2004年3月 archive


 シンガポール戦で辛勝。もう見てられない。格下相手になんだこのザマは!…と憤慨してみたものの、ジーコはジーコで大変なんだろうなあ。ここは一つ、とっとと辞めて楽になって頂きたい。元々日本代表はそんなに強いもんじゃないと知ってるけど、あきらかにW杯時よりも後退してる。何より見てて全く面白くない。気候のせいにするんじゃない。海外組のコンディションのせいにするんじゃない。毎回毎回課題を残すんじゃない。たまには進歩した成果を見せろ。もう一度言うけど、明らかに後退してる。しかも大幅に。
 オリンピック代表の方が荒削りだけど見てて面白いよ。ちょっと1回オーストラリアとでもやって、現実を見て頂きたい。

僕がジーコだったらやってること
・4バックを3バックに戻す
・1次予選には海外組を呼ばない
・レッズ組を使わない(坪井・サントス・山田)
・もちろん鹿島びいきもしない
・自分には無理だと認め辞任する

 これだけやれば、W杯予選突破間違いなし。


 メジャーリーグが日本でやってようが、その中に松井がいようが、それはまあどうでもいいんだけど、1つだけ非常に疑問に思ってることがある。それはチーム名の呼び方。"New York Yankees"僕は気づいたらヤンキー“ズ”と呼んでたんだけど、日本ではヤンキー“ス”と呼ばれている。どっちが正しいんだ?ニューヨーク・ヤンキーズ、ニューヨーク・ヤンキース。
 「ズ」か「ス」か、今ひとつ確信をもてないんだけど、僕は「ズ」じゃないかと思ってる。きちんとした根拠はないんだけど、辞書(COLLEGE LIGHTHOUSE)を引いてみると、Yankeeの欄に、“(?s/?z/)”とある。とすれば、やはり「ズ」じゃないだろうか。意味としてもYankeesが固有として存在しているのではなく、Yankeeの集まりだからYankeesで良いはずである。
 たしかに、日本で呼んでる名前がそのまま実際に呼ばれている名前でないケースというのもいくつか存在する。聞いた話だから確証はもてないけど、レアル・マドリードは現地発音に近い表記にするとレアル・マドリーで、略すときもレアルではなくマドリーという。レアルと略すのは、レアル・ソシエダの方を指すらしい。Fulhamも、フルハムとフラムで分かれてる。ただ前者は英語読みかスペイン語読みの違いだし、後者は微妙なところだ。でも、「ス」と「ズ」の違いは結構決定的じゃないだろうか。
 一体なぜ「ス」と呼ばれるようになったのか。どちらが正しいのか。もうくせになっちゃってるから、「ス」だよと言われても直らないだろうけど、気になって仕方ないのである。


 森ビルの事故で次々と明らかになった、“危険な”回転ドア。

 三菱地所(東京都千代田区)の高木茂社長は30日、同社が所有する「丸ビル」(同)と「横浜ランドマークタワー」(横浜市西区)などに設けている自動回転ドア19台について、27日から停止したことを明らかにした。


 ついに携帯も戦国時代の幕開け。

契約するキャリアを代えても、携帯電話の番号が変わらずにすむシステム「ナンバーポータビリティ」が、早ければ2006年第2四半期頃に実現する。


04-03-30_21-58.jpg

初めて行ったけど、めちゃくちゃかっこいい。

君を貫いてもいつもと同じなら早く教えてくれ
何が愛なのか僕のタワー


04-03-30_11-55.jpg

浅草寺にて

ポッポッポ鳩ポッポ
豆が欲しけりゃ自分で買え
世間はそんなに甘くない


 モダシンさん企画。“はっぴいえんど”とか色々考えたんだけど、あれはほぼ伝説なのでずるい気がする。ということで、僕は細野晴臣じゃないかと思う。彼をロック・ミュージシャンと呼ぶのは適切なのかどうかはわからないけど。エイプリル・フール、はっぴいえんど、キャラメル・ママ、ティンパン・アレイ、そしてYMO。たしかな流れをきちんと作ってきた。とは言え、僕が生まれたときは既にYMOが活動していた頃だから、実際のところはよくわからないんだけどね。
 YMOと言えば、大村憲司だな。彼もまた日本のロックシーンを作ってきた人物の一人じゃないかと思う。もう亡くなってから5年以上経つけど、まだ彼の音色は色あせない。色あせてはいけない。

Leaving Homeを聴きながら


毎年何もなく終わるから、てっきり今年もやらないかと思ってた。

相模鉄道、一時ストで4万3000人に影響

 相模鉄道労働組合(横浜市、神崎潔委員長)は28日、相模鉄道全線と高速バスを除く路線バスについて、始発からストライキに入ったが、利用者への影響を避けるため午前7時10分にストを解除した。

相鉄もまだまだ捨てたもんじゃないな。


04-03-29_03-44.jpg

246にて。
車線誘導のようだけど、わざわざ人間を登場させることないのに。
矢印で十分である(視覚的にも)。


04-03-28_15-47.jpg

近所のお寺にて


04-03-27_18-54.jpg

いたずらに人に期待を抱かせるような真似はやめて頂きたい。


 なぜ卒業式のあと、学位記授与式に出席せず早々と大学をあとにしたのかというと、友人に殺人の追憶 MEMORIES OF MURDERの試写会に誘われてたからであって、決して授与式なんかやってられねぇと思ったからではないです。正直言って映画には全く興味がなかったんだけど、就活で忙しく最近全然会えなかった友人と久々に会うため新宿西口にある安田生命記念ホールへ。


04-03-26_15-47.jpg

昨日もらわなかったため、事務所まで受けとりに。職員の人に「ご卒業おめでとうございます」と言われて、思わず「ありがとうございます」と一礼。
学位記なんて形式的なものでたいしたものでもないだろうと思ってたけど、手に取った瞬間ずっしりと重く感じた。
卒業するんだな…


・学位記授与
 理工学部代表の学生が、3年のとき僕の隣で授業受けてたやつでびっくりした。全代表授与者の中で、一番堂々としてたのはさすが。ちなみに高校時代選択のバドミントンで唯一敗北を喫したのも彼である。

・校歌斉唱
 高校の時から数えればもう7年目、さすがに早稲田に対する愛着みたいなのはある。都の西北はもう何度歌っただろうな。コブシを振ってバカみたいだけど、それでもいいよなあと思う。歌詞では、「 集まり散じて人は変れど 仰ぐは同じき理想の光」という部分がいい。ここだけの話、2番あたりから自然と感極まって、声がつまってしまった。

・学位記授与式
 卒業式では一人一人もらえないため、理工学部に集まって学科別に授与式がある。てっきり学生証と引き替えの流れ作業だとばかり思ってたら、きちんと学科主任の祝辞やら、校歌斉唱やら、挙げ句の果てには乾杯まである(各机に缶ビールが用意されてた)。友達に試写会に誘われてて、これに出ると到底間に合わないため、ビールだけもらって退出。あとで学生証と引き替えに、事務所でもらえるのである。学位記をもらわないで帰る卒業生がどこにいるんだよ、と我ながら思うけど。


04-03-25_15-22.jpg

平穏無事に迎えることができました。


就職難で?学生の自殺増加、大学側が予防に本腰

 厳しい就職事情を苦にしたと見られる大学生の自殺が増えていることが、全国大学生活協同組合連合会(東京)などの調査で明らかになった。事態を重く見た各大学では新年度から、自殺予防に力を入れる。

僕の通っている理工学部でも、大体毎年1回は、飛び降り自殺があります。何も皆の前で死ななくても、と思うんだけど。
まだまだこれからだというのに、寂しいね。


・個人的にお世話になったM2の先輩へのプレゼント:2800円
・研究室送別会1次会会費:5000円
・研究室送別会2次会会費:2000円
・交通費:1160円
・コンビニで買った夜食:400円

これだけあったら、美味しいものいっぱい食べられただろうな…。


 あなたは2002年のクリスマス、どこで誰と何をしてましたか?僕は、泡盛を海に沈めてました。水深30メーター強のところに沈めたから、大体4気圧。この状態で寝かせておくと、普通に寝かせておくよりも美味しくなるらしい。見つからないように根にぶら下げておきました。

04-03-15_11-14~00.jpg

 で、この酒をこの前1年3ヶ月ぶりに取りに行きました。まあ僕は船の上でお留守番だったんだけど。去年は風速70mという超大型台風がきたので、地形が変わってたりして果たして見つかるのかどうかわからなかったけど、無事引き上げに成功。ソフトコーラル、ハードコーラル色々ついてて、凄かった。

04-03-15_11-4800.jpg


04-03-22_21-23.jpg

4年振りの母校。校舎も、担任の先生も、級友達も、全然変わってなかった。全てが見慣れた風景。まるで、昨日も授業を受けていたかのような。
こういうのって結構大事だと思う。

Our love doesn't end here. It lives forever on the wings of time.


 うちにはCSアンテナがないので、F-1はフジのクソみたいな中継を頼るしかありません。去年は本当に憤慨してたんだけど、最近じゃ山田優もなかなか頑張っているなと思えるようになって来ました。人間、慣れますね。どちらがいいのかは分からないけど。
 で、僕はリアルタイムで知りたいのでFormula One Official Siteの、タイミングモニターを見てレース展開を観察してます。全マシンの各区間タイムが出るので、結構面白い。アメリカ大陸で行われるときは生放送をやるから、テレビの画面と合わせて見ると最高です。


 moblogをあと2週間早く設定できていれば宮古からエントリーできたのに!と悔やまれるところだけど、悔やんでいても仕方ないので少しだけ宮古の風景を紹介。普段は写真なんか撮らないんだけど、今回ブログを意識していたのか、31万画素の携帯カメラと4年前購入の200万画素のデジカメで撮影。SMENA SYMBOLが行くまでに手元に届かなかったのが、これまた悔やまれるところなんだよな…。こんなのばっかりである。


 これまで7回宮古に行ってて、さらに本島も含めるとおそらく合計3ヶ月近く沖縄に行ってることになるんだけど、沖縄料理は全然好きになれない。ソーキそばはそれほど好きではないし、ゴーヤは食べられないし、ポーク玉子おにぎりなんかに至ってはその味覚センスを疑いたくなるほどである。オリオンビールは好きだけど、これは料理じゃないし。
 そして今回初めて「これは美味しい!」と思ったのが、この豆腐ちゃんぷるー。知り合いの人のお母さんにごちそうになった。作り方は簡単。

1. 木綿豆腐の水を切る(レンジを使うとか色々方法があるらしい)
2. 豆腐をちぎって油を引いた鍋にいれ炒める
3. キャベツ(多め)、豚肉、ニンジン、もやし、ニラを加える
4. 塩こしょう、醤油、味の素で味付けして完成

と、これだけ。好き嫌い王を自負する僕が美味しいというのだから、間違いない。ヘルシーだし、一人暮らしの人にも手軽なのでいいんじゃないかな。これをご飯に乗せて卵でとじると“ちゃんぽん(not 長崎)”になる気がするけど、1回しか食べたことがないのでわかりません。


 気温36℃、路面温度51℃、灼熱のマレーシア・セパン。今日の東京と30℃ぐらい差があるんじゃないかと思うけど、とにかく暑い。やっぱり今年も暑さにはミシュラン勢有利なのか?ウィリアムズかルノーが来るのか?と思って見てたら、やってくれちゃいました…。


 moblogと言えばHirataさんが提供してくれているmoblog mail gatewayが有名ですが、どうもこの設定がうまくいかずイライラしてました。他のblogだとうまくいってるし、同じMovable Typeでも他のユーザはうまくいってる。考え得ることは全て試したんだけど、なんかもう呪われるとしか考えられないような状態でした。が、この度Mfop2のおかげでめでたくモブログ成功!
 よくわからないんだけど、Mfop2は従来のようにxmlrpcを使うのではなく、ログイン・エントリー代行みたいな感じ(全然わかりません)。設定は英語だけど凄く簡単で、気をつけるべきところは日本語文字のエンコード設定ぐらいかな。僕はEUC-JPでうまくいきました。
 欠点は、本文の最初にサービスログインのためのパスワードとタイトルを"@"で囲んでいれなきゃ行けないことぐらいかな。テンプレートとして保存しておけば問題ないと想います。あとメールアドレスが認証IDとして使われるので、登録アドレス以外からはエントリーできません。
 moblogの設定がうまくいかなかった方、試してみる価値あると思います。


2週間に1回F-1があるというのは素晴らしいです。

マレーシアGP開幕! 初日トップタイムはK.ライッコネン(ISM)

 2004年F1世界選手権シリーズ第2戦マレーシアGPは、マレーシア・クアラルンプールのセパン・インターナショナル・サーキット(1周5.543Km)で現地時間(以下現地時間)19日開幕した。この日は午前・午後の2回のフリー走行(各1時間)が行なわれ、マクラーレン・メルセデスのキミ・ライッコネンが1'34.395のコースレコードでトップタイムを記録した。


symbol.jpg

SMENAでも8Mではなく、あえてSYMBOL。
僕はそういうタイプの人間です。


・歩いている人がいない
本当にいない。市街地はまだ観光客がいるけど、少し外れれば歩いてるのは登下校中の学生ぐらいである。歩いてると、タクシーの運ちゃんに「乗ってけ!」と声をかけられる。農家の人に、「おう、頑張れ!」と笑われながら励まされる。


 タイトル通り、僕が宮古へ行くときの手順・注意事項。宮古島なんてオリックスのキャンプぐらいでしか知られてないけど、1回行くと病みつきになります。僕はこの3年半で7回i行きました。“ミヤコ”と聞くと、頭によぎるのは“都”ではなく宮古島!全国行脚したわけじゃないから実際のところはわからないけど、リピーター率は日本の中でもかなり高いと思う。芸能人だと島田紳助がそうで、キスイヤという番組でたまに沖縄特集がやってるけど、あれは彼が宮古島に行きたいからだという噂が…。


● お客さま対応窓口の電話番号がひとつの番号に。

これまで、事業所単位でお客さまにお知らせしてきた電話番号を、ひとつの電話番号*に統一することができます。

0570から始まる電話番号のサービスです。
なぜこんなのを取り上げたかというと…

[]

 旅行で一番大変なのは、準備ではないだろうか。何をもっていけばいいのか。あれもこれもと欲張ると大変なことになるし、かといって必要最低限ですませようとすると必ずボロが出る。先日衣類は宅配便で送ったため、あとは何をもっていくのか。


 明日から宮古島に1週間行ってきます。7度目です。今まではずっとダイビング目的だったんだけど、今回はダイビングはしません。今回はというか一生というか。むしろ、できないと言った方が正確なのかな。いやいや、できなくもないんだけど、リスクを伴うからやらないと言った方が…。キリがないのですが、まあ、でもチャンスあったらやりたいよなあ…と、自分でもわけのわからない状態です。
 今まではダイビング器材があったため、荷物を宅配便で送ってました。25キロ以上近い荷物をガラガラ引っぱっていく大変さや、空港での手続きのわずらわしさを考えれば、3000円弱なんて安いものです。まあ、この辺は意見がわかれるだろうけど。今回は器材はないんだけど、やはりウェットスーツ等はもっていくため(海を諦めきれてない)、やはり荷物がとんでもないことになり、宅配便に出しました。
 日曜夕方、いつもの通り近くのコンビニで頼むと、なんと荷物到着するのが木曜。なんで5日もかかるんだ。まあ受付は月曜として、なんで4日もかかるんだ。前まで3日で届いてたのに!
 と思って調べてみたら載ってました。

日本国内における航空機搭載の荷物は、荷物の安全確認後の搭載となりますので、全区間1日以上の遅延が発生する見込みです。詳細については最寄りの営業所にご確認ください。

 ということで、沖縄までの宅配は一日遅れるみたいです。月曜受付で本来なら火曜到着、でも遅れるので水曜。宮古のような離島だと、さらにそこからあと一日というところでしょうか。遅延が発生する地区は結構あるので、利用される方は確認しておいた方がいいかもしれません。ただ、これはクロネコヤマトの話ですので、その他の業者については各自でお調べ下さい。


 生放送じゃない試合は、見てて面白いのだろうか。特にインターネットが普及しリアルタイムで情報を手に入れられる今、勝負がついてる試合を、ワクワクしながら見るなんてことはできるのだろうか。少なくとも、今日のF1については、僕は冷ややかに見てた。もう結果は出てるんだから、何を騒ぐ。
 でも開幕戦、日曜午後に放送するなんて多分これが今年最初で最後だろうから、最後まで見た。


 フジテレビはやる気がないのでTV放送は半日ほどずれるけど、実際にはもう全て終わってるし、チームは明日の決勝に向け最後の取り組みを行っているのである。スカイパーフェクTVがあるからって、せめて開幕戦ぐらい昼の時間帯にやってくれてもいいと思うんだけどな。めちゃイケの再放送に負けるF-1って一体…(ちなみに明日はスーパー競馬に負ける)


 朝刊にブリヂストンの広告が載ると、F1が開幕する。この広告のコピーが凄くかっこよくて、去年はタイヤがずらっと並んでる写真と共に“暴れておいで。”の一言。今年もやっぱりかっこよくて、“興奮を、重圧を、尊厳を、欲望を、すべてを、乗せて。”冷静に考えれば環境破壊してるだけの、何も生み出さないスポーツのような気もするけど、そんなことに命をかけて戦う男達の姿がある、なんてね。とにかくF-1はかっこよくなくてはいけない。かっこよさがF-1のステータスであり、アイデンティティであり、存在価値・意義・理由である。


 TBSが深夜にIWGPばっかり再放送してるから、こんな事件が起こるのである。次は木更津キャッツアイと名乗る、盗賊集団兼草野球チームが出現するに違いない。

 チビッコギャング摘発-。東京都内の路上で集団強盗や侵入盗などを繰り返していたとして、警視庁少年事件課は3日までに、強盗などの疑いで、埼玉県和光市に住む公立中学3年の少年(15)ら10人を逮捕し、3人を書類送検した。

 今週末に2004年のF1選手権が始まります。一部のモータースポーツファンにとってはたまらないものだけど、一般人にとっては“F-1?ああ、深夜にグルグル回ってるレースね”と、それぐらいの認識しかありません。ヨーロッパではサッカーのワールドカップ・オリンピックに並ぶ一大イベントだというのに、日本では地上波放送で生中継すらしない始末(ただし、実際のレースが日本時間でも深夜になる南北アメリカに関しては生放送)。まあ視聴率がとれないんだから、無料で見られるだけでもありがたいと思わないといけないのかもしれませんが。


 暇をもてあましてたので、時代の波に取り残されるのは嫌だと思いWeblogを始めてみました。何でこんなに広まってるのか僕にはさっぱりわからないのですが、一つよろしくお願いします。

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292