2011年12月 archive



 昨日出国ラッシュとニュースでやってたので覚悟してたけど、予想外にガラガラ。出国審査の係員はこんちわーっすとやたらフレンドリー。

 行き先当てた方にはもれなく、現地から写真付きあけおめメールをお送りします。

Posted from iPhone4S.



ハッピークリスマス!

Posted from iPhone4S.


tk20111217.jpg角松敏生
30th Anniversary Performance 2011 -Winter-

2011.12.17 松戸 森のホール21

角松敏生(vo&g&per)
玉田豊夢(ds)
鈴木秀俊(g)
山内薫(b)
森俊之(key)
本田雅人(sax)

 3年ぶりの年末恒例中野を逃したものの、好意により翌日松戸公演に行けることに。ただし場所は千葉県松戸市の八柱という駅。リアルに電車で2時間かかるため、土曜日だったので何とか行けたけど、平日だったら行けないな…。千代田線・常磐線乗り入れルートで行ったら、色々と遅れ、結局最寄り駅に着いたのが開演20分前。バスは混んでて乗れず、1km強の道をiPhone片手に急ぎで歩きました。ありがとうiPhone、GPSと電子コンパス着いてて良かった。無事開演5分前には到着。


 松戸からの帰り、武蔵野線で東京乗り換え東海道、西船橋・市川経由の横須賀線という選択肢だったため、東京駅での乗り換えは面倒なので後者を。市川から長いので、リッチにグリーン車(社会人なのでこれぐらいは)。そういえば、前も市川のホールに行った帰りにグリーン車に乗ったな。

iPhoneから送信

 ようやく手に入った角松30周年ライブのブルーレイ。あれからもう半年、あらためてクォリティの高さに驚いてます。玉田豊夢カッコ良すぎ。

 そして今日は“今年の”千秋楽、松戸へ。本当は昨日の中野に行きたかったんだけど、痛恨のフライングによりなんとか松戸を確保といった感じです。何しろ遠いのであと2時間後には出発!楽しみ!

Posted from iPhone4S.


middleman.jpgMiddle man/Boz Scaggs

 Boz Scaggs1980年発表の作品、『Silk Degrees』、『Down Two Then Left』に続くいわゆるAOR3部作のラスト1枚。Silk Degrees1枚でいいんだよ、と言ってはいけない(自分)。サウンド・テクニック・構成、どれをとっても完成度は遥かにSilk Degreesを凌ぐ。

 バックバンドは当然TOTOのメンバーが中心で、今作ではそれにDavid FosterとRay Parker Jr.が加わるという、もはやこれ以上は望めない超強力布陣。デビッド・ハンゲイトとジェフ・ポーカロのリズム隊は、ボズのボーカルを邪魔することなく、しかし全体の音をぐっと引き締める。スティーブ・ルカサーも、TOTOより自由に弾いているという印象。ちなみにレイ・パーカーJrやリック・マロッタ、さらにはカルロス・サンタナまで参加しており、70年代後半から80年代初頭の音楽とはこういうものだということを如実に表している。もう二度とこういう時代はこない。

 誰が何と言おうと1発目の<JOJO>は圧倒的。AORというより80年代のポップスに残る名曲だろう。条件を挙げていくとキリがないので省くけど、もうすべての条件を満たしている。若干ロックテイストの強くなった曲が後半(LP時代はB面だったのだろう)少し混ざるところがやや気になるが、<Breakdown Dead Ahead>といい<Simone>といい前半A面は完璧です。特徴のある歌声は好き嫌いが別れると思うが、このTOTOサウンドとの融合は1つの奇跡と言っていいと思う。

 ちなみにこのアルバムを買ったきっかけは、タワレコで888円フェアをやっていたから。Amazonさんだとさらにそこから2枚で10%引きという破格です。


子供のころ時間がわかるというのが凄いことのように思えて、親に買ってもらった腕時計を毎日してた。自分にとって、大人は皆腕時計をするのが当たり前だと思ってたし、即座に時間がわからない生活というのは考えられなかった。

しかし多くの人たちと同様、携帯を持ち歩くなるにつれ、腕時計はなくても困らない存在となり、いつからか全くしなくなった。学生のときなんて、正確な時間がわからなくても大した問題ではなかった。写真は2年ぐらい前に電池切れとなった、現在唯一持ってる時計。大学に入った後に買ったSEIKOのクロノグラフで、200mまで潜れるスキューバ仕様。そんなに潜ったら命がないけど。もう買って10年以上になる。ちなみにウェットスーツの上からはめられるよう拡張可能で、ダイブコンピュータを買う前に10本ぐらいこの時計をして宮古の海に潜ったこともあります。

そして最近、携帯で時間を確認できないことが多くなってきたため、腕時計がほしいなと考え中。もうすぐ30だし、そろそろきちんとした時計の一本も欲しい。携帯を取り出さないと時間がわからないというのは不便だし、スーツに腕時計は当然のアイテムという話も聞く。いつかはIWCインヂュニア、最近出たクォーツが気になるグランドセイコー、あと少しだけ盤面が小さかったら間違いなく欲しいハミルトン。…と考えながら、ようやく電池交換をしてきました。所要時間わずか30分、980円。しばらくこの時計を再びしてみて、それでも欲しかったらウンウン唸ることにします。

Posted from iPhone4S.

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292