ジャンク フジヤマ with ファンタジスタ TOUR 2013


JunkAX.jpgジャンク フジヤマ with ファンタジスタ TOUR 2013
SHIBUYA-AX
2013.5.12

ジャンク フジヤマ(vo, g)
村上“ポンタ”秀一(ds)
松原正樹(g)
坂本竜太(b)
柴田敏孝(key)
本間将人(sax, key)
斉藤ノヴ(per)
KAZCO(cho)
ハルナ(cho)
FIRE HORNS(tp, tb, sax)

 今ノリにノッてるジャンク フジヤマ。前から存在は知っていたのだけど、バックミュージシャンの豪華さにつられて初ライブに行ってきました。山下達郎の声に角松敏生のメロディとはよく言ったもので、まずは否が応でもこの特徴的なボーカルに気が囚われてしまう。正直に言うと、そのことに対して僕はややネガティブな印象を持っていた。それが達郎さんのコピーに近いようなものであれば、その完成度はどうであれ、本物に勝るものはないだろうと。でも食わず嫌いも良くないかと思い、とにかくバックの音楽が楽しみで思い切って飛び込んでみました。そして、このライブに行った後に残った気持ちの中には、もはや山下達郎も角松敏生もなくて、ただ純粋にジャンクすげーじゃんというリスペクトと彼の音楽に出会えた喜びだけでした。

 開始10分前ややギリギリに到着したSHIBUYA-AXはまさかの開場前で、あと10分では絶対始まらないなと思いを抱きつつしぶしぶ列に並ぶ。と、周りに並んでた人たちが予想以上に素敵な音楽ファン達で、たしかに次の山下達郎を求めていたような人もいた一方で、聞こえてくるのは「このメンバー集めちゃうなんてジャンクすごいよ!」とか「天野清継もいいけど松原正樹がすげー楽しみ」などとぜひともお友達になりたしような方が多かった。だいたい僕の行くライブって年齢層が偏るのだけど(高齢側に)、本当に文字通り老若男女、バラエティーに富んだ客層でした。

 1曲めからオールスタンディングと盛り上がりを見せ、その後アコースティックスタイルのバラードあり、ジェームス・ブラウンありと、久々に純粋な音楽に出会えた喜びが大きかった。観客はエネルギッシュだし、ステージはそれ以上に元気で雰囲気がとても良かった。最高の音楽には最高のミュージシャンが必要、バックも超安定していて若さのようなものを微塵も感じさせない2時間半。こうして名ミュージシャン達が若手をサポートしてくれるっていうのはすごく嬉しい。

 それにしてもジャンクフジヤマは若くて、30そこそこかと思ったら、ちょうど30で自分より年下ではないか!自分より若いミュージシャンをステージで観るなんてこれまでめったになかったけど(自分が年をとっただけかもしれないけど)、さすがポンタさんに見出されただけあって、もはや大ベテランのような立ち振舞をしていた。この事実はとにかく嬉しい。だってここからまた時代が一つ始まるのだから。

 彼の素晴らしいステージを見つめながら、きっとシュガーベイブが世にでたときには、そして山下達郎がソロで出たときには、音楽がずっとずっと元気で、ずっとずっと本物だったころは、こんな光景が世の中にありふれていたのかなと思った。そして僕らの世代にはもはや聴くべき音楽は残ってないと思ってたけれど、まだまだ捨てたもんじゃない。この音楽が20年後、30年後残ってなきゃウソだろう。

(セットリスト)
01. Morning Kiss
02. 誘惑
03. シェダル
04. EGAO
05. この街
06. Lonely Days
07. 優しい名前
08. Wondering Again
09. Summer Breeze
10. To The Sky
11. 産業道路
12. パズル
13. 栞
14. Pass The Peas(feat. Fire Horns)
15. 束縛
16. 122(duet with KAZCO)
17. 秘密
18. あの空の向こうがわへ
<Encore>
19. 魅惑の唇
20. トロピカル

junkf_AXtik.jpg


| コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/2771

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292