Kirk Whalum -The Gospel According to Jazz-


kwhalum2011.jpg

Kirk Whalum -The Gospel According to Jazz-
COTTON CLUB
2011.3.1 2nd stage

Kirk Whalum(sax)
Marcus Finnie(ds)
John Stoddart(key, vo)
Kevin Turner(g)
Braylon Lacy(b)

 コットンクラブで、大好きなサックス奏者カーク・ウェイラムのライブを観てきました。この人のプレイを生で聴くのは5年前にブルーノートで観たデイヴ・コズのライブ以来。今回は、正真正銘カーク・ウェイラム名義。

 仕事を19時に切り上げ、1年半ぶりのコットンクラブに到着したのは開場30分前の20時ちょっと過ぎ。ライブがある日の夕方は仕事が手につかなくてしょうがない。それでも整理券の番号は8番で、もしかして観客少ないのでは?と思っていたら、寂しいことにその通りだった。席が埋まったのは7割程度、一組も座らない指定席もあったほど(ステージを正面に座って見られる絶好のポジションなのだけど)。コットンクラブには4,5回来ているし、姉妹店のブルーノートにはその倍ぐらい、モーションブルーには過去2回行ったけれど、ここまで席が空いているのを目にするのは初めて。平日のセカンドショーだったからなのか、それともカーク・ウェイラムの人気がないのか。よくわからないけど、ちょっと寂しかった。

 しかしステージは別世界。最初はソプラノサックスで登場し、その後はテナーサックス一本。知名度という点では、同じサックス奏者のデビッド・サンボーンやトム・スコット、あるいはデイヴ・コズに劣るけれど、僕の中では唯一無二の存在。これだけサックスで歌う人は他にいない。しっとりとしたバラードが真骨頂かな。バックバンドは、カーク・ウェイラムのキャリアから考えれば全体的に若いなという印象。ドラムのカチッとした音は心地良かったし、ギターも良かったし、ジョン・ストッダートのボーカルは良かったけれど。ボブ・ジェームスがカーク・ウェイラムを発掘したように、彼もまた次の世代のミュージシャンを育てていくのだろう。

 そしてとびっきりのサプライズ。なんと観客席にいたジョージ・デュークご一行が(3/2ビルボードライブ公演で来日中)、飛び入り参加。グランドピアノが用意されていたことから、ある程度予定調和だったのだろうけど、それでもこの"Gospel According to Jazz"には必要不可欠な人だし、なんたってジョージ・デュークですよ。大興奮。学生の時にジョージ・デュークとジョー・サンプルのデュオをブルーノートに観に行ったことがあるけど、迷わずジョー・サンプル側に座ってごめんなさい。ということで、George Duke(p)、Michael Manson(b)、Ronald Bruner Jr.(ds)が加わり1曲特別に。これは鳥肌モノでした。今日からこの公演はブルーノートに移るけど、ビルボードがあるので彼らの参加は無理なはずで、もしかしたら明日3/3は参加があるかも。そう考えるとすごく貴重。

 カーク・ウェイラムは途中、宣教師よろしく"balm"(治癒のための塗り薬のような意らしい。有名なのはタイガーバーム)の話をし出し、心の底に深い傷を負った人を治癒するbalmはあるのだろうか?というようなことを涙ながらに語っていたけれど、僕にとって音楽がこのbalmなのだと思う。一人では、そして他人を頼っては、心が癒えることはない。だからきっと、自然と音楽を求め、そしてとびっきりの時間にとびっきりの笑顔を思い出し、そしてゆっくりと癒えていくのだろう。

 公演後にサイン会があったので、持ってなかった『Gospel According to Jazz - Chapter 3』を買ってサインをもらいました。かなり自由な雰囲気だったので「ずっとあなたのステージを観るのを楽しみにしてました。日本に来てくれてありがとう、また来日してください」というようなことを伝えました。緊張と興奮で大変でした。このサイン入りCDと、そしてこのステージを観られたことは、人生の宝物です。

gospeajazz3.jpg


| コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/2625

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292