角松敏生 Performance 2010 “Citylights Dandy”


cdandy2010.jpgTOSHIKI KADOMATSU
Performance 2010 “Citylights Dandy”

神奈川県民ホール 2010.10.3
中野サンプラザ 2010.11.2

角松敏生(vo, g)
玉田豊夢(ds)
今剛(g)
松原秀樹(b)
森俊之(key)

 角松の今年発売された新アルバム『Citylights Dandy』のツアーに行ってきました。今回は地元の神奈川県民と、千秋楽の中野に参戦。もちろん、その時、その場限りでしか成立しない瞬間というものは多々あるけれど、コンサートの内容としてはほぼ同一と言って良いだろう。それほどまでに完成された、有無を言わさない完璧なまでのパフォーマンスが披露されたライブでした。

 角松ライブの見所は大きく3つ。まずバックバンドがレコーディングメンバーとほぼ同一なので、アルバム収録の生演奏が目の前で繰り広げられる(実際はトラックごとだろうから違うのだけど)。さらに過去の曲含めて、ライブならではのアレンジ。日本屈指のメンバーで固めたバックだからこそ可能な業。そして何よりホールにいる者にしか味わえないグルーヴや一体感ならびにその場の空気感。これは、たとえライブDVD(Blu-ray)が後日出たとして、どれだけ良い環境を作り上げて再生したとしても感じられないもの。

 もう彼のライブに行くこと12年になるけれど、自分の年齢も上がって感じ方も変わったせいもあるのだろうが、特にここ数年のライブパフォーマンスは本当に凄くて、国内では類を見ない(CDは売れないけどね…)。きっちりとアルバム収録曲をやり、そして曲構成・演奏でうまくライブを作り上げ、最後はしっとりと余韻を残すというのが最近のパターン。だからいつまでも心に残り続ける。決してOne of themではなく。

 今回特に心に残ったのが、<せめて無事な夜を>と<Lost My Heart In The Dark>。前者はもう18年以上前のアルバム収録曲(『あるがままに』)だけど、生で聴いたのは初めてのような気がする。ただただ感動。そして後者は、ここ最近特徴的な、松原秀樹と森俊之によるダブに近いようなアレンジが、非常にいい。今の技量でこうして過去の楽曲をアレンジした演奏を聴けるというのがたまらなく良いです。

 玉田豊夢のドラムも良かったです。序盤、ちゃんと片手16ビートを見せてくれた。バラードもしっとりと叩けるし、オールラウンドプレーヤーですね。あくまでもプレイの雰囲気だけれど、ポンタさんに似てるかなと。まだ35歳とミュージシャンの中では若い部類に入るのでこれからの活躍が楽しみ。

 神奈川県民、中野サンプラザと行き、特に中野は前から3列目という度迫力だったけれど、音と雰囲気は神奈川県民の方が良いように感じた。音響的に3列目だと厳しいところもあるだろうから一概に比較もできないけれど、自分の生まれ育った地元に、歴史のある素晴らしいコンサートホールがあるっていうことを改めて認識できたのがすごく嬉しかった。

 そしてこのライブは、単なる4リズム以上の、非常に大きな意味を持っていたと個人的には思ってる。玉田豊夢、松原秀樹、森俊之、今剛。メンバーに、角松がずっと一緒にやってきたオリジナルバンドというか、彼とずっとやってきた人が誰一人いない。青木さん、そしてブッチャー(浅野祥之)、80年代からずっと一緒にやってきたこの2人を失ってもなお歌い続ける角松には、心からありがとうと言いたい。

 これで新生角松バンド誕生なのか、それともPlayer's Prayerの1つの終着点であり、これからさらに変わっていくのかは知る由もないけれど、これからの10年、角松が60になるまでは歌い続けてくれるとして、さらなる高みを期待したい。次は30周年!


(セットリスト)
1.Dandy... in the Citylights
2.浜辺days
3.Mrs.Moonlight
4.Twilight Moody Blues
5.HOT LAZY NIGHT
6.After 5 Crash
7.せめて無事な夜を
8.SEA LINE
9.Friend
10.La Carnaval
11.BEAMS
12.ANKLET
13.Fly By Night
14.Lost My Heart In The Dark
15.Funky GO-KOHN
16.134
17.TAKE YOU TO THE SKY HIGH
18.浜辺の歌
<Encore>
19.もう一度・・・and then
20.STILL I'M IN LOVE WITH YOU
21.NO END SUMMER
<More Encore>
22.See You Again


| コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/2605

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292