2009年8月 archive


 先日、会社の敷地内でお祭りがありました。と言っても、芝生の上にビニールシート敷いて、屋台でビールやおつまみを買って食べるだけというだけ。僕は仕事が片付かなくて少し遅れていったのだけど、大瀧詠一がかかってたりして(一体誰の趣味なのだろう)、非常に良い感じでした。

 ライトアップされた緑の芝生がとても綺麗で、北海道の大通り公園のような雰囲気すらあった。普段殺伐としている職場でこんないい思いができるとは。来年もあるのかどうか知らないけど、祭りの後は少し寂しさが残った。

 今年の夏はあまり暑くなりませんでしたね。最近作られた「猛暑日」なる日は、関東で1日でもあったのだろうか。地球温暖化、異常気象説ってずいぶん怪しい気がします。

 終わってしまうのかな、今年の夏も。


ピスタチオです。至る所で売ってます。日本の半額ぐらいで買えるので、かさばるけどいくつか買いました。
ちなみにピスタチオアイスというのがポピュラーで、ハマりました。日本でも食べられないかなあ…。


ついさっきの出来事。「すみません」と声をかけられ、何だろうと立ち止まると、「この東海道線の線路をまっすぐ歩いていけば東京駅まで行けますよね?」とのこと。

わけがわからず、「まあ行けなくはないと思いますが…」と答えてしまったのだけど、よくよく聞いてみると電車賃を貸して欲しいとのこと。なんでも自分は山梨から中央線で出て来て、荷物を忘れてしまって、何とかここまでたどり着いたものの、駅員に事情を話してもこれ以上先に行かせてくれないとかなんとか。線路沿いを歩くなら国道1号線の方が良いのでは、と言いかけそうになったが、そういう問題ではありませんでした。

中央線に乗ってたはずなのに、なんで東海道線の駅にいるのかがさっぱりわからないし、寝過ごしてしまい浜松にいたとか、あげくの果てには、来週平塚に出張があるからその時必ずお返しするとか、次から次にわけのわからないことを言うので、「とりあえず、駅員さんに話してみましょうよ。一緒に行きますので」と言うと、「じゃあいいです」と、足早に退散していった…。東京駅には一体何があるのだろう。

おかげで、電車を一本乗り過ごしました。夏休み明けから、一度会社に入ると最低22時になるまで出られないという素敵な環境で満身創痍。もっと余裕があったらおじさんのわけのわからない話につきあったかもしれないし、東京までの電車賃ぐらい出してあげたかもしれない。入場記録のある切符を見せてくれれば。残念ながら僕は疲れすぎてたのでした。

血迷って東海道線の線路を歩かないことを願うばかりです。


 新居に住み、式を挙げ、婚姻届を出した。残るは新婚旅行のみということで、半年以上間が空いてしまったけれど、夏休みを利用してハネムーンに行ってきました。行き先は、スイス、北欧、セーシェル諸島、宮古島と検討した結果、二人の意見が一致したギリシャのサントリーニ島に決定。セーシェル諸島にはいつか行ってみたい。まあそれでも海なんですが。

 航空券とホテルのパックツアーを探したものの、結局自分で全て手配したことは前にも書いたけれど、全部の予約を終えたのが出発1ヶ月半前ぐらい。今考えるとギリギリですね。ハネムーンなんだからそういうわずらわしいことは一切なく、往復はビジネスクラス、送迎はリムジン、ホテルもスイートで、なんていうのは夢のまた夢。夜な夜な航空券を探し、ホテルの宿泊者レビューに目を細め、ユーロ高に頭を痛め、なんで俺こんなことしてるんだろうと思いつつも、そういえば学生の時に中欧を旅した時もこんな感じだったなと思い出し、全部一人でやったわけです。

 その苦労が報われたのかはどうか知らないけど、アテネ3泊、サントリーニ島4泊、素敵な素敵な旅行でした。ちゃんとした旅行記は『遠い太鼓』に譲るとして、ダラダラ書きます。少しでもその魅力が伝えられれば幸いです。


 まだまだ暑い日が続きますね。今日はついにリビングのエアコンをつけました。寝室のエアコンは寝る前につけているのだけど、リビングはそれなりに風が入って涼しかったので今までは必要ありませんでした。が、今日は限界だった。いいですねエアコン。いつまで経っても三種の神器(冷蔵庫、テレビ、洗濯機)じゃない、3C(カラーテレビ、クーラー、車)ですよ。

 我が家には3台のエアコンがあり、リビングのエアコンが一番高価(&高性能)。これはリビングが一番使うだろうと思ってのチョイスだったのだけど、実際生活してみると、平日はほとんどリビングにいないので使わない…。むしろ毎晩使用する寝室を高性能なものにするべきだったのかもしれない。寝室はまあ寝る前だけだからいいだろうと思い、去年ブランド変更で投売りされていたナショナル製の安いエアコンを買いました(5万ぐらい)。それでも性能としては十分なのだけど。ちなみにもう1台は、防音工事に伴ってもらったもので自分の部屋に取り付けられてます。が、ここは完全に物置と化しているので、全く使っておらず、エアコンのコンセントすら入ってない状態。やっぱり防音工事無駄だったなあ…。

 夏になると、目覚めが良くなります。なぜなら暑くていつまでも寝てられないから!でもエアコンをつけてるといつまでも寝てられます。今日は仕事に行く妻がエアコンをつけてくれていったため、10時過ぎまで気持ちよく寝てました。いたるところでエコという言葉が聞こえてくる毎日ですが、エアコンをつけながら布団かぶって寝ることほど気持ちの良いものはありません。

------------------
(おまけ日記)

・N82を修理に
 ギリシャに行った時に悩まされたのだけど、どういうわけかN82のメインカメラの起動がきまぐれで、レンズカバーを開いてもカメラが立ち上がらないし、アプリからカメラを立ち上げると自分撮り用のインカメラのみが起動し、メインカメラに切り替えることもできない。なので、サントリーニ島ではインカメラで撮った写真を送ったりしました。

 この症状は結構前から出ており、なんで今まで気が付かなかったのか自分でも不思議だったのだけど、解決方法としては修理に出せばいいだけの話(保証期間内だし)。ということで、修理に出しました。修理箇所を3点まで申請できるということで、僕は1度しか経験がないのだけど、端末が勝手に再起動しておく現象も直して欲しいと伝えておきました。無事に帰ってきたら、完全にこっちに乗り換えようと思います。ちなみにN82はほぼ全てのデータをPCにバックアップできます。非常に優秀。代替機はサムソン製の安っぽい端末(707SC)なので、前の機種を使うことにします。


・その味見はできない
 今週は旅行疲れからか妻が熱を出してダウンしてしまい、食事の支度等色々と大変な思いをしました。まあそのことはいいとして、昨日から元気になり、食事を作ってくれたのだけど、まだ鼻がつまっており味がわからないので僕に味見をしてくれと。自慢するわけではないが、これは完全に両親のおかげですごく感謝していることで、僕は味覚だけはそれなりに良いものを持っているみたいです。味見をして、何が足りないかが大体わかる。絵を描く人がきちっとした自分のイメージを持って、具体的にそれを表現できるのと同じように。

 というわけで、まずは味噌汁。我が家は薄めです。これは大丈夫でした。次になにやら黒い液体を持ってきたと思ったら、明日の昼食用に作ったそうめん用のつゆ。市販製ではなく昆布・かつお・しいたけ・しょう油・みりんのつゆで育ったので、これを作ってもらってます。が、これはできない!薄まったものなら話は別だけど、いきなりそうめんのつゆなんて飲みませんよね。なので断固拒否し、変だったら明日修正します。


 2日前にギリシャから戻ってきました。木曜日の朝4時に起き(サントリーニ島)、金曜の23時に自宅着。時差は6時間ですが、実質1日半近くかかった移動のおかげで体内時計はめちゃくちゃになりました。ドーハ経由はあまりオススメできません(それでも羽田からの帰宅は楽だったけれど)。

 4年前に東欧(ドイツ、チェコ、ハンガリー)をめぐったときもそうだったけど、どういうわけかヨーロッパの時差は辛いです。昨日は頑張って8時に起きたら見事14時に限界を迎え、そのまま17時まで昼寝…ギリシャ人同様シエスタです。結局夜中3時まで寝られず(ギリシャ時間21時)。今日こそはと8時起床、が、またしても昼間に1時間半ほど寝てしまいました。こんな状態じゃ明日会社に行けない。

 まあヨーロッパ帰りだろうが普通に仕事をしてようが、昼食後眠いときは眠いので、なんとか切り抜けたいと思います。あまり休むことはできなかったけど(バカンスをするつもりが、結局色々と動き回ってた。貧乏性というか、そういう性格なのだろう)、いい夏休みでした。また後日、写真等アップしたいと思います。


サントリーニ島から33時間、ようやく到着です。


日本と日本食最高です。羽田まであと少し。


ひとまず、今回最大の懸念だった、サントリーニ島から飛行機が飛ばず帰れないというのはなくなり、アテネに着きました。あとはカタール航空が日本まで連れていってくれるはずです。

今は次のフライトの待ち時間なのだけど、出発ターミナルにはイスが少なく、外に出てます。無線LANを開放してるところが太っ腹です。

ちなみに待ち時間は5時間強。次のドーハでは7時間近く…。関空も確か3時間ぐらいあるから、実に15時間空港にいる計算になります。こんな時ゴールドカードを持ってたら快適なのだろうなあ…。


楽しかった時間はあっという間に過ぎ去り、あとは帰国するのみとなりました。まあ、帰るからまた来れるのだろう。いつかまた。

これから飛行機を4便乗り継ぎ、まる一日以上かけて帰ります…。家に帰るまでがハネムーンです…。


よく写真に使われる教会を見に隣街まで。景色はどこからも同じのような気がします。


地球上にこんな美しい場所があったのかと思えるほど素敵な街です。


サントリーニ島です。携帯のメインカメラが起動しないため、サブカメラで撮った写真を。
素敵なバカンスの始まりです。


アテネ3日目の朝です。ホテルのWiFiとN82でネットを使えると思ってたら、HTTPプロトコルしか通らないみたいで苦戦してます。残念。
もう観光名所は巡ってしまったので、今日は適当にぶらぶらする予定。ようやくギリシャに慣れてきました(何言ってるかはさっぱりわからないけど)。


 今年の夏休みは3日間有給を使い、8/5(水)から。そしてその日の21時の便で関空に飛び、ドーハ経由でアテネに行ってきます。アテネで3日過ごした後、目的地であるサントリーニ島へ。

 というわけで遅ればせながらの新婚旅行に行ってきます。

 正直なところ僕はもう新婚旅行なんてどうでも良くて、なにより海外は面倒というか、飛行機に長時間乗りたくない。あと宮古島に行きたかったのだけど、ダメでした。新婚旅行はヨーロッパ!みたいなベタベタな信仰に従い、しかもハネムーンとして非常にベタベタなサントリーニ島。観光という行為はアテネで終え、サントリーニではエーゲ海を眺めながらのんびりしてくるつもりです。

 最初は航空券+ホテルのツアーを探してたのだけど、どうも細かいところに手が届かなく、色々と自分の希望を通していくとオプション料がとんでもない額になるので、結局全部自分でやりました。その結果カタール航空という、神秘的な(僕のイメージでは)航空会社で行くことに。しかも関空発なので成田ではなく羽田から。

 そんなわけで全部自分で進めてたのだけど、予約変更したら料金が発生してしまう段階になって大問題が発覚!最終日、早朝の便でアテネに戻って午後の便で帰国する予定なのだけど、ギリシャの離島は天候の事情や航空会社が適当なため遅延や欠航が割と発生するらしく、帰国便の1,2日前にギリシャ本土に到着するよう予定を組むのがセオリーらしい(確かにパッケージツアーもそのような日程だった)。そんなの全然知らなかったよ!それなら帰る1日前にアテネに・・・と思った時にはもう遅かった。フライトがFIXの航空券なので、もし乗り過ごすことになったら、自腹で帰らなくてはならない…。

 サントリーニのホテルマネージャーは、飛行機に影響が及ぶような天候になるのは4月、10月で大丈夫だと言ってくれているので、信じることにします。

[]

joylive.jpgJOY/山下達郎

 山下達郎のライブ盤。『IT'S A POPPIN' TIME』みたいに1つのライブ録音ではなく、80年代に行ったライブの選りすぐりを集めた、ベストオフライブ盤。昔レンタルしてMDは持っていたのだけど、まだまだこの前のライブが忘れられなく、購入を決意。アマゾンさん1000円も引いてくれてありがとう。

 山下達郎を聴き始めるなら、まずこの1枚から。


 今日は昼休みに同期と飲みに行こうという話になり、久々に飲みに行きました(僕はゆずスカッシュを)。数人誘ったのだけど皆仕事が忙しいらしく、20時に揃ったメンバーは僕含めて2人。その後遅れて2人来てくれたけどね。

 やはり家庭があると、こういった飲み会があっても参加できないことが多くて、いつもなら家に夕食が用意されてるのでちょっと・・・と敬遠してしまうのだけど、今日はすごくタイミングが良かった。というわけで海鮮系居酒屋に行き、安くてそれなりに美味しいご飯に満足し(はもの天ぷらが美味しかった)、色々と積もる話もあって、友人とこうしてご飯を食べるというのも考えてみたら結構久しぶりのことで、とても楽しい時間を過ごせた。僕はひたすらゆずスカッシュを飲み続けた。

 0時を回った頃、そろそろ終電じゃない?大丈夫?と尋ねると、彼らは時間を全く気にしてなかったみたいで、僕の終電は既に間に合わないとのこと。まあね、終電の管理は自己責任ですよ。気にしてなかった僕が悪い。それは間違いない。でも寮に住む彼らと同じ電車に乗るものばかりと思っていたし、彼らもそのことをわかっていたはず。3人もいるんだから、1人ぐらい把握してくれてたっていいじゃないですか(僕は普段その路線を使わないから終電の時間を把握してなかった)。

 結局、ターミナル駅から1駅の寮に住んでいる彼らは歩いて帰り(15分ほど)、4駅離れている僕はタクシーで帰ったのでした(前に歩いたら1時間半かかった)。終電を逃しタクシーに乗らざるを得ないというのは、なんとなく何かに負けた気がします。人生2度目。・・・明日土曜日なんだから始発まで付き合え!

今日の教訓:職場最寄り駅の終電は0時23分。

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292