずいぶん長い間忘れていた気がする。

 曲はBBステーション用に書き下ろされたものから、T-Squareや自身の楽曲をアレンジしたものまで幅広く。いずれにしろビッグバンド用に譜面を書かなければいけなかったわけで、本田さんはとにかく大変だったということを強調してました。それにしてもまあ、佐山さんの凄いこと凄いこと。これが一流のジャズ・ピアニストなのかと、まざまざと見せつけられました。これまでジョージ・デュークやジョー・サンプル、デビッド・ベノワといったフュージョン系のピアニストは生で聴いてきたけど、全然違う。しかも超楽しそう。あと、驚いたのが鶴屋智生のドラム。名前は知っていたが生で聴いたのは初めて。べらぼうにうまいですね。

 きちんとB.B.ステーションをフィーチャーすることも忘れず、<CONDOLENCE>はB.B.STATIONのみで演奏、サックス奏者4人がかわるがわる立ち上がり、本田雅人との掛け合いをし、最後は4人がバラバラに吹く(のに、なぜかまとまっている。佐山さん爆笑)といった芸当まで披露。あと<放課後は日曜日>では、佐山さんのピアノに合わせて、本田雅人がスキャットを。多才だなあ…。アンコールは、前日がマイケル・ジャクソンの命日だったため、<Human's Nature>を。前回同様、佐野聡のハーモニカは絶品でした。

 そして、ここが本田雅人の一番凄いところだと思っているのだけど、彼自身はあくまでもフュージョンの人間だというスタンスを崩していない。だからビッグバンドをやっても、それは正当なジャズからきたビッグバンドではなく、梶原順や櫻井哲夫といったメンバーを中心とした、フュージョンから派生したビッグバンド。だから自分も、ここまですんなり入っていけるのかなと思う。

 最初から最後まで感動しっぱなし、最高の1時間半でした。毎回思うのだけど、こういう時間にめぐり合えるからこそ、自分は生きているのかなと。生きてて良かった、これにつきます。せっかく譜面起こしたのだから、またぜひやってください。生の音楽を、最高の形で伝えてくれて、ありがとう。


セットリスト
1.BBSのテーマ
2.FUNKY MONSTERS
3.LITTLE LEAGUE STAR
4.まちぼうけの午後
5.CONDOLENCE
6.放課後は日曜
7.みんなSWING
8.MEGALITH
9.HUMAN NATURE


| コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/2562

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292