2007年8月 archive


サラリーマンも大変だよ。トホホ…。


demio.jpg

 みなとみらいに行く用事があったので、ついでに赤レンガ倉庫に寄ってみたら、マツダのデミオ展がやってました。大きくモデルチェンジしてきたこのデミオ、ヘッドライトからして某ライオンのマークが特徴のメーカーそっくり。暇だったのでのぞいてきました。

 最近は、軽自動車を除けばどこのメーカーもヒット車はこのセグメントからですね。高速での安定性がないのと、重量を積むとちょっと苦しいのを除けば、日本の街乗りにはちょうどいい。文字通り足代わりとしてはぴったりでしょう。残念ながら試乗体験はなかったので、走行性能についてはよくわからないけれど、そこはマツダさんの伝統を継承しててくればなと思う。

 エクステリアは、まずまず好み。特に解放感のあるフロントガラスと、綺麗にまとまったホイール周りがいいなと思う。ただし、今ひとつなのがインテリア。なんか全体的に安っぽいのと"ぺなぺな感"が残念。絶対ターゲット層は(20?30代?)女性だろうなとわかるこのインテリアはよろしくない…。日本メーカーは総じてインテリアが不得意なので、少し海外メーカーを見習ってもらいたいものです。


おまけ

 その裏で、防災フェアみたいなのをやってました(こっちの方が人が多かった)。白バイやら消防車、あと自衛隊の各種車両なんかが勢揃い。結構貴重だと思う。ベイブリッジがバックの装甲車というのもシュールですが。

20070825332.jpg


bboardlive.jpgSteely Dan
Billboard Live TOKYO

2007.8.20 2nd Stage

Donald Fagen(vo, k)
Walter Becker (vo, g)
Keith Carlock(ds)
Jon Herington (g)
Ready Freddie(b)
Jeff Young(key, cho)
Michael Leonhart(tp)
Jim Pugh(tb)
Walt Weiskopf(sax)
Roger Rosenberg(b.sax)
Carolyn Leonhart(cho)
Cindy Mizelle(cho)

 東京ミッドタウンにオープンした、ビルボードライブでスティーリー・ダンのライブを観てきました。まさかこんな日が来るとはね・・・。公演はあと2日あるので、これからの人はまだ見ない方が良いです。


 ついに来てしまいました。いよいよ明日、神様とのご対面。スティーブ・ガッドも僕にとって神様のような存在だし、クリスチャン・ツィメルマンもやはり神様だった。なんか神様がいっぱいでその価値が落ちてしまう気もするが、スティーリー・ダンはその比ではない。神をも超越した存在なんていうと、もはや言葉だけが一人歩きしてしまって完全な逆効果なので神様にとどめておくけれど、とにかく高校生の時から大好きだったのです。こんなにワクワクするのは人生で今まで何回あっただろうかというほど、既に興奮しまくってます。

 問題は仕事をちゃんと切り上げられるのか、初東京ミッドタウンなので無事たどり着けるのか、そして何を着ていくのかということ。無事会うことができたら、僕の総力を結集して(たいしたことないけど)レポートを書き上げます。ご期待下さい。


 経済が面白い。面白いなんて悠長なことを言ってられないぐらい事態は深刻っぽいのだけど、こうも因果的に動いてくれると、筋書きのあるストーリーのような気さえしてくる。8/17の1日だけで、東証一部上場企業の時価総額はおよそ27兆円吹き飛んだとか。いまいちパッとこない数字だけれど、トヨタがこの世から消え去ったぐらいですかね。FRBが公定歩合を下げて同日のNYダウは反発したらしいけど、さてさてどうなることやら。

 過熱気味の株・投資信託ブームにも一段落でしょうか。あちこちで開かれている金融機関のセミナーなんかでは、この状況をどう説明するのか非常に興味あるところです(「このような状況に対処するためにも、分散投資が有効です」なんて言ってくるのだろうか?)。まあ一連の出来事を見て、いかに専門家の言うことがあてにならないかがよくわかったと思います。誰でも彼でも投資、みたいな風潮は、全て販売(運営)手数料収入で食ってる人たちの陰謀と言っても過言ではありません。それぞれが自分にあったスタイルで、頑張って稼いだお金を運用していけば良いわけです。

 最近話題になってたFXも、追い証連発で痛い目に遭った人たちが大勢退場しただろうから、一刻も早く、FXで1億円儲ける!なんて馬鹿げた本が書店から消え去る日が来ることを願います。1円動いたら10万円変動するなんていう世界は、きちんとコントロールできる人でなければ決して足を踏み入れてはいけないと思う。

 僕は金融アドバイザーでもなければ、何チャラ評論家でもなく、一介の研究者に過ぎないので責任あることは言えないけど、こういう時は、市場が落ち着くのを黙って見てれば良いのでしょう(ここぞとばかりに動く投機的行動を取るのも自由だけれど)。円安は過熱気味なところがあったのかもしれないけど、株価がきちんと業績を評価したものであったならば、どうせそのうち元に戻ります(それにどれだけの年月を要するのかはわからないけど)。それにしても、電力株の安定具合には恐れ入りました。


20070812fworks.jpg

 失われた夏を取り戻す。僕にとって花火は、そのために必要なものの1つなのかもしれない。

 8月1日、みなとみらいで行われた神奈川新聞花火大会に行ってきた。たまたま仕事が休みの人たちが場所を取っておいてくれたので、仕事をさっさと切り上げて18時半頃に合流。朝早くから場所取りをしてくれたようで、すごくいい場所で花火を堪能することができました。花火大会で花火を見るのは、8年ぶりかな。目の前で打ち上がる花火の美しさに、すっかり見とれてしまった1時間強だった。静と動、日本の花火は間違いなく世界一ですよ。二尺玉にも大興奮。会社の同期たちはひたすら携帯での撮影を試みていたけれど、もったいないよなあと思う。冬の間せこせこと仕込んで(想像ですが)、一夏にパーっと一瞬の煌めきを見せる。その儚さがいいんじゃないですか。時間が経つにつれその記憶が色褪せていくのかもしれないけど、花火ってそういうものだろうと思う。

 あと夏休み中に、花火を買って近所の公園で花火を。去年関西で会社の同期たちと本当に久しぶりにやったけれど(小学生以来?)、社会人になって2年連続。花火って安いんですね。全然知りませんでした。血気盛んな若者たちみたいな元気はないので、打ち上げ花火は買わなかったけれど、あれこれ買っても1000円いかず。その前日に大規模な火災が近所であったからか、警察の見回りに遭遇するなんていうハプニングもあったけれど、自分達でやる花火っていうのも味があっていいですね。

 余談だけど、SPACE ALCで「花火」を調べると、「feux d'artifice」と出てきた。「feux d'artifice」ってなんぞやと調べてみると、「一瞬人目を奪うもの」とのこと。いいね、こういうの。あと「pyrotechnic」というのもあって、テクニックはわかるが、「pyro」って何だ?と思い調べてみると・・・「放火魔」でした。

 また来年。


20070813ikea.jpg

 夏休みも終わり間近、最近何かと話題の(?)IKEA港北店に行ってきました。日本に2店舗しかないのに、なぜかその1店が新横浜にあるので、こりゃ行かない手はない。家から車を飛ばすこと約40分、一際目立つ外観から僕の胸は自然と高鳴り・・・のはずだったんですけどねえ。

 とにもかくにも広いです。東京ドーム何個分とか、そういう常識離れした広さはないのだけど、家具屋にしては広い。2Fのショースペースは、IKEAの家具で構成された部屋が何十と続く。決められたルートに沿って、ぶらぶら歩きながら見回るだけで、およそ1時間半。疲れます…。こういう見せ方は確かに今までになかったし、斬新と言えば斬新だけれど、逆にあまりにも商品が多すぎて、何が何だかわからない。本当に家具が欲しくてIKEAに来た人は、決められなくて迷ってしまうのではないかと思う。IKEAの提案通りに部屋のディスプレイ構成まるごと真似する人なんていないでしょう。多くの人は、きっと、安い時計やテーブルタップ、花瓶ぐらいしか買えないんじゃないだろうか。

 1Fはその他小物類の展示と、えらく天井の高い倉庫。この倉庫に積まれている商品は一体どうやって取るのかな?フォークリフトでも使うのかな?と不思議だったのだけど、残念ながら取り出されるところを見る機会はなかった。写真撮影は禁止らしいので(怒られた)、気になる方は実際に自分の目で確かめて見て下さい。これは一見の価値有りです。

 昼時だったので、1Fのビストロで180円のホットドッグとドリンク飲み放題のセット(安い!)を注文。ピクルスを自分で入れ放題だったのが嬉しい。2Fにもカフェとレストランがあって、スウェーデン料理を食べられるのだけど、やたら混んでいたので諦めました。あとせっかく来たのに手ぶらで買えるのは寂しかったので、ちょっとした食料品売り場でジンジャークッキーを購入(195円)。ちょっと苦いけど、まあまあでした。

 IKEAが良いと思うか思わないかは、家具に対する考え方で決まってくると思います。ちなみに僕はやや後者よりです。店を歩いてると、「この**かわいいよねー」なんていう声が聞こえてくるのだけど、家具ってそういうもんじゃないだろうと、僕は思ってしまう。それは、例えばニッサンのマーチと同じで、今のマーチはコロコロのまんまるだけど、僕は断然旧型マーチの方が良いと思う。見た目の斬新さとか、派手さよりも、シンプルな美しさや機能美を、僕だったら求めたい。少なくとも家具については(車も同じ)。あとは大量生産・大量消費のイメージが否が応でもつきまとうので、なんとなく抵抗感を感じました。好きな人にはどんぴしゃなのかもしれないけど、日本人が口をそろえてIKEAがいいって言う世の中になってしまったら、僕はすごく悲しい。

 次はIDCの有明本社ショールームにでも行ってみたいものです。多分、僕はこっちの方が好み。


pasori.jpg

 Edyに自宅でチャージができるPaSoRiを買いました。今まで電子マネーの類は、ごちゃごちゃしているから避けてきたのだけど、ANAのマイレージカードにもついてるし、イーバンクに貯まったアンケートの謝礼をどう使うかと考えたときに、Edyが一番良いかなと思ったのです。携帯もお財布ケータイ対応だけど、どうも携帯を使うというのは好きになれないので、まだ様子見。

 かつては、Edyにクレジットカードで入金→そのカード利用料金をEdyで払う、なんていう無限ループでマイレージを稼いだ人が多数いたみたいだけれど、それが封じられてしまったので、Edy利用でマイレージを貯めようなんていうことは考えてなくて、コンビニとか映画とか、ちょっとした支出のときに使えればいいなあと。

 あとは、願わくばEdyが電子マネー標準になってくれること。Suicaやら何やらと統合してくれること。全部SONYのFelicaなんだから、もう統一でいいじゃないかと。そうそう、このPaSoRiは、Suicaの履歴を見られたりもします。過去20件、自分の乗車(Suica利用)履歴が見られる。考えようによっては結構怖いのだけど、それなりに便利です。

※ちなみに、PaSoRiはクレジットカード入会を条件に無料プレゼントをしているところがいくつかあるらしく、PaSoRiだけもらってすぐ解約という方法もあると思うのだけど、そういうのが面倒なのでおとなしく買いました。たかがリーダーに2600円も出せないよという人は、買わなくても何とかなります。


senkohanabi.jpg線香花火/テリー&フランシスコ

 これまで2枚のミニアルバムを出しているテリー&フランシスコの初シングル。シングルの売れないこのご時世としてはよくわからない行動だけど、もしかしたらフルアルバムに向けて動いているのかな。

 今回もテリー&フランシスコの世界たっぷりというか、良い意味での時代遅れ感がすごく気持ちいい。僕が描く、そして求める(あるいは過去形かもしれない)夏というのは、きっとこういうこと。このメロディラインと世界観は1つの才能だと思う。しかも単調にならない曲展開は、さらなる飛躍を否が応でも期待させてくれる。女性コーラスやホーンが入ったバックにより、特徴的であった素朴さが少し失われてしまった気もするけれど、これはこれでいいのかもしれない。

 カップリングの<夏のブリザード>は慣れてないことしてるよなという印象。無理矢理アップテンポにしなくてもいいでしょう、この人達は。<こぬか雨>のカップリングはなんか残念。多くのカバーもの同様、無難な仕上がり。アコースティック感たっぷりなのが特徴なのに、ピコピコ言ってるのはよろしくない。先代へのリスペクトたっぷりの彼らとしてはやりたかったのかもしれないけど(伊藤銀次と一緒にやるなんて彼らにとっては夢だっただろうことは容易に想像がつく)、それなら生バンド1つでやるべきでしょう。

 ともあれ、これからがますます楽しみなアーティストです。


Image079.jpg 暑い暑い。それにしても暑い。暑い夏はアイス!アイスアイス!

 というわけで、地元というほどではないけれど、家から車で少し行った距離にある横濱アイス工房に行ってきました。なんでこんな場所にあるの?っていうぐらいへんぴな場所で、近くに大学があるので、そこの学生さんご用達なのかどうかは知らないけど、とにかく変な場所にある。が、次から次へと人(車)がやってきて、店内はあっという間に混雑。人のこと言えないけど、みんなこんな暑い日にわざわざこんな場所まできてアイス食いたいのかと。

 三浦葉山牛の牛乳から作られたというソフトクリーム(300円)は、とても美味しかったです。ちょっと量が多かったかな。ソフトクリームの他に、ジェラートとカップのアイスも(こっちの方がメインっぽい)。いつかまた。


stockentry.jpg臆病者のための株入門/橘怜

 ちょっと前は株ブーム、今は投資信託ブームでしょうか。でも株も投資信託も、たいして儲かりませんよ。それどころか、元本割れのリスクが常につきまとって、せっかく汗水垂らして稼いだ賃金が何もしてないのに目減りしてしまう可能性だってたっぷりですよ。

 いや、そんなことはわかってる。それでも、100万円を1年間預けたってCD1枚買えないような金利の普通預金なんかで眠らせておきたくないんだ。きちんと将来を見据えて資産運用していきたいんだ。・・・っていう人にオススメの株式投資入門の本。


 夏休み2日目です。昨日は髪を切ってもらいに行ったけれど、今日は何の予定もなく、久々にぐだぐだ過ごしておりました。それにしても平日の休みは何もすることがなくて、テレビでやってた『春琴抄』なんかを見てしまいましたよ(結構面白かった…)。

 しかも、夜そんなに早く寝ているわけではないのに、普段の習慣からか、朝7時に自然と目が覚めてしまう。そして暑いので再び寝ようという気には全くなれない。というわけで、5時間たっぷり午前を満喫してしまい、これだけで僕としてはお腹いっぱいになる。みんな夏休みは何をするのだろうね。同期の大半は実家に帰ると思うのだけど、みなさん帰って何をするのだろうか?地元の友達と飲みに行ったりするのかな?

 それでも夏の夜は少し涼しくなってくれるので、ちょっとぶらぶら散歩したりすると気持ちいい。ギラギラした陽射しも好きだけど、一日が終わった後の静けさもいいよなと思う。夏の夜っていうだけで、なんとなくワクワクしてしまうしね。

 何にせよ、クーラーのきいた部屋で布団かぶりながらゴロゴロすることほど気持ちの良いことはありません(環境によろしくない)。昼間はおとなしく高校野球でも見てるに限ります。仙台育英のピッチャーがすごいので、この後の試合が楽しみです。


ppreturns070808.jpgTOSHIKI KADOMATSU
Performance 2007?2008
"Player's Prayer" RETURNS
"T's Gang"
2007.8.8 SHIBUYA-AX

角松敏生(vo&g)
江口信夫(ds)
今剛(g)
松原秀樹(b)
森俊之(key)
千秋(vo&cho)
凡子(cho)

 昨年行われた"Player's Prayer"ツアーのリベンジ(客の入りがよろしくなかった)、"Player's Prayer" RETURNS "T's Gang"を観てきました。


 大々的に宣言することでもないけど、僕は生えかけも含めて親知らずが3本あります。両親ともに0だというのに、僕だけ3本というのは、遺伝システムを疑ってしまうのだけど、生えてしまっているのだから仕方ない。

 それで、生えてくれているだけなら問題はないものの、この度めでたく虫歯になりました。歯科検診で右上の親知らずがC2を受賞。いやー、親知らずって普通の歯ブラシが届かないんですね。歯間ブラシでなんとか磨いたりもしていたのだけど、多分時既に遅し。見事に穴があいてしまった。

 一時的に治しても、また悪くなる可能性があるのだから、思い切って抜いてはどうですか?とのアドバイスを受け、最初は抜くのやだ!外科手術じゃん!と断固拒否していたのだけど、たまに腫れるし、思い切って抜いてしまえば一生この煩わしさとおさらばと考え、ついに重い腰を上げ、およそ3年ぶりぐらいに歯医者の予約をとろうと試みました。

 「8月10日に診察の予約をお願いしたいのですが」
 「申し訳ありません、あいにく当院は8月9日から夏休みと・・・」

 終了。またいつか。


 良い天気が続きます。やはり僕は夏の陽射しが大好きで、暑いことは暑いのだけど、あぢーと言いながら、灼熱の太陽に焼かれたい(その後は知らない)。暑いの大好き、とまではいかないけど、暑い方が元気が出ます。職場は朝から晩まで寒くて、うっかり半袖を着ていってしまった日には、一日中ジャケットを羽織る羽目に・・・。どうにかならないものかねえ。

 今日はどういうわけか金曜日だと思いこんでしまっていて、週末を終えたばかりだと言うのに、よし、今日を終えたら週末だ!と、平日をわずか1日で終えようとしている気の抜けっぷりでした。まだ月曜だと知って一気に落胆してしまったよ。なぜそんな大それた勘違いをしてしまったかと言うと、多分、会社が夏休みモードだからだと思います。だいぶ会社の人も少なくなってきて、なんで自分は休まなかったのだろうと一瞬自分の判断を後悔したのだけど、休んだってすることないから休まなかったという、至極真っ当な理由があったのでした。することないから仕事するって、人生としてどうかとも思うのだけど。

 でも、僕もあとちょっと頑張れば夏休みです。夏休み初日に髪を切ってもらいに行きます。あとは全て未定!そんな2007年のサマー。


 平和な平和な土曜日。時間つぶしに近所の某大型スーパーに行ったら、なんと僕が小さい頃から大好きだった(?)ガチャピンが!

20070804267.jpg なぜかガッチャマンのコスプレをしていて、その名もガッチャピン!午前には店内をパレードし、午後に写真撮影&握手会というスケジュールだったらしい。先着50名様みたいなことが書いてあったけれど、残念ながら、この炎天下の中、ガッチャピンに興味を示す人はあまりにも少なかった。今の小さな子供たちはあまりガチャピンのこと知らないだろうしね。知らなきゃ単なる気味の悪い怪獣だ。20代の女性二人組とかも撮ってもらってたよ。

 僕が中学生のときは、ポンキッキーズが昼の16時ぐらいからやっていて、大江千里の「夏休みは絶対短い?♪」なんていう寂しい歌を聴きながら、夏休みが終わってしまう悲しさに胸を痛めていたものです。夏休みって、始まった瞬間から終わりが見えるからね。

ガチャピン日記


 世間はそろそろ夏休みでしょうか。今日、JRの駅でポケモンスタンプラリーのスタンプ押し場を発見しました。今年の夏こそは全駅制覇しようと思っている今日この頃です。うそです。やろうとしたことも、やりたいと思ったことすらもありません。

 そしてタイトル通り、ついに体重が50kgを切りました。昨日49.1kg、今日49.6kg(いずれも風呂上がりに計測)。BMIも17を切っております。俺、大丈夫だろうか?

 なんかシャレにならないところまで来てしまったので、今年の夏の目標は2kg増量。会社は1週間お休みなので、仕事のストレスからも解放されるだろう。たくさん食べて、ほど良い運動をして(できるかな?)、ぐーたらすごす(これはできる)。

 9月の中旬頃に、忘れてなかったら結果を報告します。

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292