2006年9月 archive


0902sunrise.jpg
(2006.9.2 5:50, 兵庫)

 朝早く目が覚めたら、こんな空だった。


 関東復帰1日目。当たり前だけど全然変わってなくて、でもみんな温かく迎えてくれて嬉しかった。ひたすら、今回みたいな機会では同期との繋がりを深めることが大事だと説く上司、お世辞かもしれないけど僕が早く帰ってくるのを心待ちにしてたと言ってくれた先輩。改めて、いかに自分が良い職場に恵まれているのかということを実感しました。

 とは言うものの、午前はメール処理やら事務手続きに追われてあっという間に終わり、午後からようやく通常業務に入れたのだけど、今まで1ヶ月以上やってきた内容とほぼ変わらず…。新鮮味が無いといったらぜいたくなのだろうな。これまでの経験を活かし、さらに上を目指していきたいです。

 やっぱり自分で何かを作って、それが誰かの手に渡って、喜んでもらえたり、役に立ったり、利益をあげるっていうのは、この上ない喜び。

 そして代休があるので3連休。


 戻ってまいりました。わけあってこんな時間に・・・。しかしもの凄い郵便物にメール。きっと会社も同じなんだろうな。明日はそういった事務処理だけで1日潰れそう。それより何より、楽すぎる生活に慣れきっている僕は、ちゃんと会社にいけるのだろうか?そして仕事に復帰できるのだろうか?

 このブログもだましだましやってきたけれど、もうしばらくしたら、元に戻る予定です。今まで以上に内容の充実化を図りたいと思ってます。それまでしばしお待ちを。


いよいよ関西ともお別れ。というわけで在庫処分です。


ホールが530円だったので、思わず購入。同期と2人で食べる予定です。


 関西に来てちょうど5週間。そしていよいよ今週関東帰還です。長かったな…。仕事以外でも色々なことがあったし、24の夏としては十分すぎるぐらいの経験ができたのではないかと思ってます。ここ数年の中ではそれなりにいい夏だったと思う。もう秋なんですよね。

 この2ヶ月ぐらいずっと悩みつづけていたことの答えが、答えらしきものが、ようやく見つかりました。つかみかけた幸せに必死にすがろうとしていた。絶対になくしてはいけないんだと思ってた。でもそれは違っていて、僕は根本的なことを忘れかけており、大事なことを見失ってただけだった。

 最近、"人生"というスパンで考えることが多くなってます。まだそんなこと考えなくていいのかな?よくわかりません。

 願わくば、光の差す方へ。


関西最後の日曜日です。


関西最後の週末なので、京都に行ってきます。すごくいい天気です。ワクワクしっぱなし。


同期4人で懐かしの桃鉄をしてます。4人中3位です。正直どうでも良くなってきました。キングボンビーと一緒に旅をし続け、借金まみれです…。

あー、今ドジラが上陸しました(わかる人にしかわからない)。


オーディオテクニカのヘッドフォン、ATH-CM700Tiを買いました。今まで何度か買おうとしてたのだけど、定価16500円とイヤフォンにあるまじき値段なので躊躇してたのです。今回ちょうどと言うか何と言うか、今まで使ってたやつが壊れてしまったので思い切って購入。

まだ少ししか聴いてないけど、カナルタイプのイヤフォンが生理的にダメな僕にとって、ケンウッドのポータブルHDDプレーヤーと最強の組み合わせになってくれそうです。


ずっと当たり前と言うか、お決まりになっていたことがふとなくなると、寂しいし、不安になる。でも忘れかけていた頃に再びあるとすごく嬉しい。なんかそういうことを最近いくつも経験しました。当たり前だけど、自分の世界は自分で回すしかないのかなと。

いきなりF1の話題になるけど、鈴鹿GPが来年開催されないのがすごくショックです。ミハエル最後の鈴鹿ということで、完璧なお膳立て。でも冠スポンサーのフジテレビはどうするんだろう・・・TV放映してくれることを祈るばかり。今年も日本GPは生ですね。しかし開催国でF1を生放送してなかったのは日本ぐらいじゃないだろうか。

再来年、鈴鹿が帰ってきてくれることを祈って。あそこはF1をやらなきゃいけない場所なんだよ。


イヤフォンの片方しか音が出なくなってしまった…。ケンウッドのポータブルHDDプレーヤーに付属していたものなのだけど、それなりに音が良かっただけに残念。こうなったらオーディオテクニカしかないかな・・・。


DSのスーパーマリオブラザーズ。これはすごいと思った。


いよいよ終盤、ずっと取り組んできた内容も最終フェーズへと入ってきました。これが世に出ることはないけれど、きちんと客先の要求仕様を満たすような“ものづくり”をしてます。今まで取り組んできたことが、1つの「形」となるのはいいなと。

前にも書いた気がするけど、僕がメーカーを選んだ理由はここにある。形あるものに、しばらくはこだわっていきたい。きっと、いつか形のないものを信じたいから。

関西に来てまる4週間。携帯代が結構すごいことになってます。やっぱりノートPCを持ってくれば良かったな。失敗です…。


 3連休の真ん中、皆さんいかがお過ごしですか?タイトルどおり僕は三連休なんて関係なく、明日も仕事があります。理由はおそらく(会社が)関西での宿泊費をケチりたいから。来週の木曜に関東に帰るのだけど、それだったら明日を休みにして、金曜終了にして欲しいものです。

 久々にパソコンからの更新なので長い文章を書きたいのだけど、日々平穏な生活を送っているため特にネタがありません・・・。

 とりあえず今週末。昨日はすることがあまりにもなくて、目的もなく同期たちと30分歩いて近所の(?)ショッピングモールに行きました。靴を買い、カフェでNYチーズケーキパイなるものを食べ(おいしかった)、本屋で時間をつぶし、焼肉を食べ、台風に備えて食料の買い出しを。そう、台風です。天気予報を見るときについつい関東に目が行ってしまうのだけど、ここは兵庫県。現在少し雨は強くなってきたのだけど、上陸はなさそうですね。

 今日はそういうわけで、雨だ、部屋に引きこもりだ、夕食はカップ麺だ、と覚悟していたのだけど、昼過ぎにどっか行こうと誘われ、気づいたら映画『ワイルドスピード×3』を観ることになってました。観ないと言ったのにチケットを渡されました。これは近年稀に見るひどい作品で、対象年齢は中学生までだと思いました。改めて1エントリーを使うまでもないので、これはこれだけで。夕食はその近くで軽く済ませ、お腹が減ったらカップ麺。あんなかさばるものを持って帰るわけにはいかないから、こっちで食べていくしかないのです。

 さていよいよ関西での生活も2週間を切り、多分明日からの仕事はあっという間に終わり、週末もすぐに終わり、来週もすぐに終わって、関東です。そろそろリハビリというか、あまりにも楽すぎる今の生活から元に戻るのだぞという心構えぐらいはしておきたいところ。今はとにかく広いところで思いっきり音楽が聴きたい。そして海に行きたい。


暇だから同期に借りて読んでみました。・・・こんな雑誌を頼りに投資なんかできるわけないと思いました。

世の中本当に様々な情報が氾濫してますね。問題は、あたかもそれが正当なように扱われていること。マスコミは自分たちに利益があればそれでいいと思っているのだろうか?一応「日経」を名乗っているのだから、もう少し良識ある内容にしてもらいたいものです(日経新聞も扱う内容はいいけど、それに対するコメントはたまにひどいときがありますよね)。


スタン・スミスが5000円だったので買ってしまいました。なんで関西にきて靴を2足も買ってるのかという…。でもちょうど今のがボロボロで新しい靴が欲しかったので、いいタイミング。

いつからかスニーカーは白ばかり選ぶようになった。真っ白な靴を履くとなんだか嬉しくなります。


※事情により記事をアップできなかったので、内容大幅減でお届けします。

14日に上々となったミクシィ株が高騰してますね。元々公募価格もすごかったけど、この人気は異常ではないかと。

僕はミクシィをやってないので、そのサービスの概要を知っているだけであり、500万人とも言われる利用者たちの気持ちはわからない。でも、どう考えても時価総額2000億円は高過ぎでしょう。売り上げは求人サイトの方が多いらしいけど、それでもたしか20億円程度。PERは200倍と、何やら危険な予感です。

市場が最終的には“効率的”な状態に落ち着くのなら、株価は適性価格に収束するはず。2000億の企業って結構すごいですよ。もちろん、年間売り上げ数十億では許されないでしょう。どんな新しいサービス・収益モデルが出て来るのかは知らないけど、経営者は大変ですねこれは。


最初どうなることかと思った1ヶ月以上の関西での生活も、気付けばあと2週間。いや、これは嘘だな・・・関東に帰りたくてしょうがなくて、ずっとカウントダウンしてました。正直、ようやくという感じです。横浜が恋しくてしかたない毎日(一度週末に帰ろうかと思ったけど、往復で3万かかるので断念)。

関西で何をしてるのかというと、実は別にたいしたことじゃないのです…。同期との繋がりは強くなったけど、それ以外で得られているものがあるかどうかは疑問。まあそういうのも大事なのだろうし、おそらく一生に一度できるかどうかの経験だから、恵まれているんだなと思わなければいけのかな。

平日はほぼ毎日あった“部屋飲み”は、新鮮味がなくなってきたのでちょっと頻度が下がりました。改めてケンウッドのポータブルHDDプレーヤーの音の良さに感動しました。今週末は今のところ土日両方ともすることがありません。大阪、神戸の街は歩いたので、あとは京都に一度行っておきたいです。髪が結構伸びました。こっちで切ってもらいに行った人も何人かいるのだけど、仕上がりを見るとあまり行く気にはなれません…。

あと2週間。もう少しだけ、何かを見つけられたらなと思います。


自分の能力不足を認めざるを得ないことがありました。そんなのたいしたことじゃないと思ってる一方で、ある勝負において完全に負けているのも事実。やっぱり悔しい。

まあ、そういう環境に身をおけてるというのは、チャンスのような気もする。決して今の状況に満足することなく、あくまでも上を目指し続けていきたい。

長い関西ロードも、日付が変わればあと2週間。いい形で関東に帰りたいと思います。


今回もルルのお世話に…。ちょっと風邪気味。たっぷり休める環境なのが、嬉しいと言えば嬉しい。


 イタリアGP終了後、ミハエル・シューマッハは今シーズン限りで引退することを表明した。分かりきってた結末。元々この日に進退を語ることになってた。彼は見事レースに優勝してみせ、そして優勝会見の場で引退を発表した。これ以上ない最高の場だった。

 1つの時代が、これで確実に終わる。これまで築き上げた数々の記録は、この先まず誰にも破られることはないだろう。記憶にも、記録にも残るドライバーとして、後世に語り継がれていくのは間違いない。僕らは皇帝の走りを見られたことを、同時代に生きられたことを、感謝しなければならない。

 今シーズン残りあと3戦。伝説が、幕を閉じようとしている。


愛に負けるか。欲に勝か。
それでも人生は、運が決める??


 先日、梅田ガーデンシネマでウッディ・アレン監督の『マッチポイント』を観てきました。まさか関西で彼の作品を観ることになるとはね。

 テニスのネット上にボールがのったとき、それがどちらのコートに落ちるかは、時に運が左右することもあり、そしてその運がゲームを決めることもある。人生においても「運」の要素が非常に大きいのではないかとのこと。引退したテニスプレイヤーの主人公はテニススクールの先生になるのだけど、そこで出会った生徒との偶然の出会いから、一気にサクセスストーリーが始まる。でも愛欲に溺れて事態はあらぬ方向へと向かい・・・そして結末は「運」が決める。

 ここ最近の彼の作品と比べて、まず一番の違いは撮影場所がお決まりのNYではなくてロンドンということだけど、何より笑いが最初の1シーンしかなかったのには困惑させられた(観客は誰も笑わなかったけど・・・)。非常にシリアス。前作の『僕のニューヨークライフ』でも暴力的なシーンが気になったが、やっぱりNYテロを引きずっているのかな?と思わずにはいられない。

 誤解を恐れずに言ってしまえば、あのテロで命を落とした犠牲者たちは、「運」が悪かった。あのとき、たまたま展望台に上がっていた観光客、たまたま出張に出ていたワールドトレーディングセンターに勤めているビジネスマン。人の命を「運」の一言で片付けてしまうのはあまりにも軽率な気もするけど、この両者の違いは「運」としか言いようがない。僕らは、人生に「運」が味方してくれることを、ただただ待つしかない。

 いい作品だったと思います。ストーリー自体は単純なんだけど、実はかなり深いんじゃないかと。たしか次回作の舞台も、"空がいつも灰色"のロンドン。次は関西で見ることはないだろう・・・。


映画を観にきました。しかしなんだってこんな場所に・・・(というところにあるのです)。

あとは1日ずっと梅田を歩き続けたので、だいぶわかってきたかな。ネオンが怪しく光るところにも迷い混みました(怖かった)。それにしても地下が複雑すぎ…。


まったり飲みです。実は先週から平日はほぼ毎日…。


雨が降ってやることないので、DSを借りました。ゲームなんて久々だよ。マリオ!


今日はザーザー降りで、定時後恒例の野球もできず、ぽっかりできてしまった時間をうまく使えずに1日が終わっていった。たまにはこんな日もいいのかな・・・。

関西での生活にも、そろそろ閉塞感が。みんなそれぞれの事情を抱えているというのに、距離が近すぎなんだよね。まだ先が長いだけにちょっとまずい。そんな光景に目を覆いたくなるも、どうしようもない毎日だけが続く。これは明らかに必要ではないこと。週末帰ろうかな、なんて本気で考えてみたり。でも帰ってしまったら、絶対戻る気にならないだろうから、そういうわけにもいかないのだろうな。

あと、こっちにきて、あまりにもたくさんのものを背負っていたことに気付いた。この前見た映画のラフじゃないけど、僕はこれまで、それなりに必死になって、下書きの線を描いてきた。それでいいのは多分学生までで、そろそろその中から1本線を決めなければいけない。でも、それで絵が台無しになってしまうのがすごく怖くて。もしダメになったらまた描き直せばいいのだろうけど、その自信がなくて、いつまでもキャンバスの前でラフを眺めているだけ。本当に大切なものを失う前に、少し手を伸ばして、抱き寄せないといけないのかもしれない。二度といつかの後悔をしないためにも。

どうやら、関西は明日も雨みたいです。


先週の土曜、同期5人で映画『ラフ』を見に行きました。山奥の生活だけど、歩いて映画館に行けるっていうのは素敵だと思います(30分ぐらい)。朝1回目の上映だったので、僕らの他には地元の中学生ぐらいの子が数人いる程度だった…。

映画はひどかったということで全会一致。原作を知ってる人に言わせれば中身スカスカ、話変えすぎとのことだし、内容をあまり知らなかった僕も楽しめるところはなかった。ただ一つ、昔経験した悔しい気持ちをどういうわけか思い出した。それらのいくつかはまだ僕の胸に残ってるし、あとはどこかに消え去ってしまった。

それで、映画で興味を持った人が原作を全巻揃えたので、借りて一気に読みました。こっちの方が断然面白いね。H2といい、タッチといい、今になってあだち充作品が映画・ドラマ化されている理由が気になります。


神戸空港に行った後、三ノ宮から元町まで(そして再度三ノ宮まで)ぶらぶらと歩きました。高校生の時にも一度来たことがあるのだけど、今回すごくいい街だなと感じました。ここなら将来住めるかもしれない…。


ケーキセット。レアチーズケーキ、デンマークチーズケーキ、ともに好物です。これで600円しないのは安いと思う。幸せでした。


港でまったりと。海はいいね。


神戸と言ったら神戸牛!しかし値段が高いので普通の肉で…。でも目の前の鉄板で焼いてくれて美味しかったです。


空港大好きです。神戸に作る必要があったかどうかは甚だ疑問だけれど…。


クマのプーさんを捕まえました。最近のUFOキャッチャーは何回かやることが前提になっていて、何か違いますよね…。小さい方は100円で2つ落ちてきたけど。


同期で花火をしました。十何年ぶり…。まさか関西に来て花火ができるとはね。夏の終わりという感じがして良かったです。

その後に見上げた星空も綺麗だった。いつまでも絶えることのない同期の笑い声がひどく胸に響いた。

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292