2008年9月 archive


を食べると、820円かかります(フィローネビーフ パストラミとアイスココア)。でも美味しかった。


 日本の電車賃は高い。(地方を除いて)通勤・通学に電車を利用している人は、おそらくだけど9割以上。僕の会社でも徒歩で通う人はごくわずかであり、身の回りの電車利用率はほぼ100%。日本人の生活に必須のインフラ。が、高い。スイカやパスモが普及して便利になったのはいいが、それに応じた割引がほぼ皆無なことも問題である。JRのオレンジカードだって昔はプレミアムがあったのに、今は額面通りの3000円まで(っていうかまだ売ってるんですね)。見えない値上げじゃないですか、これは。

 昔は通学定期で横浜・川崎・品川・渋谷・新宿を網羅できていたので、はっきり言ってどこに行くにもほとんど困ることがなかった。学割定期最強。で、会社に入って通常の定期を買うことになったのだけど、ケチな会社は最も安いルートでしか支給してくれない。電車が頻繁に遅れたり運休になったりするので、別ルート計算で支給しくれと申請しても事情を全く考慮してくれない。しかも質問メールを送ったら無視される始末。間接部門が従業員のメールを無視するってどういうことだよ。でも僕は上り電車に乗りたくないし、座って会社に行きたいし、遅延にハラハラさせられたくない。なので、自腹で差額を負担しているわけです(月にして4000円程度。それで通勤が快適になるのなら安いものだと思う)。

 それで話は元に戻るけど、電車賃の高さはどうにかならないものかと考えている毎日です。なにせ計算したら回数券で行くのとほぼ変わらないから、最近は1路線を回数券にしてます。パスモ専用改札が非常に不便。JRの定期はクレジットカードで買うようにしていることがせめてもの割引き。ビューカードは年会費に見合うだけのうまみがないので現在は見送り中です。

 一番いいのは学生になることだな、でもそれってまた別の話だよな・・・と、ふと大学院に行くのもいいのかなとか考えたり。悪くないなあ。


鵠沼海岸。
サーファーばかりだったけど、気持ちのいい海。ここは高校生の時から何一つ変わってないように思える。




 リーマン・ブラザーズも破綻してしまいました。当然僕とは何の関係もないのだけど、その昔、就職の案内が来たので試しにサイトを見てみたら、社員さんとの六本木ヒルズお食事会が全て満席でぞっとしたことだけを覚えてます(もしかしたら学歴フィルターなのかもしれない。私大は不可とか)。なのでリーマン・ブラザーズについては正直投資銀行ということぐらいしか知らないけど、そこらの国の国家予算以上の負債を抱えて破綻するというのは、とにかくヤバイんだなということぐらいはわかります。あとはAIGも。金融・保険会社が倒産するって、なんか一番間違っていることのような気がするのですが・・・。

 個々の問題についてはたいした関わり合いもないのでどうでもいいのだけど、やっぱり世界の不安定さというのを改めて認識します。

 未来がわかっていたら誰も苦労しないし、きっと何ちゃら専門家はまるで全てお見通しだったかのように「予兆はあった」とか言い出すのだろうけど、一寸先は闇。光は無し。これぐらいの覚悟で進まないと、今度は自分が痛い目に遭う気がしてならない。

 割と親しい会社の先輩も転勤になってしまった。冗談抜きで次は我が身という気持ちが大きい。現実問題として、会社から異動を命じられたら素直に従うか退職するかの2拓しかない。昔よりは関東に対してこだわりはなくなった気がするけど、実際にそういう立場に置かれたらどう考えるかはわからない。転職できるだけの能力が備わっていれば苦労はしないのかもしれないが、そう易々と辞められないということは働いてみてよくわかった。でもそんなのにビクついて生きていくわけにもいかないので、なるようになるさと過ごしている毎日です。

 しかし僕らは一体どこに向かっているのだろう。そこに救いはあるのだろうか。


 鉄は熱いうちに打て。欲しい物はその時に買っておけ。これは昔からのことわざであり、このような言葉が存在するというのは、先人達の経験や知恵が凝縮されているという証拠(後者は僕が勝手に作っただけだけど)。

 突如ThinkPadのX61が欲しくなり、そういえば半年前ぐらいにも欲しくて探したな、いやその1年前から、いやいや実はもっと前から・・・というわけで、ずっとX61が欲しかったのです。が、パソコンを買うというのはそれなりに勇気がいるもので、何しろ、目新しいことはなく、できることは今と同じで、スペックや細かなところが違うだけ。なので欲しい欲しいと思いつつも、やっぱりまだ・・・と躊躇し、忘れ、またふとしたときに思い出す。そんなことを繰り返しているうちに価格もびっくりするほど下がってきて、自分の望みのスペックの製品も見つかった。何より英語キーボードが選択できるのが嬉しい。

 それでこりゃもう買うしかない、と、昨日IBM(レノボ)の直販サイトで、13万ぐらいの英語キーボードモデルをショッピングカートに入れたまでは良かったのだけど、納期3週間という文字に、「もう少し考えてもいいのでは?」と思ってしまい、そのまま持ち越し。でもやっぱり欲しい、3週間ずっとワクワクして待ってる!と今日改めて思い、「よし買おう!」と意を決したら・・・ない。どこをどう探してもX61がない。サイトを隈無く探してみると、アウトレットと題して在庫処分的に売ってはいるが、僕の望んだスペックの製品もなければ、当然英語キーボードモデルもなかった。

 これは悔しいなんてものじゃない。なにしろ1日の差。昨日ポチッとボタンを押し、そのまま情報を入力しておけば購入できたのに、もうできない。なんですかこの1日は。

 あとは何とかしてX61を手に入れ(ネットショップ等にはまだそれなりにある)、英語キーボードを別に購入し付け替えるしかないかな。調べてみたらかなり簡単にできるみたいだし。それにしても悔しい。これからはもう少し欲しいと思ったときに買うようにするというか、買う・買わないの判断を素早くできるようにします。重要なのは買わないと決めたらもう振り向かないことなんだろうな。

 が、こんなときに限って、6年ぐらい前に買ったDynaBookが快調だったり・・・(ずっと無線LANが繋がらなくてイライラしてた)。


昨日の夕食(秋刀魚はこげた)。
先週末から新生活が始まりました。落ち着いたらまた書きます。

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292