角松敏生 30th Anniversary Completer Live Tour


2012_30thComplete.jpgTOSHIKI KADOMATSU
30th Anniversary Complete Live Tour

2012.5.31 NHKホール
2012.7.8 神奈川県民ホール

角松敏生(vo&g&per)
石川雅春(ds)
鈴木秀俊(g)
中村キタロー(b)
森俊之(key)
本田雅人(sax)
小島恵理(cho)
vahoE(cho)

 一体いつまでデビュー30周年を引っ張るんだ、30周年目だからというエクスキューズもあるが、追加公演の神奈川県民なんて完全に31年目じゃないか・・・という思いは置いておき、それでも角松の音楽に触れられた2日のことを。でも普通にPerformance 2012と題してライブやってくれればいいのにとは思います。

 NHKホールに行ったのは、N響を除けばおそらく2001年のGROOVE DYNASTY以来。とにかく音がよろしくないというイメージしかなくて、これまで敬遠してきた。技術の進歩により少しはマシになったのかなという期待もあったのと、関東公演がここしかなかったため今回意を決して。昔はコンサート開演時ドライアイスだか何だか知らないけど、スモークをもくもく炊いてたのに、最近めっきり見かけなくなりましたよね。それと同じでステージ技術も上がり、また色々とディジタル化されているので、もしかしたら良くなっているかもと淡い期待を抱きながら。結論から言うと、全然ダメでした。。

 席はPA席に割と近くて、おそらく音響的にはそれなりの場所のはず。でもコーラスとドラムが全然聞こえないし、楽器それぞれの鮮明さも欠いており、アンコールの<No End Summer>なんかはバランスがひどすぎて悲しくなった。もうよほどのことがない限りNHKには行きません。

 一方神奈川県民はさすがの安定感というか、断然良かった。4月に観た山下達郎ほどではなかったけれど、ホールの持つ音を味わうことができました。地元でずっと通ってきたという思い入れも含まれているのだろうけど、ホールはここが一番好きです。次点で中野サンプラザ。県民ホールはNHKホールをモデルにして作られたらしいけど、どこでここまで差がついたのだろうというほど違いは歴然です。

 さてライブの内容について。内容は30周年コンプリートと言いながら、今年リリースした過去の楽曲をリメイクした『REBIRTH1 ?re-make best?』が中心、というか全曲やってます。他のアーティストだとあまりないけど、角松のライブはアルバムお披露目会みたいな雰囲気があったりするため、大体全曲余すことなくやってくれます。レコーディング参加ミュージシャンをそのままステージに持って来られる角松ならではというのもあるけれど、一方で、今回どうしてもCDと同じ演奏のクォリティを出すためにややSEが過剰という印象も。あまり言いたくないのだけど、ピコピコうるさかったのが残念だった。

 前に達郎さんが、ある曲は生演奏ではあのグルーヴを出すのは絶対無理だからライブでは演奏できないと言ってたけれど、それならガンガンSE流せばいいという意見と、あくまでもライブなんだから生演奏あってこそ、という違いなのでしょう。昔は角松も後者よりだったはずなのに、特に今回はライブのクォリティをあげるためには多少のピコピコも辞さないという感じで、やけに気になってしまった。そのせいかどうかわからないが、演奏が全体的にやや小じんまりしてたように思う。石川雅春はリズムマシーンに徹し、ギターは置きにくる感じ、中村キタローはファンキーだが時にバランスを欠き、コーラスは添えるだけ、森俊之が楽曲を作って、なんとか見せ所は本田雅人、という感じ。これはNHK・県民ホール共に変わらなかった。『NO TURNS』ツアーなんかと比べると、全然角松らしくないライブだった。内容も昨年末とあまり大差なかったし、正直なところ昨年末の松戸の方がずっと良かった。

 僕がポップスで最も偉大だなと思うスティーリー・ダンは、レコーディングではコンピュータ並の正確性を演奏者に求めている印象はあるものの、それでもBillboardで聴いたライブはどこまでいっても人間の演奏する音楽だった。両サイドに梶原順と今剛を揃えるなんていう超豪華布陣はもうできないのかもしれないけど(今考えれば本当に豪華すぎた)、若手ドラマーの玉田豊夢だって非常にいい感じだし、あくまでも人間のやる音楽を求めていってもらいたいなと思う。どうですか、青木さん、浅野さん。


(セットリスト)
1. Do You Wanna Dance
2. If You...
3. Tokyo Tower
4. Lucky Lady Feel So Good
5. This Is My Truth
6. Anklet
7. Summer Emotions
8. A Widow On The Shore
9. Wave
10. June Bride
11. I'd Like To Be Your Fantasy
12. Take It Away
13. Mid Summer Drivin'
14. Rush Hour
15. After 5 Crash
16. Girl In The Box
<Encore>
17. WAになっておどろう
18. Take You To The Sky High
19. No End Summer
<More Encore>
20. あるがままに


| コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/2754

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292