2004年4月 archive


 街に黒髪の女性が目立ってきた。オフィス街でも茶髪が見なれた風景となり、一時は1億総茶髪時代と言われたが、最近は美の基準が西洋美人からアジア美人にシフト。黒くつややかなストレートのロングでオリエンタルな“イイ女”を気取るオトナの女や、わざわざ真っ黒に染め直し、個性を主張する女子高生が増えている。やっぱり、緑の黒髪っていいよね!!

いいよね!黒髪には、なんとも言えない艶やかさがある。


一体お前は何本打つんだ…。しかも打順は7番。

巨人阿部、月間16発日本タイ!

巨人の阿部慎之助捕手(25)が2本塁打を放って4月の本塁打を16本とし、1981年7月の門田博光(南海)と94年8月の江藤智(広島)が持っていた月間最多本塁打のプロ野球記録に並んだ。

一方で、お前は一体いくつ当たるつもりだ…。15試合で11個。ここまで50打数10安打で打率2割、それでいてなんと出塁率.355。

キンケードまた死球、今季早くも11個目

「死球王」の阪神キンケードが3回に今季11個目の死球で出塁した。だが、横浜ベンチは内角球に右脚を当てに行くような微妙な動作に対し「故意の死球」だとして猛抗議。21日の中日戦では同様のケースで打ち直しになったが、今回は球審が「死球」と認定した。


 僕はずっと日本のFWは久保しかいないと思ってた。多分4年ぐらい前から。ようやくその願いが最近かなってきて嬉しいばかりである。この調子でいけば、ドイツW杯メンバー入りも夢じゃない。もちろん、予選突破できれば、の話だけど。
 ところで、いきなりだけど久保の伝説。全部最後に「…」がつくような内容ばかりである。

・初デートでは一言も喋らなかった
・気のあった人としか喋らないので、奥さんとは喋らない
・VTRが回ってるのに、3分間一言も喋らなかったことがある
・インタビューでは「…はい」、「…良かったです」、「…がんばります」ぐらいしか言わない
・2軍在籍時、知ってる人がいなからと1軍に昇格するチャンスを断った
・日本代表に呼ばれたときも、同じ理由で何かと理由をつけて辞退しようとしてた
・初めて代表に招集されたとき、どうやって行けばいいかわからなかった
・ビスマルクのタックルを受け骨折したが、仕返しするためにそのままプレー、
 ゲームそっちのけでビスマルクを追い回した(そしてお返しに吹っ飛ばした後、ひっこんだ)
・尊敬する選手はカール・ハインツ・シュナイダー(キャプテン翼)
・師匠は年下の坂田(横浜FマリノスFW)
・久保をマークすると焼酎の匂いが漂ってくる
・ノストラダムスを信じてて、1999年に世界が終わると思ってた
・醤油がないので、海外には行きたくない

今後も伝説を作り続けて欲しい。ピッチの中でも、そして外でも。


 講師陣のラインアップが豪華なIT未来学2回目、マイクロソフト副社長の古川さんがきてくれた。年齢のわりにはふけた(といっては失礼だけど)感じで、それだけ苦労を重ねてきたということだろうか。僕らみたいな若造に、マイクロソフトとして描いている今後のビジョン、社会的役割などを熱く語ってくれた。お偉いさんの話は面白くない神話は、早くも崩れつつある。
 「外野で野次を飛ばすだけでなく、フィールドに下りてきて勝負してきて欲しい。」そんなメッセージをくれた。受講していたのはわずか100人足らずの学生だけだったけど、この中から1人ぐらいは、きっと挑んでいく人間がいるのかもしれない。僕自身がどうなのかはわからないけど。ただ、未来像の1つである“シームレス・コンピューティング”において、通信はかなり重要な役割を担っているので、僕がワイヤレス通信を専攻したのも、あながち間違いではなかったと言えるかもしれない。


 ここ数日、風邪がひどくて死んでおりました。何が原因なのか知らないけど、とにもかくにものどが痛い。頭が痛い、体がだるい。歳のせいか、1日寝たらすっかり回復!みたいなことはあり得ない。なんとなく良くなってきて、そのまま気づいたら治っているというのがほとんどである。しかもどれだけ辛くても、バイトの訳を休むわけにもいかないし、大学の授業もいかなきゃいけない。これは本当に辛い。ようやく治りかけてきたんだけど、今度は母親が風邪を訴えている。うつったかな?
 ちなみに僕が風邪をひいたときの療法。薬はパブロン(粉タイプ)、あとは一日中イソジンでうがい、のど飴、寝る前には喉と胸と背中と、少しだけ鼻の下にヴェポラップ。食欲なくてもとりあえず食べる。結構当たり前のことではあるけど。昔は一日ずーっとふとんにくるまって寝て、汗びっしょりかけばすっきり!だったんだけどね。今はそんな若さもないし、一日中寝てられる余裕もない。残念ながら。


 27日午後4時ごろ、島根県斐川町神氷の「斐川新川簡易郵便局」に男が押し入り、持っていたペットボトルの灯油をまいて、ライターをちらつかせ「火をつけるぞ。金を出せ」とカウンター内の女性局員を脅した。

こういうの、ほのぼのとしてていいなあ(と言っては、もちろんいけないんだろうけど。強盗は強盗だし、500円だって被害は被害だ。)。決死の覚悟で犯行に及んだ犯人達、してやったりの郵便局員…。


2?3年後の近未来の技術が端末デザインに与えるインパクトを考慮した、「サービスに合った新しい形態」とはどんなものなのか。ボーダフォンが明かしたコンセプトモデルを概観する。

僕が高校生の時に期待してた3Gの携帯は、こんな感じだった。是非とも実現させて頂きたい。


 大学院の講義で、トレンドマイクロCEOのスティーブ・チャンが講演に来てくれた。もちろん実際に会うのは初めてだったけど、全然普通の人で、下手したら理工キャンパスにいる留学生と間違えてしまうぐらいの雰囲気。
 お偉いさんの話は面白くない、みたいな不安があったけど、見事その期待を裏切ってくれて大満足。全編英語で、ネイティブではないので少し聞き取りにくい部分もあったけど、まあ理解できた。なるほどな、と思わずうなずいた場面も何回かあったし、笑い話交じりで凄く面白かった。講演中に出す問題に答えた人や、質問者にはウィルス・バスターをプレゼントと太っ腹。1人で2つもらってた人もいた。あとどういうつながりか知らないけど、マジックも披露してくれた。
 色々と今後のキーになるようなことを言ってくれたけど、結局は根本的なことを言葉にしただけのような感じではる。多分大切なのは、その根本的なことをきちんと認識できるか、また、それを実践できるかどうかなのだろう。
 キーワードは“good enough”と“trustworthy”だそうだ。

 来週は米マイクロソフトの古川副社長だけど、スティーブ・チャン氏みたいにウィンドウズXPを配ったりしてくれるのだろうか…。


ボーダフォンは、土日祝日にボーダフォン端末同士で通話する場合、5分間話すとそれ以降30分の通話料が無料になる「ボーダフォンハッピータイム2」を開始する。7月3日から適用される。

 そりゃプラン関係なく、しかもプリペイドユーザまで1分5円じゃ採算合わないだろうとは思ってたけど、やっぱりダメだったか。携帯で30分も電話なんかしないなあ…。

 ボーダフォンになってから色々と言われてるみたいだけど、1ヶ月の利用料金が4000円にも満たないような自分には全く関係ないのである。プランも今じゃ加入不可の旧プランだし、あと4ヶ月で契約5年目(自分名義になってから)、待望の基本使用料30%引き!


04-04-10_18-14.jpg

自転車に乗りながら撮影。
飛行機雲があって、太陽の光が拡散して。


日立製作所は、家庭用DVDレコーダーで世界初という400GBの大容量HDDを搭載するなどしたDVDレコーダー「Wooo」シリーズ5機種を発表、同市場に本格参入する。日立グローバルストレージテクノロジーズ(HGST)や日立エルジーデータストレージといった同社グループ内の資産を生かして開発した今回の製品で、同市場でのシェアの確保を目指す。発売は5月下旬から順次、価格はいずれもオープンプライス。

 400GBも積んでるので、最高画質で録画しても67時間も録れるらしい。画質を最低まで落とせば360時間。1日1時間録画したとしても、1年近くもつ。
 これまでは、まだHDDレコーダーは買い時ではないと思ってたけど、ここまできたら欲しくなってしまう。大学院の関係で見られない昼ドラも深夜番組も、テープを気にすることなく録り放題!


 大学院の授業の中に“IT未来学”という何ともうさんくさい授業名があったので、そのあまりのセンスのなさに敬意を表し、取ってみた。そうしたら見事期待を裏切られ、内容がぶっ飛びものの授業。毎回講師を招いての講演スタイルなんだけど、その講師というのが全員一流企業の社長さんクラス!
 トレンドマイクロ、マイクロソフト、NTTドコモ、UNISYS、NECソフト、IBM、野村総研、インテル、弥生(←これは例外)、アクセンチュア、Oracle。マイクロソフトは元日本法人社長の古川さんが来るし、ドコモからは榎さん、インテルもアクセンチュアも社長さんが来てくれる。一公演いくらかかるのか知らないけど、一体どこにそんな金があるのだろうか。ただ今年はマイクロソフトから寄付講座が4つもあるし、他に僕が知ってるだけでNECが2つ、KDDIが1つある。今回のも、企業が協力してくれているのかもしれない(講義をまとめて本を出版するようなことも言ってた)。
 でも1つ致命的な問題があって、大体お偉いさんの話は聴いてても面白くない。2年前も各企業の人が来てくれて自社の取り組みなどについて話してくれたことがあったけど、これがあまり面白くなかったのである(このときは部長クラスだったと思う)。
 ともあれ、来週のトレンドマイクロ社長スティーブ・チャンの講演が楽しみ。

 学生さん及びその他興味のある方、大学院の授業だからどんな生徒がいても不思議ではないので、時間の都合がついたら来てみてはいかがでしょうか(こんなこと宣伝していいのかどうか知らないけど)。場所は早稲田大学大久保キャンパス、理工学部で一番綺麗&広い教室で授業が行われます。毎週水曜の10:40?12:10。この企業の講演があるのはいつ?と聞いてもらえれば、対応しますので。


 春休み(というか昨年度中)不規則な生活をしていたため、毎日朝8時に起きるという規則正しい生活に非常に苦しんでいる今日この頃です。8時に起きて、9時前に家を出て、2限(10時40分)から授業。幸いにも授業は割と面白いので、眠くなるというようなことはとりあえず今のところなし。自分が起きてると、隣で寝てる友人を見て、「寝るぐらいなら授業出なきゃいいのに」なんて思ったり。自分勝手だね、全く。
 授業は1日2コマぐらいしかないんだけど、研究室生活がついてまわるので家に帰るのは21時?24時ぐらい。働いたらもっと大変なんだろうけど、お給料もらえるから頑張れるという部分はあるのだろうか。好きなことやってるんだから仕方ないんだけど、目に見えるようなフィードバックもないので、どうして自分はこんなことしなきゃいけないんだろうと思うときもある。勉強してる内容は面白いんだけどさ、人間関係がさ…(ブツブツ)どうでもいいんだけどさ…(ブツブツ)
 まあ、規則正しい生活を送りたいと思ってたので、良かったと言えば良かった。きっと何かに繋がると思って、精進あるのみである。


 今日初めて大学院の授業を受けてきたけど、学部とはどこかが違うというのが第一印象。外人さんが結構目立つし、かなり年配の方もいた(と思えば見慣れた連中もいた)。もちろん“修了するのに単位が必要だから”という目的で受けてる連中もいるんだろうけど、興味があるから受けてるという人が学部時代よりは多い気がする。僕はどちらかというと後者である。
 大学院っていうのは、やっぱり勉強するところだよね。学部で4年間遊んで、さらに大学院でも2年間遊ぶなんてただの馬鹿である。何か大きな変化があるときに、必ずその準備期間があるとは限らない。ときにはいきなり環境がガラリと変わり、自分が徐々にでもそれに順応していかなくてはいけないということもあるのではないだろうか。僕にとっては大学院がそういう存在のような気がする。
 「オーディオビジュアル通信システム特論」なんて偉そうな名前がついてたけど、要はテレビ電話についての授業だった。そして外人さんがいるため、なぜか講義は英語で行われた。FOMAで少しは普及するんじゃないかと思ってるけど、テレビ電話は流行らないよね。なんでだろう。その理由を考えてレポートにまとめるのが、1回目の課題らしい。楽勝。


 俳優、坂口憲二(28)が9日、大西洋に浮かぶカナリア諸島(スペイン領)で役者休業宣言した。6年間突っ走ってきて「これから何をすべきなのか?」と自分を見つめ直すため、そしてプロ級の腕を持つサーフィンを「世界中でしたい」という夢を抱いて、3月25日に日本を出発していた。

 今頃は薄く切ったオレンジをアイスティーに浮かべてるのだろうか。松本隆は、カナリア諸島に行ったこともなくイメージだけでこの詞を書いたらしい。後に実際に行ってみたら全然違ったんだけど、その隣の島がまさに詞のイメージの世界だったとか。割といい加減である。

 僕も休養宣言なるものを一度はしてみたいけど、誰にも気にとめられることなく終わってしまうのは言うまでもない…。


 今春から修士1年生となるため、TA(Teaching Assistant)をやらなければいけない。先生の補助というか雑用係というか。大学で出席カードを配ったりしている連中である。もちろんそれなりの対価は払われる。僕が今年受け持つのは、実験レポートの採点、授業の補助、そして試験監督の3つ。
 こんなの話していいのかどうか知らないけど、TAのお話。


なんとなく今の心境を箇条書きにしてみた。
ものすごい睡魔に襲われながら書いてます。

・来週から半年ぶりの講義スタート。朝起きられるのか?
・TAは大変そうだけど、お金もらえるのが嬉しい。
・同学年の人たちと仲良くやっていかないと。
・後輩ができるのは結構楽しいんじゃないだろうか。
・新しく加わる中国人はどんな人だろう。
・前期までに誤り訂正を一通りやりたい。後期は新規提案を視野に。
・不平を言っても仕方ないので諦めろ。
・頑張って論文誌に自分の論文を載せ、1年半で修了。あとの半年は遊びたい。
・留学もいいかも。そんなこと言ってるうちはまず実現しないか。
・誰か研究室にあるテレビのアンテナを直してくれないだろうか。地上波デジタルが見られない。
・ビデオ返さないと。韓国作品はつまらなかった。
・カフェリッチのカフェオレが美味しい。今までコーヒー飲めなかったのに。
・明日も頑張ろう。


 takerattaさんのブログで紹介されてた、プリン占いをやってみました。プリンで一体何がわかるのだろうと疑問に思いつつやってみたら…。


04-03-26_16-34.jpg

この春からパーティションと机をゲット。
こんな環境で楽しくやってます。


auが初のトップ・2003年度の携帯電話純増数

 携帯電話の2003年度の新規契約数から解約数を差し引いた純増数で、KDDIの「au」が前年度比290万9700台増と年度ベースでNTTドコモを抜き、初めてトップとなったことが7日、分かった。

 2003年度下半期はずっとauの圧勝で終わった。さて、この快進撃が止まる日は一体いつなのだろうか。


 このタイトルを見たとき、すぐに江國香織の書いた本が原作だとわかった。文庫本のシンプルな表紙が頭に浮かんだ。なんとなく自分の本棚にあるような気がして、でも実際に探してみたらなくて。高校生のとき図書館で借りたのだろうか、それとも大学生になってから本屋で買ったのだろうか。それ以前に、僕はこの作品を読んだのだろうか。わからないし、全然思い出せない。
 それは映画を見ても同じだった。こんな内容の話を僕は読んだことがある気がするし、ない気もする。どこにでもある光景のような気もするし、全然そんなことはないような気もする。全てが不鮮明で、ぼやけてて、つかみきれてなくて、でも何か暖かいものに包まれていて。

 少しだけ、昔のことを思い出した。今となってはあのとき感じた幸せが本物だったのかどうかもわからない。

単行本
DVD


 初開催ということもあってか、近年希に見るいいレースだったと思う。しかし3台しかリタイアしないっていうのも、驚きである。今年からの新ルールがいいのか、それとも各チームめちゃくちゃ頑張ったのか。いずれにしろ、F-1はいい方向に向かってると思う。そして新たな時代が、徐々に幕を開けつつある。


 ようやくFOMAが普及し始めたと思ったら、既に4G。

 日本、中国、韓国の政府は、2010年ころに実用化する第4世代携帯電話の通信技術などの開発を共同で進めることで合意した。


 F1バーレーンGPは予選が行われ、フェラーリのミハエル・シューマッハーが3連続となるPPを獲得。ルーベンス・バリチェロが2番手に続き、フェラーリがフロントロウを独占した。BARホンダの佐藤琢磨は、日本人予選最高位タイの5位。

 お、BARが好調だな、と思ったら、琢磨は日本人最高タイか。たしか片山右京だったはず。


 初開催のバーレーンGP。勢力図が全く見えてこないのが面白い。

初開催バーレーンGP、初日はバリチェロがトップ・タイム

F1世界選手権-第3戦バーレーンGP-フリー走行2回目が行われた。トップ・タイムは1:31.450でルーベンス・バリチェロ(フェラーリ)、2番手に千分の1秒差でファン-パブロ・モントーヤ(BMWウィリアムズ)、3番手にはアンソニー・デビッドソン(B・A・Rホンダ)が続いた。


04-04-02_13-18.jpg

1週間前と同じ光景のような…。


 久々に、雨が音を立てて降ってる。なんとなく山下達郎の“2000tの雨”が頭に浮かんだので聴いてみたんだけど、ちょっと違った。この曲が合う季節は、春じゃなくて初夏かなと思う。まだ少し早い。
 でも、雨を歌わせたら山下達郎の右に出るものはいないと思う。中でも好きなのはシュガーベイブの“雨はてのひらにいっぱい”と、“Rainy Walk”。僕は家の中にいるときに降ってる雨は好きだけど、自分が外に出るときの雨は大嫌いである。雨が降っているだけで、気が落ち込んでくる。特に高校生のときは、本当に嫌だった。そんなとき、どれだけこれらの曲に救われたことか。

取り上げた曲が収録されているアルバム(別に宣伝はしてません。リンク先はHMV)
・2000tの雨-GO AHEAD
・Rainy Walk-MOONGLOW
・雨はてのひらにいっぱい(SUGAR BABE)-SONGS


※関東ローカル(しかも一部地域限定)のお話

 TVKでやっているsaku saku(サクサク)という番組をご存知だろうか。一応音楽情報番組とされているものの、その内容はかなりぶっ飛んだものである。簡単に説明すると、さわやかなオールナイトニッポンのTV版とでも言うべきか。これが朝の7:30から放送されているのだからたまらない。MCは女の子と“人形”。どうでもいいような内容をダラダラと喋り続け、その間に音楽等が挿入される。こんなのを朝から見た日には、一日脱力しっぱなしである。
 そしてさらに凄いのが再放送。これまで夕方の17:00からやってたのが、4月から深夜0:05からと放送時間が変わった。基本的に、この時間帯のノリの番組である。画面の左上にあった、時刻表示がなくなったのも嬉しい。そして驚くような事態が。
 番組の最後に星座別の“本日の運勢”のテロップが流れるんだけど、なんと再放送でもこれがそのままなのである。0時回ってるので、日付は翌日なのに。つまり、昨日の運勢を見ることになる!あり得ない…。


 今日車で走ってて、ガソリンがめちゃくちゃ値上げされたなーと思ってたら、犯人はこいつだった。

平成16年4月から、消費者に対する「値札」や「広告」などにおいて価格を表示する場合には、消費税相当額(含む地方消費税相当額。以下同じ)を含んだ支払総額の表示を義務付ける「総額表示方式」がスタートします。

 今のところメディアでは批判的な意見が多いみたいだけど、僕は割と賛成。単なる一消費者に過ぎないので、実際のところを理解してないだけかもしれないけど。

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292