今年の運勢と恩返し


20110101521.jpg あけましておめでとうございます。経験的に、奇数の年(すなわち今年)は何かしら大きなこと、大体においてよろしくないことが起こるので、ある程度は仕方ないとして、せめて1年を無事に過ごせればいいなと思います。皆様にとっても良い年でありますように。

 写真の商品券は、先月突如として送られてきたもの。もはやエントリーしたことすら忘れていたのだけど、平和な土曜日に郵便書留がきたので何だろうなと開けてみると、ソフトバンクから5万円分の商品券!飛び上がるほど驚き、そして歓喜!!

 たしか抽選で100名とかだったと思うけど、ソフトバンクの契約数(2400万強)のうち例えば1%が申し込んだとしたら24万、当選確率0.04%というところ。まあ、純粋な抽選が行われているわけではなくて、過去の当選者は弾かれたり、もしかしたら使用年数(もしくは使用額)に応じた係数みたいなものを加味しているのかもしれないけど。とにかく、5万円というと僕の携帯利用料金1年分以上になるわけで、1年分の利用料をキャッシュバックしてもらった気分。

 12月にこんなラッキーなことが起こってしまうと、今年あったはずの運を使いきってしまった気がして怖い。せめて、今年の終わりに、散々な1年だったと思うようなことにはならないよう、どこかの誰かにお願いしたいところです。

 ちなみにこの商品券はJCB発行のもので、大手百貨店を始めとして様々な場所で使えるので非常に勝手がいい。悩みに悩んだあげく、決めた使い道は、「母にプレゼント」。

 正直言うと、かなりの葛藤があった。テレビやPC、時計、欲しいものはいつにつきないので、5万円という臨時収入はとても大きい。ただし、よく考えてみれば緊急性を要するものは特にないし、何度か実際に店舗に足を運んだこともあるものの、今ひとつ決定打がなく先送りとなっている状態であり、それで今の生活に不自由なことがあるかと言われればない。考えてみれば贅沢な話でもある。5万円は惜しいが、将来のことを置いておけば、今はDINKS生活なのでささやかな余裕ぐらいならあるので、別に出そうと思えばすぐに出せる金額。

 そんな自由気ままな生活を送っていると、たまに思い出すのが母の存在。専業主婦なので、父の目を気にしてか、自分のためにお金を使っているところをほとんど見たことがない。5万円で何が買えるのかはわからないけれど、女性が何歳になっても好きだという服なりバッグなり、自分のために使ってもらえたら、それに勝る喜びはない。


| コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/2613

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292