忙しさに負けちゃいけない


 その昔、就職活動中に某企業の人が「合コンは仕事を抜け出して行く。2時間ぐらいウーロン茶で我慢して、それからまた戻って仕事する」なんてことを口にしていたことを覚えている。自分も働くようになって、それなりに抱える仕事ができて、改めて思うのが、何かを仕事の忙しさで片付けるのはあまり良くないということ。

 先日、前の職場での飲み会があって、何とか時間を捻出して1時間強遅れで参加してきた。普段だったら開始時刻に間に合わないともう無理かと断念してしまうのだけど、ここのところそういうのが何度か続いたため、あまり良くないなと思い、やるべき仕事を頑張って早く終わらせて(ちょっとだけ後回しにしたけど)、久々に団欒。仕事で行けないと言えば皆が「そうか大変なんだね」と同情してくれるし、仕事面だけで考えれば非常に楽。でもそれではダメだよね。考え方は人それぞれだけど、僕にとってはそれだけでは生きている意味がない。

 それにしてもこの前の職場、チームが解散して1年以上経つというのに、定期的にどこからともなく声がかかり、そして各方面に散った人が集まる(そして驚異的な参加率)。本当に居心地が良い、今では奇跡のようなチーム。入社してここに配属されたのは、これまでの人生において数ある幸運なことの中でも群を抜いていると思う。この中にいると、ついさっきまで同じ職場で仕事をしてきて、その後ちょっと飲みにきたかのような錯覚に陥る。色々な立場の人の色々な(オフレコの)話を聞けるのは、とても刺激的。

 今の職場ではそれなり楽しくやっているけど、懐かしさからか、あの頃は良かったなと思い出すことがあるのも事実。でも、もし前の職場に戻れる話がきたとしても、二つ返事で戻るかどうかはまた別の話。やっぱりこの年にして、全然違う立場から事業を見られることは本当にいい経験だと思う。一応今のところでやりたいことがあるし、それなりに考えているキャリアパスもある。何にしても選択しができるのは良いこと。

 いつの間にか大人になって
 次の場所に駆けてくだけで
 心休めて空を 綺麗と言えない
 時が僕に教えてくれたことは
 忙しさに負けちゃいけない
 だから今を迎えて あなたにありがとう
 未来飛行/徳永英明(YouTube


| コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/2614

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292