受験生の気分


 受験のシーズンですね。1日1日の結果次第で、その後の人生が大きく変わってしまうような(ややおおげさかもしれないけど)変な緊張感を持った時間の流れは、なぜか心地良さもあったことを覚えています。二度と経験したくはないけれど。

 そして今、その心地良さがない受験生気分を味わってます。早い話、良いことなんて1つもない日々。年度末と言えば多くのプロジェクトがクローズする時期でもあり、自分も例外ではない。来る日も来る日も、最後のその一瞬のために、先回りをしようとしては追いつかれ、予定外のハプニングに泣かされ、焦りと苛立ちと同居しながら、やり場のない思いを秘めながら、それでもほんの少しだけ終わったときに感じられる充実感に期待を寄せ、過ごす日々。

 でも結果はどうであれ、実はその過程もそれなりに大事なのかもしれないと、この終わり間際の時期になって感じます。終わりよければ全てよしという言葉もあるけれど、それは本当に全てが終わったときの場合であって、大体の場合において、本当に終わりなんてことはない。終わった瞬間から次の何かが始まるし、場合によっては終わるためのツケを払わされることもある。もちろん結果を残すことも大事だけど、過程を決して軽視してはならない。

 話は戻って受験。僕は合格したことも不合格だったこともあるけれど、振り返ってみれば、受験という1つの目的に向かって勉強したことは、その後の自分の人生において少なからず自信になったし、不思議と当時の勉強内容もなんとなくだけど覚えている。その後にした学校の試験勉強のことなんてほとんど覚えてないのに。だからきっと、今も同じで、1つ1つの過程が後に残るのだと思う。毎年受験生というのは、もう嫌だけど。


| コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/2615

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292