ITは時差を越えない


 今から15年前、国際電話というのは料金がべらぼうに高く音質が悪いというイメージしかなかった(使ったことはないけれど)。それが昨今のIT革命ともいうべき技術の発達で、携帯は1人1台、PCは1家庭に複数台、高速回線も設備され常時接続が当たり前と、もう一度ぐらいパラダイムチェンジがあるのかもしれないけれど、これまで僕らが描いていた「?だったら便利なのに」という考えを実現させる環境はひと通り整った。

 海外旅行に行くときはネットで宿や航空券の予約ができるし(昔はこれが全部電話だったのかと思うとぞっとする)、ロンドンに行ってしまった友人とSkypeやメッセンジャーで話すこともできる。それこそすぐ隣の街にいるのと同じように。

 ただしいくらITが発達しても超えられない壁がある。それが時差。

 この前アメリカの東海岸の人と電話をしなければいけなくて、ちょうど日本と昼夜逆転みたいな状態のため(なにしろ向こうの人は朝8時に出社し、16時過ぎには帰るらしい)、3日間連続で5時おき、6時半には出社、7時から電話会議と、自分の職種は一体なんなんだという感じで過ごし、色々技術が発達したけど時差は越えられないよなと思った次第です。日本人働き過ぎ。

 その3日間は朝6時には電車に乗っていたけど、JRは既に乗車率100%越えてて、本当にご苦労様としかいいようがない。新幹線通勤とかしてる人もいるぐらいだしね。土曜日はさすがにガラガラだろうと思ったら、これはこれで、サッカーの少年団や、ゴルフバッグを持った人だらけで、これまたご苦労様な感じでした。

 ちなみに叶わぬ夢だけど、6時半出社して、18時ぐらいに帰れるのが理想。そしたら家族で晩ご飯食べられるし、仕事終わった後も、もう1つぐらい何かできるじゃないですか。ただし朝早く行こうが帰る時間は変わらないということがその3日間で改めてはっきりしたので、今のところそんな生活はできそうにないけれど。


| コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/2666

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292