2004年8月 archive


この後、彼の広報担当が引退を否定し、1日ミハエル自身もまだまだレースをやめないということを発表しました。ひとまず安心したけど、いつかその日は来るんだということを改めて認識しました。


 先日7度目のタイトルを獲得したミハエル・シューマッハが、9月1日に記者会見を開く予定となっている。タイトルを獲得した後わざわざ自らプレスを呼んで会見を行うとなると、認めたくはないことだけれど、引退の発表しか思い浮かばない。
 ミハエルはF-1で全てを手にした。これ以上彼が走り続ける理由はないのかもしれないし、あるいは家族のために時間を作りたいのかもしれない。ライバルもなく、どんどん規則やコストで縛られてきている今のF-1は面白くないのかもしれない。
 彼の代わりはどうするのだろうか。皇帝の後継者はいるのだろうか。まだ決まってないから何ともいえないし、できれば全然違う内容のことであって欲しい。僕は中3のとき、偶然TVで彼の走りを見て一気に引きずり込まれた。素人の僕にも一発で違いがわかるような、その圧倒的な才能と技術による走り。もしミハエルがやめるのなら、僕がF-1を見続ける理由はなくなる。4年近くF-1関連の翻訳をやってきたわけだけど、約束していたあと1シーズン、僕も続けられるかどうかはわからない。


 前回フェラーリの6年連続コンストラクターズ選手権に引き続き、今週ベルギーGPでミハエル・シューマッハが5年連続のドライバーズ選手権優勝を決めた。
 レースは予想以上の混戦となり、いきなりスタートで2位から5位まで落ちたミハエルだが、気づいたら最後2位を走ってた。序盤2回も予定外のピットストップを行ったルーベンス・バリチェロも、なんだかんだで最後3位。これがフェラーリの強さなのだろう。こうした混戦の中で、いかに安定した成績を残せるかが、真の実力だと思う。そういう意味ではやはりフェラーリはさすがだと言わざるを得ないし、マクラーレンやザウバーも見事である。BARがトップチームに並ぶのはまだ早いし、ルノーもトップ3の仲間入りはまだできてないのではないだろうか。
 ミハエルは優勝でタイトルを決めることはできなかったけど、次のティフォシの待つイタリアGPは間違いなく全力で優勝を狙ってくるだろう。皇帝の最高の走りを見られるかもしれない。


 横浜の日本代表FW久保竜彦(28)が、世界的に有名な男性総合誌「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の表紙モデルになる。同誌は主に国内外のビジネスマン向けで、世界11カ国で発行されている総合誌の日本版。過去に小泉首相など政治家や女優、サッカー選手ではイングランド代表MFベッカム夫妻が表紙を飾った。この1年ほどで日本のエースに上りつめた久保の進化が認められたもので、9月8日のW杯1次予選インド戦では、再びエースの実力を見せる。

 まさか久保が日本のエース扱いされる日が来るとは…。前にも書いた気がするけど、日本がフランスにボコボコにされたとき途中交代で出た彼のシュートを見て僕は彼が好きになった。
 この雑誌についてはどうでもいいけど、写真撮影の現場がどんな感じだったのかが非常に興味ある。ぶっきらぼうな久保がどうやって撮影スタッフ達とコミュニケーションをとっていたのかを想像すると…。


 今週末行われるF-1ベルギーGPは、どのドライバーも最高のサーキットだと絶賛するスパ・フランコルシャンサーキットで行われる。去年はベルギーのタバコ広告問題で開催されなかったが、今年無事復活。レースに興味がない人でも、ぜひサーキットだけでもいいから見て欲しいと思う。全長7キロのサーキット、今のF-1で絶賛されているのはここと鈴鹿ぐらいである。
 注目はやはり世界で最も有名なコーナー、Eau Rouge(オー・ルージュ)。下りながらのエントリー、そして出口の見えない丘をアクセル全開で上がっていくこのコーナーは、ドライバーの勇気、自信、プライド、全てが試される。
 このスパで一番速いドライバーが、間違いなく世界で一番速いドライバーである。


 僕の愛用している、MP3再生対応のCDウォークマンのリモコンがおかしくなった。いつの間にかボタンが1つ元に戻らない状態になっているし、ボリュームを上げようとすると次の曲にいったり、次の曲にいこうとするとフォルダが飛んだり。最終的には、ほぼ全てのボタンが表示通りの働きをしなくなってしまった。なんとなく、F-1の「最初は3速が壊れて、次は2速、1速、最後は全部ギアがなくなったよ」という状況に似ている。ちょうど買って1年近くなので、まさにソニータイマー。
 もう金輪際ソニー製品は買わねぇと心に誓い、最近話題のHDDプレーヤーを見にいったところ、相変わらずiPodミニは売り切れ、東芝や韓国製品がむなしく残っているだけという状況。で、ふと隣のシリコンオーディオプレーヤーに目を向けると、かなり安くなってるのに驚いた。ちょうど1年前もポータブルオーディオプレーヤーを買おうと物色してたんだけど、128MBで2万円ぐらいしてたと思う。それが256MBでも2万を切り、512MBでも3万円はいかない。これは安い。音飛びもないし、音質も良いらしいので、いいんでないかい?と思いつつ、iAudio 4という製品を真剣に検討した。
 ここまでが昨日までの話で、今日はそのiAudio 4を買おうと横浜に。が、2時間半考えたすえ結局買わなかった。まず何よりデザインが×。最近は電車内でiPodを自慢しているかのような人が目立つけど、これはできるなら人には見せたくない。HPではそれなりに見えるんだけど、実際の製品はかなりチープな作りである。そして充電池。単4電池1本で駆動するんだけど、いちいち電池を買うのは面倒なので、そうすると充電池を買うという選択になるんだけど、これが色々と種類がありすぎてわけがわからない。しかも単3電池&充電器のパックはあるのに、単4は全くなく、別々に買うと5000円を超えてしまう。どれがどれに対応してて、とか考えてたらもう面倒になった。
 結局、新しいリモコン(5000円強だったけど、ポイントがあったので141円)を買って帰宅。まだシリコンオーディオプレーヤーは早いのかもしれない。もう少し考えよう。近所のレンタル店が1週間120円セールをやっているので、帰りに懐かしのアルマゲドンを借りた。が、ネットでのキャンペーンに登録し忘れ240円払うことに…。本日4時間のお出かけ、出費は381円。結局ソニー製品を買ってるし。


109357119404-08-26_15-53~00.jpg

いつの間にか、DOS/Vパラダイスが横浜駅西口に移ってた。
10円だからネタとして10個ぐらい買おうかと思ったけど、あげる相手が思い浮かばなかったので残念ながら却下。


 僕が初めてPCを買ったときは、ハードディスクの容量が8GB!スゲェ!という時代だった(8GBの壁とかあった気がする)。それからもう7年近く経つわけだけど、音楽ファイルやらキャプチャーした動画ファイルなどで200GBじゃ少ない!なんていう時代に。現在のメインPCは80+80+160で320GB(いずれも内蔵、4つあるIDEの3つを使用)なんだけど、この増設した80, 160GBの回転音がやたらうるさい。電源ケーブルをぶちっと抜くと非常に静か、でも80GBしかない。こんなので足りるわけがない。最近再びキャプチャ熱が出てきたので、常にHDDの残り容量と格闘することになり、精神的によろしくない。
 ということで、考えた案が2つ。1つ目は外付けHDDを増設すること。静かな内蔵タイプのものでもいいんだけど、どれが静かなんてわからないし、いくら静かとは言え、今よりもプラスになることは間違いない。ということで、使いたいときだけ使えるよう外付けタイプを候補に。幸いにもUSB2.0もIEEE1394もOKなので、高速転送が行える。で、色々と情報を調べていったところ、どうやらIOデータ製のが良く、BUFFALO製のが良くないらしい。が、250GB モデルでも27000円ぐらいする。内蔵が200GBで13000円程度で売っていることを考えると、非常にコストパフォーマンスが悪い。よって却下。
 第2の候補、というか最終的にこちらにしたんだけど、ハードディスクのリムーバルケース。空いている5インチベイに、トレイにいれた内蔵型ハードディスクを挿入して使えるのである。これだったら大容量のものへの交換が楽だし、使わないときは抜いておけば問題ない。何よりコストパフォーマンスが外付けに比べて抜群にいい。交換トレイ2つ付のものがヨドバシカメラで4000円ぐらい。取り付け作業は筐体とねじの位置があっていないことを除けば全く問題はなく(これは大問題だけど、無理矢理穴を作って対処した)、IDEのコネクタと電源をケースにぶちぶちっと挿せば終了。ジャンパの設定は普通に。鍵をかけないと起動できないという姑息なしかけがされているけど(起動中の脱着防止のため)、一発目できちんと認識された。特に困ったところもなく、快調。
 ハードディスクの容量不足という根本的な問題は解決されてないのだけど…。


「天の川、本当にあった!」=島全体消灯

 「昔の星空を取り戻そう」-。旧暦の七夕を翌日に控えた21日夜、沖縄県・石垣島で、島を丸ごとライトダウンするイベントが催された。午後8時半の花火を合図に島中の明かりが一斉に消され、夜空にはっきりと天の川が浮かび上がった。

 僕は一度だけ天の川をこの目で実際に見たことがある。2年前の宮古島、講習でナイトダイビングをしたときのこと。夜に潜るということだけでワクワクしてた僕は、真っ暗な海の中で夜光虫なんかと戯れ、頭の中ではずっとR.E.Mの"Night Swimming"が流れてた。そしてビーチに上がって上空を見上げると一面の星空が。
 よくドラマなんかで不自然なぐらい星が出てる場面があるけど、あの光景がそのまま。天の川なんて、それまでおとぎ話の世界だけのものだと思ってた。それが本当に、上空に広がっているのである。心の底から感動した。僕はあの夜の1つ1つのことを、今でも鮮明に覚えている。


 新聞の夕刊にラジオ体操の話題が載ってて、「そりゃ最近の子供はいかないよなあ」などと思ったんだけど、よく考えてみたら僕は行ってた。アメリカに行く前の小学校低学年時代はあまり覚えてないけど、帰ってきてからの小5,小6と確実に行ってた。今の自分からしてみれば、奇跡である。
 しかし今考えると、やはりラジオ体操なんていうのは近所迷惑以外のなにものでもない。早朝6:30から「新しい朝がきたー希望の朝だー」なんていう頭の悪い歌がスピーカーから流れ、その後延々と「イッチニーサンッシ!」なんていう威勢のいいかけ声が静かな住宅街に響くのである。第一だけで止めてくれればまだいいけど、第二までいかれた日にはラジオ体操を憎みたくなるはずだ。で、終わったら終わったで、ガキどもは騒ぐ。そんな中、1ヶ月まるまる休みなんてあり得ない世の中の社会人達は、1日をスタートさせるのである。そりゃもうやってられない。やってられるわけがない。
 まあでも、ラジオ体操すらやらない世の中なんていうのは、不健全のような気もする。昔はみんなでラジオ体操をした後、じゃあ後でねってことで、朝9時ぐらいから夕方まで外でずっと遊んでた。携帯電話もパソコンもなかった時代だ。存在すら知らなかったし、それはテレビの中だけの道具だった。近所の大人ほぼ全員の顔を知ってたし、学年など関係なく、毎日みんなでわいわいやってた。そこには少年犯罪のかけらもなかった。
 さすがに今さらラジオ体操をしたいとは思わないものの、朝6時半のさわやかさというのを久々に味わってみたい。宮古に住んでいる人は、朝6時に起きて海に泳ぎにいってるとか。なんともさわやかな生活でうらやましい。僕はというと、寝るのが最近は朝5時。そろそろ人間失格の烙印を押されそうで怖い。早起きするためにはまず早寝が不可欠。ということで、今年の夏の目標は早寝早起き。…小学生か俺は。


・オリンピック三昧
学生の特権をフルに活用し、毎日オリンピックばかり見てます。シドニーはサッカーぐらいしか興味なかったんだけど、なぜか今回はめちゃくちゃ面白い。それだけ歳をとったということなのかなあ…。高校野球も面白いし…。とにかく、TVでやってる種目全て見てしまう。その結果、毎日大体太陽が出てきたぐらいに就寝、お昼すぎに起床。と、こんな生活ばかり送ってると社会不適合者間違いなしなので、危機感を感じて研究室に通い始めている今日この頃。


・How do you like Wednesday?
ずいぶん遅いけど、最近「水曜どうでしょう」にはまってます。これまでも何度か見たことがあるんだけど、なぜこれが面白いのか?と不思議でしょうがなかった。が、テレビ朝日が深夜放映していたのを見てすっかりはまってしまった。調べてみたら、埼玉テレビ、千葉テレビ、tvkと全て違う内容の「どうでしょうリターンズ(水曜どうでしょうの再放送)」をやってるではないか。1週間に3作品も見られるなんて天国。これを機にHDDレコーダーを買おうかとすら考えてます。

水曜どうでしょうON THE WEB(有料)
?ユーコン川160キロ 全7回(無料)

「どうでしょうリターンズ」関東ローカル局放送日
埼玉テレビ 月曜21:00?21:30
千葉テレビ 水曜24:00?24:30
tvk       金曜22:00?22:30


・時代遅れのDVD
夏休みは割と、というかかなり暇なので、DVDを借りて見てます。2時間映画を見るというのは結構疲れるし、自分の部屋だと集中力がもたないんだけど、まあ適当に。色々借りたんだけど、あまり印象に残ったのはないかな。唯一良かったのは塚本晋也の「六月の蛇」ぐらい。ちなみに僕が映画で一番好きな作品は、彼の「BULLET BALLET」。たしか大学入学式近辺に渋谷に見にいったんだけど、あのときの衝撃・興奮は今でも忘れられない。ちなみに今日から3日間1週間レンタルが120円なので、今さらかよという「キャスト・アウェイ」を借りてみたり。


 せっかく大学院に進学したのだから企業との共同研究の1つも…などということを考えてたら、ちょうど今日某メーカーから打診があった。もし話がまとまれば間違いなく僕のところに回ってくる内容なんだけど、うちなんかよりもずっと立派な他大学の研究室にも話をしているらしいので、どうなるかはわからない。
 まあたいしたことはできないだろうけど、それでも直接社会に反映される可能性がある研究となると、モチベーションも変わってくると思う。それで就職の道も開けて…という可能性がなきにしもあらずのような気がするけど、残念ながら特にいきたい企業ではなかったのでした。


 もう感動しっぱなし。最後の鉄棒は、本当に完璧な演技だった。3人目、これで無難にまとめれば金確定という中、9.85という最高の演技!もう涙が止まらない。最高!!


元NTTドコモ副社長の津田志郎氏が、ボーダフォンホールディングスとボーダフォンの代表執行役社長兼CEOに就任する。

 3ヶ月ぐらい前に、NTTドコモの榎氏の講演で、一番のライバルはボーダフォンという発言をしてたんだけど、もしかしたらこれもその1つの理由なのかもしれない(当時からドコモを離れることはわかっていたはず)。
 ともあれ、ドコモ技術畑出身の津田氏が何をやってくれるのか。かつてドコモ新社長に推されていた人物なだけに、携帯業界がますます面白くなるかもしれない。

ボーダフォンプレスリリース(PDF)


琢磨6位、M・シューが7連勝/F1

 M・シューマッハー(ドイツ、フェラーリ)が優勝し7連勝、12勝目と2つのシーズン新記録を達成した。通算では82勝目。
ルーベンス・バリチェロ(ブラジル、フェラーリ)が2位に入り、フェラーリは今季5戦を残してコンストラクターズ(製造者)部門6連覇を決めた。


 ということで、今年のF-1はフェラーリ圧勝で終わったのでした。昨年ミシュラン勢に大きく負けていたハンガリーを1,2フィニッシュで勝てるんだから、もうライバル達は何もすることはできない。
 あとはドライバーズ選手権が残っているけど、これもフェラーリドライバー同士の戦いだし、今季12勝挙げているミハエルがタイトルを獲れなかったら、F-1のシステムに問題がある(というか、総レース数の3分の2を勝ってもまだタイトルが決まらないということに既に問題がある)。残り5戦、2位バリチェロとの差は38ポイント。もし次のベルギーでミハエルが勝てばば自動的にミハエルの選手権優勝、勝てなくてもバリチェロと2ポイント差以上でフィニッシュすれば優勝。まあ、今のミハエルは、勝たないと思う方が難しい。しかも彼の大得意とするスパ・フランコルシャンで。


日本、男子団体トップで決勝進出/体操

 五輪の団体総合で28年ぶりの金メダルを目指す体操男子の日本が、大舞台のスタートで実力が本物であることを示した。予選で232・134点の1位となり、16日の決勝に進出。

 シドニー五輪はサッカーにしか興味なかったんだけど、なぜか今回のアテネは面白い。それだけ歳を取ったということかもしれないなあ…高校野球も面白いし…。
 体操の予選をテレビで見てたら、綺麗な演技が印象的だった。派手な鉄棒や床もいいけど、僕が一番好きなのはあん馬。鹿島の演技はさすがと言えるものだった。
 ただ、放送がボロボロで、生とVTRがごちゃごちゃになってよくわからないし、CM多すぎ。スポンサーも大事かもしれないけど、あれじゃ興ざめである。NHK見たら水泳しかやってないし。


 【ブダペスト14日共同】自動車のF1シリーズ第13戦、ハンガリー・グランプリ(GP)は14日、当地で公式予選を行い、佐藤琢磨が1分19秒693で3位、ジェンソン・バトン(英国)が4位に入り、BARホンダの2台が2列目スタートとなった。

 オリンピック柔道で金メダル2つ獲ったらしいけど、そんなことより琢磨の予選3位を報じるべきである。抜きにくいとされるハンガロリンクで、この結果が持つ意味は大きい。もしスタートを問題なくこなせ、マシンが最後までもてば、もう一度表彰台獲得を期待できる。
 これで今年の予選、2位が1回に3位が2回。凄い。

[]

レアル・マドリー、オーウェン獲得が決定!

マイケル・オーウェンのレアル・マドリー入りが決まった。契約金は1200万ユーロ(約16億4400万円)、加えてニュネスが3年契約でリバプールへ移籍する。

 レアルはFWばかり集めて、何をするつもりなのだろうか。ロナウド、ラウール、モナコから戻ってくるモリエンテス、そしてオーウェン。3トップ!?


横浜が延長サヨナラ勝ち 全国高校野球選手権第8日

第86回全国高校野球選手権大会第8日は14日、甲子園球場で2回戦を行い、横浜(神奈川)と東海大翔洋(静岡)が3回戦に進出した。

 しびれる試合だった。11回延長で1-0のサヨナラ勝ち。150球以上投げて、依然145kmの直球を投げられる涌井投手は凄すぎる。今年は横浜高校と、東東京大会を見にいった修徳高校を応援してます。


109236571204-08-12_14-34~01.jpg

今日は日航ジャンボ機が墜落した日。
どうか、いつまでも安全な翼を…


日本人男性は、やせているほどがんになりやすく、標準かやや太めに比べ、がん発生率は14-29%高いことが、厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)の大規模疫学調査で分かった。米国のがん専門誌に11日までに発表した。

 基準となるBMIを調べたら、18.5だった…。やばいなあ。標準の22にするには、あと10kg以上太らなければいけない。そんなの無理、不可能!中年になったら、放っておいても太るのだろうか?それはそれで嫌だしなあ。ちなみに体脂肪率は12.8%。


11日付のフランスのスポーツ紙レキップは、サッカーのスペイン1部リーグの強豪レアル・マドリード所属のスーパースター、MFジネディーヌ・ジダン(32)がフランス代表から引退することを決めたと報じた。ジダンは12日夜(日本時間13日未明)に、テレビで決断を発表する予定。

 また一つ、時代が終わるのか。非常に残念である。EURO2004、2002年W杯があまり良くなかっただけに、ドイツでの活躍を期待してたのに。
 理由を「家族により多くの時間をささげるため」としてるけど、F-1のミカ・ハッキネンも同じ理由で引退していった。家族というのは、そこまで大事な存在なのだろうか。僕にはまだよく分からない。


 個人的には、槇原の復帰第一作。例の事件から復帰後、これまで色々と作品を発表し続けてきたけど、どうも自分にはしっくりとこなかった。どの作品もマッキーであることには変わらないんだけど、どうも聴いてて疲れてしまう作品が多かった。もちろん、それが悪いといっているわけではないし、“太陽”や“桃”など素晴らしい曲もある。でも、なんというか、「Cicada」から続いた流れを浄化する過程のような曲が続いてきた。そして今作は、そこから「再生」できた作品だと思う。僕が中学生のとき初めてマッキーに触れた「PHARMACY」、そして「UNDERWARE」、「Such A Lovely Place」、その続きがこの「EXPLORER」。まさに僕が求めてたマッキーである。

 相変わらず歌はめちゃくちゃうまいし、そのセンスには驚かされる。さすが教授が認めたことだけはある。あと、今回はシングル曲が結構収められてるけど、曲順もいい。1つ1つが、それぞれ与えられた*曲目という役割をしっかりと果たしている。“世界に一つだけの花”は、SMAPに提供したことが非常に悔やまれる。たしか初めからそのつもりで書かれた曲なので、何とも言えないけど、もし仮にこのアルバムの10曲目で耳にしてたら、僕はとてつもない感動と興奮を味わっていたことだろう。

 ジャケットの帯で隠れている部分に書いてある01?12までの数字、11がイコールのように見える。1曲目から10曲目=12曲目と解釈してもいいのかもしれない。多分、その12曲目の“僕が一番欲しかったもの”が、マッキーが今一番言いたいことだと思う。

explorer.jpgExplorer(限定盤)/槇原敬之

関係ないけど、HMVのページに言ったらたまたま見つけた文章
タワーレコード/HMVジャパン 「著作権法の一部を改正する法律案」の成立に関する共同声明
とりあえず一安心かな?


 みうらじゅんによると、親孝行をする人を親こーらーと呼ぶらしいんだけど、ちょっとだけそのまねごとをしてみました。僕は基本的に、親には迷惑をかけまくってる。特に母親に対してはこれでもかというほど日頃悪態をついており、もし胃潰瘍か何かで入院することになったら、その原因の8割以上は間違いなく僕にあると言っていい。自分で言うのもなんだけど、もし僕が親で自分のような子供がいたら、絶対いやだよなと思う。
 そんな僕だけど、少しぐらい親にも感謝の意を示さなきゃと思い、今年は自分の大好きな宮古に連れて行くことを考えていた。いつも自分一人で行くときは航空会社のページで割引の航空券をとって、電話でホテルを予約してたんだけど、2人の場合ツアーというかホテルパックの方が安い。泊まるのも安ホテルじゃなくて、せっかくだから東急リゾートなんかに、やっぱりレンタカーは必要だな…と色々調べてたら、この辺で勢いが切れてしまった。そもそも母親は宮古になんか行きたいのか?海しかないぞ。紫外線がめちゃくちゃ強いから、嫌がるのでは?那覇経由便の方が圧倒的に安いけど体力的に大丈夫なのか?でも直行便は朝めちゃくちゃ早いし、何より高いし…。あー、もう面倒くさい。あれこれ考えるのがしんどい。と、この辺で挫折してしまった。
 で、両親は8月終わりにフランス旅行に行ってくるので、デジカメをプレゼントすることを思いついた。あれこれ考える必要はないし、前に欲しがってたから、ちょうどいい。確認のためにそれとなく親に話してみたら、既に購入済み…。うーん、もう仕方ない、現ナマだ。僕だって、変なものをもらうより現金の方が嬉しい。ってことで、フランス旅行の足しにしてよと、少しお小遣いをあげた。いいから使ってよ、と。どうせ僕が持っていたって、ろくなことにしか使わないんだから、それでちょっとでもフランス旅行を楽しめたのなら僕としては言うことないのである。
 ごめんよ母ちゃん、来年就職決まってすっきりしたら、絶対どこかに連れて行くから。多分宮古だけど。


 今日大学が停電になるので、昨日研究室にあるサーバの電源を落としにいったんだけど、落とした以上再び電源を入れなければならない。ということで、今日停電が終わる18時過ぎに、電源を入れてきた。大学まで往復4時間かけて、電源を入れてきた。
 実は今日、久々に友達と遊んでて、できたら行きたくなかった。わざわざ大学まで行くのに、やるべき作業はボタンを押すだけ。昨日助手の人に、明日は来なくてもいいよ、と言われてて、一瞬それにすがってしまおうかとも思ったんだけど、やっぱりやめた。結局のところ、我慢しているのは僕だけではないのである。その助手の人なんかは4年ぐらい研究室のネットワーク管理をやり続けてきてるから、多分停電のときの作業もこれまでに4回ぐらいやってるはず。それを考えたら、僕なんか不満を言える立場にないし、一度引き受けた以上最後まで責任をもってやらないといけない。多分彼の方が、たくさんの不満を抱えてきているだろうし、それにも関わらず、愚痴一つこぼさず日夜研究室の業務をやってくれている。
 まあ、研究室で日頃当然のようにPCを使っている人達には、裏にはこういった事情もあるんだよ、ということぐらい知っておいて欲しいと思う。


【北京7日=久保武司】勝てば「永久就職」!? 一連のブーイング問題で日中因縁対決となったアジア杯決勝戦がついに7日夜、キックオフされる。ジーコ監督にとっては大きな意味をもつ戦いとなる。それというのも今大会のミラクルゲームの連続で「ドイツW杯後もジーコ体制」という声が協会内部からあがっているのだ。

 さすがにそれはやりすぎだろうとは思うものの、今日まずアジア杯優勝という結果を残した。色々と言いたいことはあるけど、ひとまず結果を残した。で、段々僕自身も、ジーコJAPANも結構いいのではないかと思えてきた。


 明日大学が停電となるため、研究室のネットワーク管理者として今日はサーバの電源を落としてきた。クライアントマシンは別にいつ落とそうが構わないけど、NISやメールサーバなどは最後の最後まで残しておかないとまずい。本当ならギリギリまで残すのがベストなんだけど、アジアカップを家で見たいので18時に停止。しかし、静かな研究室というのも気味が悪い。助手の人と一緒にやってたんだけど、お互い「・・・」「・・・」という感じで、静かだった…。
 で、なぜ僕がネットワーク管理者をやっているのかというと、自分でもわからないのだから不思議なものである。周りから色々言われ続け、気づいたらやってたという状態。それなりに楽しい部分もあるので、別に問題はないのだけど。
 帰りにつけ麺をおごってもらったんだけど、一口食べた瞬間に、これは無理!と感じた。そもそも僕は、つけ麺というものがダメなのかもしれない。なんでつゆが温かいのさ。味も、つかみどころのない味で、別にまずくはないんだけど、いっぱい食べたいというような味ではない。しかもその店、普通、中盛り、大盛りが同じ値段ということで、それならと麺が220gもある中盛りを選んでしまった。さすがに食べないわけにもいかないし、9割ほど食べました。で、帰り死にそうになりました…。
 しかしそれとは別に、助手の人には、こんな僕にご飯をご馳走してくれるなんて本当に申し訳ない気持ちでいっぱいである。いつもお世話になりっぱなしなのだから、本当なら僕が奢らなくてはいけない。この人がいないと、うちの研究室が成り立たないのである。実際の話。


 ジェンソン・バトンのウィリアムズ移籍が発表になったが、この問題、一筋縄ではいきそうにない。既にBARチーム監督のデビッド・リチャーズは、これを認めないとの見解を示し、この移籍に対して法的措置を検討している。
 バトンはBARと長期契約を結んでおり、来季もBARで走るはずであった。しかし、この契約には“抜け穴”が存在しているという。BARとの契約を結ぶに当たり、ホンダの関与が必須条件であるとされている。ホンダはドイツGP前にチームとの契約を2007年まで延長することを発表しているものの、エンジンレギュレーションが変更になった場合、継続してBARにエンジン供給をしていくかどうかが不明だというのがバトン側の主張。
 問題は、来週末行われるハンガリーGP。当然こんな状態じゃ、まともにレースなんかできるわけない。どっちかが折れたら(多分BARが折れることになる)解決されるんだろうけど、双方ケンカ状態になったら、最悪バトンの交代もあり得るのではないだろうか。次戦から怪我をしているラルフ・シューマッハの代わりとしてウィリアムズで走れればいいんだけど、ウィリアムズは既に4人のドライバーを使っているため、これ以上のドライバーの起用は認められない。かといって、チームを裏切る形となったバトンに居場所はないはず。となると、テストドライバーのアンソニー・デビッドソンが代わりに出場する可能性も出てくる。ここでデビッドソンがいきなり初優勝なんかしちゃったら面白いんだけど…。とにかく、せっかく今年躍進できたのにここで空中分解なんてことにはならないで欲しい。


ジェンソン・バトン2005年からウィリアムズへ

今週の木曜日遅くにBMWウィリアムズは、ジェンソン・バトンと2005年からの契約を結んだことを発表した。この契約はジェンソン・バトンとウィリアムズチームの長年の信頼関係を反映しているものだ。これにより先に契約を発表したマーク・ウェバーとバトンで、来季のウィリアムズのドライバーラインナップはシーズン半ばにして決定したことになる。

 完全にノーマークだった。当初は噂されていたものの、最近はてっきりBARに残るものばかりだと思ってた。しかし今よりも弱いチームに移籍するとは何を考えているのだろうか…。ウィリアムズでデビュー後1年で放り出され、ベネトンで散々叩かれ、たまたま移籍したBARが躍進してようやく今の地位までこられたというのに。イギリス人だからイギリスの伝統あるチームで、みたいなところがあるのかな。来季のウィリアムズはマーク・ウェバーとジェンソン・バトン、たしかにめちゃくちゃ面白いラインアップではあるけれども。
 ただBAR側は訴訟を検討しているみたいなので、今後どうなるかはまだわからない。


 今日雑用を片づけに大学に行き、その勢いで最後のレポートを研究室で1通書き上げた。大体内容は頭に浮かんでいたから1時間半ほどで終了。ダラダラと8月にずれこんでしまったけど、ようやく9通あったレポートも全て終了、これでようやく夏休み!(9月末提出が1通あるけど、それはまあ今はないことに…)
 が、しかし、夏休みの予定を全く立ててない。修士1年なんだからインターンシップの1つでもしろよと思うんだけど、機会を逃してしまった。もう秋から就職活動も始まるというのに。とりあえず、自分の研究を進めることを第一に考えたい。前期は授業が忙しくてほとんど何もできなかったけど、ようやく研究だけに取り組むことができる。せっかく大学院に進んだのだから、1つぐらい何かしらの功績を残さないとね。9月になったら、ちょこちょこっとどっかに行こうと思う。


 アジアカップ準決勝、手に汗握る試合だったけど、よく考えてみたら実はたいしたものではない。どうしてもトルシエ時代を基準に考えてしまうんだけど、あのときのチームに比べたら今の代表は信じられないぐらいレベルが低い。だから、形だけ“いい試合”にみえる。点が取れて当然、失点したら恥ずかしい相手だ。
 身長が180cmないキーパーとセンターバック、中盤を組み立てられないボランチ、3バックなのにディフェンスができないサイド。スルーパスとセットプレーのみ“一撃必殺”しか芸のない司令塔。ポストプレーができない&倒れるしか芸のないフォワード。鹿島びいきしか頭にない監督。
 それにしても、中国の反日感情には改めて驚かされる。こんな状況で、4年後オリンピック開催なんてできるのだろうか…。


 先日受けたTOEIC IP試験の結果発表…


 ヒューレットパッカードは、というか今はどのプリンタメーカーも、プリンタをかなり安い値段で売り、交換のカートリッジで儲けている。僕の使ってるHPの複合機は、プリンタ&スキャナ(コピーも)&各種メディアカード読み込み機能を備え、2万弱で購入することができた。はっきりいって安すぎ。でもインクカートリッジが高い。黒のカートリッジが2310円、カラーカートリッジが2625円する。これで一体何枚印刷できるのか知らないけど、やはり高い。
 ということで、モノクロインクの詰め替えを自力でやることに。買ったのはInkTec社の製品。送料込みで3000円強だった。これで、計4回ぐらいのインク詰め替えができるのである。さらに裏技もあるんだけど、そこまでは追求しないとして、これで大体コストが1/3に。
 やり方はいたって簡単。説明書にも書いてあるので実際にやる人はそれを参考にしてもらうとして、カートリッジに針で穴をあけ上からインクを注入、注射器で下から少し吸い出し終了。これをセットすれば新品同様!といくはずなんだけど、HPもこれには対策をとってきて、なんと僕のプリンタはカートリッジの固有IDを3つまで記憶するのである。つまり、自分でインクをリフィルしても、満タンとは認識されない。そのまま使い続けられなくもないと思うんだけど、いちいち警告されるのもうっとうしい。で、この固有ID対策もあるのである。詳しくはこちらのページを参照。英語なんだけど、それほど難しい操作をすることもない。僕の場合は2回異なる場所にマスキングをして、完了。つまり、オリジナル→マスキング1→マスキング2となり、次にリフィルしたものをいれると、最初のオリジナルのIDが消えるので、きちんと認識されるのである。
 インクジェット使用の方で、カートリッジ代がバカにならない!なんてお嘆きの方は試してみる価値ありだと思います。ちなみに、作業は本当に簡単。10分ぐらいで終わります。品質の方も、専用紙に写真画質で写し出すなんてことをしているならともかく、モノクロ印刷程度なら純正のものと比べ遜色ありません。


 先日機種変更したV601Tは、第二世代ではあるものの、着うたに対応、アプリの容量も256KBまで対応と、パケ死への道が完全に整っている。着うたなんて…とは思ってたけど、なんか夏のキャンペーンということで無料で1曲DLできるみたいなので、“イパネマの娘”を落としてみた。スタン・ゲッツ!たしかにイパネマの娘だし、音も結構いいんだけど、携帯からイパネマの娘が流れたところでたいして嬉しくもない…。どうしたものだろうと考えながら、適当にリンクをたどってたら、TOTOを発見したので名曲“africa“をDLしてみた。こっちは情報量100円かかってしまったけど。たしかにTOTOだし、africaなんだけど、やっぱり携帯からafricaが流れたところであまり嬉しくない。
 この着うたって流行ってるらしいけど、皆一体どこでならしているのだろうか。少なくとも僕は、電車の中で着うたをならしている人間に出会ったことがない(まあ、出会いたくもないけど)。あと、着メロよりもさらに自分の趣向が明らかになるので、人に聞かれたら結構恥ずかしい気がする。無難に浜崎あゆみや平井堅なんかの方が、人に聞かれた場合まだ反応はマシだろう。イパネマの娘って…。
 なんて遊んでたら、一日でパケット料金が1000円。パケット機になって通信速度が速くなり(といっても28.8kbps、ちなみに前は9600bps)、快適だなあと思ってたらこのありさま。そりゃパケ死なんて言葉も出てきますよ。最近は定額が流行ってきているから、そのうち「ああ、パケ死なんて言葉もあったね」ということになるのかもしれない。っていうかなる。こんな携帯のウェブぐらいで金取るな。1500円で使い放題、ぐらいでいい機がする。
 なんか悔しいので、イパネマの娘を着信音にしました。人に聞かれたら…知らない。


 以前かなりいい感じのキーボードと出会い、しばらくはこれでいこうと思っていたんだけど、やっぱりメカニカルクリックでずっと育ってきた僕にとって、段々と物足りなくなってきてしまった。ということでまたキーボードを買ってしまいました。これまた携帯と同じ7台目。


04-07-31_23-52.jpg
左上からJ-SH01, J-SH01Ⅱ, J-K03, 左下に移ってJ-NM02, J-T08, J-T010

 僕が初めて携帯を持ったのは17のときで(たしか1月だったと思う)、理由は「携帯を持ってないとバイトのシフト交代の連絡がこないから」だった。当時週1のバイトをしてたんだけど、仕事が楽なのでできるならもっとやりたい。唯一できる方法は、他の人の代わりとしてだけど、でも携帯を持ってないと交代を頼む連絡がこない。ということで携帯を持った。今考えればバカらしいけど、当時はそれだけバイトに入りたかったんだろうな。
 当時はPHSから携帯への移行期で、J-PHONEは18歳未満は契約できないため、周りがもってないからという理由で選んだ(その後18歳未満も可になって、すぐ名義変更したけど)。ドコモは加入者増えすぎで全然繋がらないなんてこともあったしね。フルレートの高音質は素晴らしかったし、画期的なスカイメール、今でこそ当たり前の年間割引やパックプラン。他のキャリアを大きく上回っていたと思う。今はちょっと…という話はおいておくとして、それからここまでJ-PHONE(Vodafone)一筋である。一度だけauに浮気しかけたことあるんだけど、これだけ長い間使ってると、やっぱりダメだった。全体的に肌に合わないとでも言うべきか。もちろん最初からauだったらそんなことないんだろうけど。そんなこんなで現在に至ります。

以下それぞれの機種について


04-07-31_23-44.jpg

 昨日、待ちに待ったV601Tに機種変更してきた。高2のとき初めて携帯を買ってから7つ目。僕は携帯そのものはあまり使わないものの、ギミックとしての携帯というか、テクノロジーとしての携帯が大好きである。こんなちっぽけな端末で通信ができるなんて、考えれば考えるほど凄い。特に、大学で無線通信の勉強をし始めてから、さらに強くそう思うようになった。
 このV601T、実はめちゃくちゃ待った。待ち続けた。発表が5月頃にあって、発売予定は7月中旬以降。そして7月に具体的な発売日が決まったんだけど、なぜかこの色(ネイビーブルー)だけ、他の色に比べて1週間遅れ。で、1週間クビを長くして待ってたんだけど、なんとその発売日前日に不具合が`発覚したので回収されることになったとの連絡。そりゃないよってことで、いつ発売になるのかもわからないまま、宙ぶらりんな気持ちでレポートなんぞを書いてたりした。そしてついに昨日、入荷したとの連絡。高校野球見て疲れ果ててたけど、予約していたボーダフォン恵比寿店に。HPにあったクーポンを使い、さらにたまってたポイントを使ったので、かなり安く機種変更することができた。
 前に使ってた機種(J-T010)のマイナーチェンジぐらいなんだけど、細かいところに手が届く東芝、かなり洗練されている。で、実は初めてのパケット機であったりします。今まで、メール1通*円、Web表示1kb*円とかいう課金方式でした。恥ずかしながら。問題点はサブディスプレイの表示が平行じゃないこと。微妙にゆがんでる気がする…。でもそれぐらい。大満足。もうしばらくは変えないと思う(と言いつつ、毎回新しいのが出ると欲しくなるんだよな)。

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292