2005年6月 archive


PICT0953.jpg

 えー、研究進まずぐだぐだです。依然全く進展なし。今週3日目にして早くも疲れを感じてきているけど、何もできてないのだから疲れるわけにはいかない。ただ、自分が何をやりたいのかは少しだけ見えてきた。遅すぎだけど。そして、それができるかどうかはもちろんまた別の話。時間がない…。
 帰りの電車は珍しく座れた。お疲れのサラリーマンに肩を貸してあげた。こんな僕にだって、誰かのためにできることの1つか2つぐらいはある。きっと。そんなことを考えて終わった一日。

 ここ最近家に帰るのがちょっと遅いので、必然的にブログの更新が遅い時間帯になってしまってます。これからもしばらく平日はその日のうちに更新するのはほぼ不可能だと思うのですが、できる限り毎日更新するつもりではいるので、申し訳ないのですがそういうことでよろしくお願いします。


PICT0937.jpg

 ここ最近、どうも間が悪い。タイミングが合わない。流れが良くない。何をやっても行き止まり、前も後ろも見えない。制限時間があるから焦る。焦れば焦るほど、さらなる深みにはまっていく。
 とまあそんな状態なんだけど、今日は20時過ぎに「ちょっと飲んで帰らない?」と研究室の助手に声をかけられた。今まで何度か一緒にご飯を食べに行ったり、飲みに行ったりもしてるものの、このタイミングで誘われるというのは何かある。嫌な予感・・・。


200506272.jpg

 今日は研究室で約2時間、天才につかまった。悔しい思いをした。もっともっと上にいきたいなと思った。


ざる蕎麦とポテトサラダ。自分でもこの組み合わせはどうかと思った。


 1週間前にmersy'sのまーしーさんから回ってきた(回してくれてありがとうございます)ミュージカル・バトン。実はずっとやりたいと思っていたのだけど、せっかく回ってきたのにまとまった時間がとれなくて全然書くことができなかった。ようやく書くことができました。

 ミュージカル・バトンについてはこちらを参照。発祥は海外のブログらしく、以下の5つの質問に答え、5人に回すというものらしい。

・Total volume of music files on my computer
・Song playing right now
・The last CD I bought
・Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
・Five people to whom I'm passing the baton

 なぜ1人から5人で"バトン"なのかが謎だけど、指数関数的に増えていくから、全員が重なることなくちゃんと5人ずつ回していくと、14回目で地球の総人口ぐらいになる計算・・・(5の14乗=6103515625)。

 おそろしく長くなってしまったので、時間があるときにでも読んでください。


 今日は一日家でゆっくりしていた。まず部屋に置きっぱなしにされていた、就職活動で送られてきたDMを徹底的に処分!最近の就職活動は全てネットでやるが、それでもDMは半端じゃない数が送られてくる。多分200社ぐらいからきたんじゃないかな…。

PICT0933.jpg


PICT0923.jpg

 いよいよ5月、そして6月内々定をもらうまで。残念ながら感動に包まれたクライマックスみたいなものはないけど、ラストです。


PICT0909.jpg

 一応前もって言っておくと、3月から6月の間、受験したのはわずか3社のみ。危機感なさすぎだろう…。でも、それ以上に、どうすることもできない状態だった。そのことについてはこちらを参照下さい。
 ということでほとんど動きはないのだけど、なぜか文章は長い。僕の就職活動の「核」となった3月、4月のお話。


PICT0895.jpg

 気づけば半年以上にも渡った就職活動。これを一気に振り返ってみたいと思います。長くなってしまったので三部構成に。まずは前編ということで、昨年の11月から今年の2月まで。


PICT0891.jpg

 今週はやたら長かった気がする。ようやく終わってくれた。そして明日は日曜日!休み!忙しさの中にある、自分で決めた休みほど嬉しいものはない。さて、何をしようかな…。


 気づけば今週も明日で終わり。来週でもう6月も終わりじゃないですか。内定をもらったのが先週だなんて嘘みたいだ。あれからもう1週間(正確には8日)。自分の心境は少しだけ変わったのかもしれないけれど、周りの世界は当たり前だけど何一つ変わってないところが笑える。

 最近は何かしらの結果を残したいなと思って研究に勤しんでいるものの、どうだろうな。結果が全ての世界。形にならなければ何もやってないのと等しい。もちろん自分にとってその過程自体が大事なものなのかもしれないけれど、第三者はそんなこと評価してくれない。
 あとはM2としての責任を自分なりに自覚。僕らの代がどうしようもないのはもう仕方ない。でも下の世代にまで影響を及ぼしたくない。良い流れを作り出すまではいかなくても、悪い流れを食い止めるのが僕の責任だと思う。いずれもどうなるのかわからないけど、やれることだけはやっておきたい。
 論文締め切りの7月上旬まではこんな調子かな。明日は研究室に行くとして、日曜は休もう。誰が何と言おうと休もう。


研究室の本棚。突然ですが、この10冊の本は合計いくらだと思いますか?

答えは51万490円!1冊平均5万円以上する。発行部数が少ないというか、マニアックすぎるので仕方ないのかな。問題は、これだけの値段なのにたいして役に立たないこと…。


 大学のキャンパスで、1羽の飛べない鳥を見かけた。

 翼を広げようとしてもいっぱいに広げることができず、いくら羽ばたいても地面から離れられない。あの鳥は一体どうなったのだろう。誰かに翼の手当をしてもらわない限り、おそらく自分のいるべき場所には戻れないはずだ。

 翼の折れた鳥は、二度と大空に飛び立つことができないのだろうか。


 昨日の夕焼け。雲が桃色に染まっていて綺麗だった。思わず誰かに教えたくなるような空。誰かと一緒に眺めたかった空。

VFTS02.jpg


今日は涼しいので、久々にティーバッグから紅茶を作ってみた。
一昨年によく飲んだ、懐かしい味。あの頃から一体何が変わったのだろうか。


 最近、研究がちょっと忙しい。どこまでがやらなければいけないことで、どこまでが自分のやりたいことなのか曖昧であり、色々なことをしているようで実は何もしてないような気もするのだけど。
 先が見えていたら研究なんてする必要ない。この先どうなるのかわかっていたら、人生なんて生きる意味がない。そうかもしれない。

 正直なところ、忙しさの中に身を置いてないと、心がバラバラになってしまうのではないかという不安がある。朝起きてすぐに大学に向かい、夜は日付が変わったぐらいに帰ってきて、晩ご飯食べて寝るだけ。あれこれとものごとを考えている時間・余裕がない。だから心が楽。
 そんなの良くないことだとは思うけどね。きちんと自分の時間を作って、どうにもならないことを考えたり、心の声に耳を傾けたりする時間も大事なはず。
 でも、とりあえず今は。今だけは。


郵便局の前で売ってたので思わず購入。何となくいいなと思って。もうそんな季節。
別に出す相手なんかいないのだけど。まあ、誰かに…。


申し込んでもいないのに、ボーダフォンからイヤホンマイクがプレゼント!
使うかどうかは別として嬉しい。自分じゃ絶対に買おうと思わないからね。


 今日は渋谷のアウトバック・グリルに行ってきた。久々にセンター街を通ったけど、もうそろそろついていけない。若さに圧倒されてしまう。高校の時から何かにつけて渋谷だったけど、卒業だろうか。
 ただ、センター街も奥の方まで行くと少し雰囲気がマシになる。ちょっとしたレストランも並ぶ。その中でなぜアウトバックなんかに行くことになったのかは謎だが、そういう流れになってしまったのだから仕方ない。

 日曜の夜ということで、かなり混んでた。「20分ほどで?」と言われたけど、全然嘘。その倍は待った。で、待たされてるときに渡されたのがこれ。順番がきたらこれが光るのである。思わずフリスビーみたいに飛ばしたくなる。

 料理はまあ普通かな。カクテル・シュリンプは懐かしい味がしたけど(アメリカで食べた)、ステーキは別にという感じで。ウェルダンで焼いてもらったのに赤かったし。味付けは全体的に濃い。というか濃すぎ。ボリュームが多いようなイメージがあるが、それ相応の値段だと思う。決して安くない。
 店内はがやがやうるさいけど、割とゆったりとしているので、悪くはないと思う。ホール&オーツやジョン・レノン、エリック・クラプトンなんかがかなり大きめのボリュームでかかってた。もちろん、ゆっくりと会話も楽しむなんてことはできないけど、これはこれでありなのかなとも思う。良いことと言えば、ソフトドリンクがお代わり無料なことぐらいか。そんなに何杯も飲めるものではないけど。テーブルが担当制になっているものの、全く意味なし。サービス料10%はきっちりとられる。

 外人さんが多かったけど、正直言ってここよりも美味しい店は渋谷ならいくらでもあると思う。この雰囲気が好きなのかな。食事はTPOによって変わってくるだろうが、僕だったらわざわざここにきてまでステーキを食べたいとは思わない。文化の違い。意識の違い。人それぞれということで。

 あー、美味しいもの食べたいなあ。


 断言しよう。就職活動というものは最悪だと。もちろんこれは僕がそう感じただけであって、この意見を一般化するつもりはない。しかしとにかく、僕にとっては最悪としか言いようがないものだった。二度としたくない。


06-18_19-14.jpg 土曜日の夜は始まったばかりー(土曜日の恋人/山下達郎)。たしかに始まったばかりだけど、土曜日の夜だろうが、日曜日の夜だろうが、特に何もありません。残念無念。でも小学生の時って、たしかに土曜日の夜にワクワクしてた気がする。高校は土曜日が休みじゃなかったから、公立校に通ってる友人を見て、なんで土曜もあるんだよ!と憤ってた。まあでも、明日が休みっていうのが嬉しい。ゆっくり寝て、また月曜からの準備を整えよう。


 前に配属先が決まっていると書いたけど、内定をもらった企業の研究所への配属が決まってます。大学を出た後も無線通信の研究を続ける予定。ということで、研究者になります(白衣は着ないよ)。


 改めまして。ようやく内定を貰うことができました(正式には内々定だけど、面倒なので以降内定にしちゃいます)。第一志望の企業だったので、これをもって就職活動を終えます。

 で、これまでは内定出たらあんなことして、あれもこれも、とか色々考えたりしてたものの、いざ実際に出ると、こんなものなのかなと。自分でも不思議なんだけど、あれだけ待ち望んでいたことなのに凄くあっさりしてる。泣くかな?と思ってたけど、泣かなかった。
 そりゃたしかに嬉しいけど、これで(就職活動が)終わりなんだという思いよりも、(いよいよ社会人としての自分が)始まるんだという思いの方が強い。不安と期待と安堵が入り交じってる感じかな。開放感みたいなものは残念ながらあまりない。少なくとも今のところは。

 そんな状態だから、実はまだほとんど誰にも伝えてない。伝えなきゃいけない人は一体何人いるのだろうか?よくわからないや。もう少し落ち着いたら見えてくるのかもしれない。もう決まってるのだから、焦ることなくゆっくりと報告していこうと思う。

 さて。どこに就職するのかというと、某大手電機メーカー。僕としては具体的に名前を出しても構わないのだけど、Googleか何かで引っかかったりして誰か別の人に迷惑がかかったらいけないので一応伏せておきます。知りたい人は遠慮なくメールでも何でも言って下さい。歓迎します。

 色々と書きたいことがあったはずなのに、全然まとまらない…。自分としては冷静なつもりなんだけど、どこかで興奮している部分もあるのだろう。少しずつ書いていきたいと思います。何だかんだ言って、とても貴重な経験だったので、文章として残しておきたいという思いが強い。ということでしばし就職話におつきあいを。


 無事、内定(内々定)をもらうことができました。ご心配おかけしました。
 想像していたよりもあっさりしてて、まだ今一つ実感がわかないのだけど、きっとこれからまた色々な思いが生まれてくるのではないかと。詳しくはまた後で書きます。
 あー、長かったぁ。


 久々に研究室から。現在はシミュレーションの結果待ち状態。夕方前から取り組んでいるものの、まだグラフが完成せず。明日かな。

 それにしても眠い・・・。基本的には寝不足の感じなんだけど、なぜか気力が充実してて体の中から何かが溢れてくるような感覚であるものの、ふと気を抜くとそのまま寝てしまいそうな状態。ってわかりますかね。例えば朝早く旅行に行くとき。あまり寝てなくて眠いけど気持ちがそれに勝っているというか。ここ3日間ぐらいその状態…。睡眠時間は5,6時間ちゃんと取っているのだけど。原因は何だろうと考えてみると、やっぱりあれだろうなと。思い当たるのはあれしかない。あれですよ。
 ということで、"あれ"。最終選考の結果。明日連絡来るのかな?1週間から10日。最短なら明日になる。明日1日はそわそわして過ごすことになりそう。明日何もなく過ぎると、週末をそわそわして過ごすのだろうか…。正直つらいです。ピース。

 そろそろ帰ろうかな。今日も午前様。お腹減ったー。


 研究室を出るのが22時過ぎたら、家に帰るのは次の日!もう最近は寝に帰っているような状態で、そのまま研究室に泊まった方が効率的なのでは?と思うことがしばしば。やっぱり朝が遅いのがいけないのかなあ。今日も0時過ぎに帰ってきて、ご飯温めて食べて、新聞読んでお風呂に入って、今やっと一息ついたところ。
 多分あと2時間ぐらいはまず寝られないだろうから(ご飯食べたばかりだし)、そうするとまた明日起きるのが9時とか10時とか。で、研究室にお昼過ぎに到着する感じで、昼ご飯を食べるのは15時前後。着いてすぐ食べちゃうと夜までもたないのである。それでも20時を回ってくるとお腹が減って辛いんだけどね。ついつい机の引き出しにしまってあるカップ麺に手が伸びてしまいそうになるけど、我慢我慢。そしてまた21時、22時まで研究を続けて・・・このループである。
 こんな生活リズムは良くないね。夜は0時前後には就寝、朝は7時に起床!通勤ラッシュにもまれて、朝9時には学校到着!12時には研究室のみんなと一緒にご飯を食べ、19時には帰宅。帰りも通勤ラッシュ!・・・果たしてどっちがいいのだろうな。


 今日は色々なことがあった。喜び、怒り、悲しみ、そして安堵。本当に様々なことが一度にやってくる。地に足をつけていないと、いつしか自分を見失ってしまいそうだ。


soukana.jpgそうかな/小田和正

 アルバムタイトル『そうかな』は"相対性の彼方"の略。めちゃくちゃかっこいい。僕が知っている日本語のアルバムタイトルで間違いなく一番。
 どうでもいいけど、語尾は下げるのだろうか?


receipt.jpg こんなレシートがカバンから出てきた。1000万円で文庫本1冊買ったらしい。おつりとしてもらったはずの999万9000円が見あたらないんだけど、どこにいってしまったのだろうか。


PICT0876.jpg

 最終選考の結果待ちという状態は、想像以上に精神的に辛いみたいである。今までは流れ作業的に、通過・不通過の連絡を処理してきたけど、今回のは一味違う。まずこれでもう後がないというのと、そして何より、僕が心に決めた仕事ができるか、企業に入れるかどうかがかかっている。
 できるものなら、連絡がくるまで家に引きこもっていきたい。まあ内定が出ようが出まいが、終わりを受け入れなければいけないのだけどね。僕が大切にしたいと思っていた世界の終わりを。どちらかというと、そのことの方が辛いのかもしれない。困ったね。


silkdegrees.jpgSilk Degrees/Boz Scaggs

 あまりにも有名なこのジャケット。渋い。ベンチにかかる女性の手は一体何を・・・?ボズ・スキャッグスの出世作であり、AORの最高傑作の1枚だろう。グラミー賞を取ったりもしているので、名実共に歴史的名盤。


scene07.jpg

If that's what it takes.


 英語で言うとDentist in the rain(?)。今日の夕方、雨が降っている中、駅前の歯医者に行ってきたというだけです。
 昔治療した奥歯のつめていたところが欠けて穴が開いた状態になっていたので、それを治しに。しかし何歳になっても歯医者は怖い。注射なら何本されたって平気だけど(多分)、歯医者はあの治療機器の音を聞くだけでもうダメである。


billy.jpgGREATEST HITS vol.1&2/Billy Joel

 未だに正体不明のピアノマン。僕はこの"ピアノマン"という言葉を耳にする度に、"It's nine o'clock on a Saturday?"と、ビリー・ジョエルの<Piano Man>を思い出してしまう。今回の騒動のおかげで、彼のアルバムの売り上げが伸びたとかどうとか。ちょっと前にベストアルバムが発売されたが、あれとタイミングば合えばもっと面白いことになっていたのではないかと思う。


06-10_10-37.jpg 最終選考に臨むべく、本社がある東京・丸の内へ。
 うーん、丸ビル!大都市・日本の首都、東京という感じである。いつの間にか東京駅近辺には高層ビルが立ち並んでいたけど、どれもこれも似たようなデザインで個性がない。ちょっと寂しい。オフィス街なので、それはそれでいいのかもしれないけど。
 ちなみに、受けているのは丸ビルに入っている企業ではありません。


 5時半を回ってしまった。全然眠くない。緊張してるのかな?それとも興奮してるのかな?9時過ぎには家を出なきゃいけないので、ここまできたらこのまま起きていた方がいいのだろうか…。いやいやいや、徹夜明けで最終選考にのぞむなんて前代未聞!というか単なる大馬鹿者である。
 羊を数えてみるも途中でその気力もなくなり、難しい本なんて今さら読む気になれず、退屈そうな音楽流してみてもうるさく感じるだけ。うーん、大丈夫なのだろうか…?


PICT20050609.jpg

 ついに勝負の時がやってきた。明日、最初にして最後(になると期待している)の最終選考を受けてくる。正直、めちゃくちゃ緊張している。後がないので不安だし、怖いし、何となく逃げ出したい気分。でもそれと同時に、やらなくちゃいけないんだという思いも強い。
 どんな準備をしたら良いのかわからないのだけど、とりあえず研究内容のプレゼンは何度も一人リハーサルをやった。面接についても僕の想定し得る範囲内の問題に対しての答えは一通り全て考えた。リクルートスーツの準備をし、持ち物の確認をし、本社の場所の地図をプリントアウトした。髭も丁寧に剃った。
 あとは天に任せるのみ…。

 さて。9回ツーアウト、最後の打者に挑んできます。これでね、決めたいんだ。


0608.jpg

 今日の夕方、ちょっと社会人の友人と会って2時間ばかり話をした。しかしな、どうしてこう僕の周りには次々と迷える子羊がやってくるんだ・・・。自分のことで精一杯なのに・・・。


 今日はゼミの後に、凄くいい話ができた。そのお話。
 同期でようやく内定が出た人がいて(しかも1日に2社まとめて!)、それはそれでめでたいことなのだけれども、実はあまり何をやってる会社なのかわからないまま受けていたので、果たしてそこにいっていいのか、それとも別の企業を受けた方がいいのかで悩んでた。贅沢な悩みのような気もするが、本人にとってはかなり深刻な問題。
 それで、既に民放に内定をもらってる同期と僕とで相談に乗り、最後はそれぞれお互いの価値観を語り合った。今日初めて、俺は研究室でいい仲間に出会えたんだなと感じた。


 いよいよ今週の金曜日に最終選考。もうこれが最後の駒で後がない。落ちてしまうと結構大変なことになってしまう。どうするんだろうな・・・就職担当に泣きつくのだろうか…。まあそんなことは考えず、(根拠不明な)自信を持って挑んできたいと思う。いよいよだなあ。

・サイぱんだ
 サイパンのマスコット的存在(?)、"サイぱんだ"をご存知だろうか?誰が考えたのか知らないけど、顔・体はパンダで鼻だけサイ。そのふざけたネーミングにぴったりのマヌケ面である。全然かわいくない。
 で、研究室のM1が明日からサイパンに行くらしい。ダイビングのライセンスをとってくるのだとか。いいなあ、羨ましい。そういえばサイパンには"グロット"という有名なダイビングスポットがあって、たしか100段以上の階段を下ってポイントまで移動する。行きはなんとかなるかもしれないけど、帰り器材背負って100段以上の階段を上るというのは辛そうだな。でもそれだけの価値がある地形スポットみたい。ブルーホールが見られる。いつか潜ってみたかったんだけどね。ただ、世界中のスポットで潜った人曰く、宮古の地形が一番らしいので、どうなんだろうな。たしかに"魔王の宮殿"で目にした、光が海底に注ぎ込む光景は未だに忘れられないけど。

・衣替え
 僕の記憶がたしかならば、そろそろ衣替えの季節。1日からだっけな?今日も日中は気温が上がって暑かったけど、僕は未だにジャケットを…。理由は夜涼しくなるのと、ポータブルHDDプレーヤーを入れるポケットが欲しいため。後者についてはなんとかするとして、21時過ぎると涼しくなるのでまだシャツ1枚は無理。暑いのは平気だけど、とにかく寒いのが苦手なのである。
 それにしても日が延びた。18時過ぎても全然明るかったため、研究室にいる連中はもう18時?と驚いてた。今週末には台風がくるかもしれないとか。そうすると沖縄はもう梅雨が明けたのかな(台風が来ると梅雨明けだった気がする)。関東の梅雨入りはいつだろう。本格的に夏が始まるね。


dreamwalking.jpgDreamwalkin'/Eric Tagg

 リー・リトナーが発掘してきた(多分)ボーカリスト、エリック・タッグのソロ・アルバム。これからの季節にぴったりの1枚。甘い声と、きっちりと仕事をしているバックミュージシャン達の演奏が何とも心地よい。


 僕は、ブログを書くときは大体こういうことを書こうと考えてから書くというか、あらかじめある程度まとめてからパソコンに向かうんだけど、今日は残念ながら何も出てこない。パラパラとは思いつくものの、結局どれもまとめきれなかった。まあでも、そんなネタも一応下書きとして保存しているので、いつか日の目を見ることがあればいいなと思う。ということで、適当に掻い摘んだような文章で申し訳ないのだけど・・・。

・身の回りすっきり化計画始動
 とにもかくにもモノが多すぎるので、最近少しずつ本・CD以外を処分し始めた。いつどこで何があるかわからないしね。なんてことを言ってみたりして。
 懐かしいものが色々と出てきたけど、いちいち思い出に浸っていては全然進まないので、普段使ってないものは二度と使わないんだぐらいの勢いで処分しまくり。

・3年前の日記
 実は僕、結構マメなのかもしれない。というのも、高3の終わりぐらいから日記というか文章を書き続けている。毎日ではないものの、それなりに日常生活が書かれていた。最初は自分でHTML書いて編集、次は日記CGIプログラムを使用、そして日記サービスのMEMORIZE。その後このブログと続いてきているわけだけど、今と全然違うところもあるし、変わってないところもあって割と面白い。
 そしてなくなったと思っていたCGIプログラムのログが出てきた。3年前の今頃は、ワールドカップ三昧だったらしい。そういえば埼玉スタジアムにイングランド対スウェーデンを見に行ったりもした。なぜか理工学部の教室で日本代表戦が観られたりもした。来年のドイツW杯はどこまで楽しめるのだろうかな…。

・バイト料が!
 先月のバイト料がやたら多かった。僕がやってる翻訳バイトは出来高払いで、この4月から仕事数も減ってしまったのでほぼ月固定みたいな感じだったんだけど、なんといつもより10万以上多い!うーん・・・これはボーナスなのか!?などという考えが一瞬頭をよぎったものの、なんのことはない、単なる振り込みミスとのこと。それにしては何となくあり得ない金額なんだけど、返金してくれとのことなので(当たり前だ)、きちんと返金した。こういうとき、ネットバンキングがあるので本当に便利である。


06-04_22-23.jpg 我が家には全部で6台のエアコンがある。なぜか父親の部屋にはないんだけど、他の部屋には全てついてる。モデルルームだったので1Fは全部最初から備え付けで、2Fは前の家から持ってきたやつを取り付けた。で、このエアコンがバタバタと壊れだしている。
 写真は和室にあるエアコン。よくある1室だけ和室、というやつ。一応客間として使われているんだけど、客なんてこないので普段は物置代わりに…。畳の匂いがたまに恋しくなる(?)ので、年に数回ここに布団を敷いて寝たりしてます。

 今の家に引っ越したのが1994年春なので、もう全部のエアコンが最低でも11年強使用。そりゃ壊れてもおかしくないというか、むしろよくもってくれたよなと思う。日本の家電って凄い。母親の寝室にあるエアコンなんて、僕の記憶が確かならば16年は経ってる。そしてこれが未だに我が家最強の冷却性能を誇ってるところが何とも素晴らしい。

 壊れているのがリビング、ダイニング&キッチン、そして僕の部屋にあるエアコンの計3台。ダイニング&キッチンのやつは調子が不安定というだけなので、様子見らしい。リビングは全く効かず、窓を開けた方が風が入ってくる分涼しいというひどい状態(だから夏は誰もリビングにいない)。一応修理で見てもらうらしいけど、ダメだろうな。僕の部屋のエアコンは、暖房が効かないという理由でなぜか今頃買い換えることに。今年の冬は寒かったよ。
 それでどのエアコンがいいのか電気店に足を運び色々比較したり、パンフをもらってきたものの、今のエアコンはよくわからない…。どれだって同じような気がするし、マイナスイオンだ、除菌だとうさんくさい機能も満載。父親は「どうせ出て行くんだから別に買わなくてもいいだろ」と言ってるんだけど、そんな寂しいこと言わないで頂きたい。


19歳の時から持っていたGE CARDの限度額が20万から50万に大幅アップ!キャッシングも10万から40万に!キャッシングなんてしたことないけど。
3年半使い続けて、クレジット会社に信用されたのだろうか?普段クレジットカードなんてアマゾンの買い物と携帯の支払いにしか使ってないけど、何となく嬉しい。


チョコレート。
出張で韓国に行ってた父親が、お土産としてもらってきたとか。これ1個で100円するらしい。日本人なめられすぎ!


 共同研究の会議に出席してきた。うーん、何だか微妙だった。話があっちこっちに飛んで収集がつかなかった。教授の一貫性のなさには困った。いきなりプレゼンしろと言われて、うまく喋ることができなかった。そんな自分を情けなく思った。次までには何とかしよう。
 実りのある話し合いはできなかった気もするけど、それ以外の通信業界の話は面白かったかな。ライセンスがどうとか、今後の見通しやらコストやら。大学の研究室だとどうしてもそういった社会情勢を知ることができないから、興味深かった。ちなみに先日、携帯事業者の新規参入を認める方針というニュースがあったけど、うちの教授はその審議会に出席していたり。やはり凄かった。
 まあ何か結果を残せればいいね、ぐらいで。とりあえずベストは尽くします。とか言いながら、その話し合いで疲れてしまったので20時前に研究室を退出してしまったのだけど。

06-03_22-19.jpg 手みやげに文明堂・三笠山のどら焼きを頂いた。研究室には4人しかいなかったので、1箱を山分け・・・。6つももらってしまった。ドラえもんじゃないんだからそんなに食べられないよ。1個食べたけど甘過ぎ!やっぱりあんこはダメだなあ。


 6月に入っていきなり風邪をひいてしまったらしい。微熱があって、喉が痛く、軽い吐き気が…。季節の分類上今月から夏になると思うので、史上最速で夏風邪!早くも夏を先取りしてしまいましたよ。
 昨日学校から帰ってきて、23時前に晩ご飯を食べようとしたところから何だか体調が変だということに気づいた。ご飯は残さず食べられたけど、食後に用意されていた好物のグレープフルーツは胃が受け付けなかった。日中の温度差が激しいからなのか、それとも精神的なものなのか。不規則な生活と、栄養バランスの崩れた食事、運動不足・・・その他にも考えられる要因はもろもろ。体がやわになってきているな。まいったな。年をとるにつれ、だんだん風邪をひくのが辛くなってきている。
 とは言え、明日は合コ・・・もとい、共同研究の会議があるので休むわけにいかない。あまりにもひどかったらさすがに休ませてもらうけど、とりあえず可能な限り行く方向で。なにしろ、向こう側と具体的な話ができないと僕も今後どう研究を進めていいのかわからないのである。正直な話。


今日はずっと家で僕の大好きな音楽を聴き続けてる。

外は雨。ちょっと冷たい空気が気持ちいい。

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292