花水木/槙原敬之


収録アルバム:PHARMACY/槙原敬之(1994)

 ハナミズキと言うと、否が応でも一青窈の曲が出てくるけれど、その10年前にこの名曲が世に産み落とされていたのでした。佳曲ぞろいのこのアルバムの中でもひときわ味わい深い曲。

 これほどまでに別れた相手に対する男心を的確に、そして鮮やかに歌った曲を、少なくとも僕は知らない。スマートに気取っていても、ふとしたことで思い出に耽ってしまい、せいいっぱい強がって。そんな自分がなんかいい(格好良いではないにしろ)と感じてしまうのです、男というものは。

 冒頭の歌詞を最後でも繰り返すという、<ANSWER>と同じマッキーの必殺手法。とんでもなく良いです。

 このアルバムは僕が中学1年の時に買ったアルバムで、本当に大事に大事に聴いたアルバム。おちゃらけた1曲を除けば全曲歌えます。ずっとずっと愛していきたい音楽。


| コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blue-jam.com/mt/mt-tb.cgi/2816

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292