Wouldn't it be nice


 この前仕事でメールを書いてたら、偶然"wouldn't it be"というフレーズが出てきて、もうそっからずっとビーチボーイズモード。嫌な仕事を一瞬忘れて楽しい気分になったのだけど、良く考えてみたらそう単純な話でもなかった。

 『Pet Sounds』収録のこの名曲は、歌詞が小っ恥ずかしいほどストレートだけど、それでもビーチボーイズが歌えば不思議と哀愁が感じられる。恋人との幸せな未来を想って"wouldn't it be nice"とするのではなく、よくよく考えてみると、例えば、それは決して叶わぬ境遇を歌ったものであったり、死期が近い老夫婦を連想させたりと、言葉通りに響くことはない。

 Maybe if we think and wish and hope and pray it might come true
 Baby then there wouldn't be a single thing we couldn't do
 We could be married
 And then we'd be happy

 突如転調して上記の歌詞が続くが、このthink, wish, hope, pray(想って、望んで、期待して、祈って)とandが3回も続き、しかもmaybeだしmight。そして一気にスローダウンするところが、なんとなく終わりを告げるようで物哀しい。それがwouldn't it beの意味するところで、?だったら素敵なのにね、でもそうはいかないと繋がってしまいそう。

 とか何とか色々考え、仕事どころではなくなり、手帳に殴り書きで"Wouldn't it be nice"とあったので、こうして文章にしてみた次第です。一人でああだこうだと考えてるときはかなり盛り上がってました。きっと変なテンションだったのだろうな。

 全然関係ないけど、『Pet Sounds』一体何バージョン出てるんだよ…っていうぐらい色々とあって、AmazonやHMVで検索してみると笑えます。


| コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/2642

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292