Miyako Islandの最近のブログ記事


miyako018.jpg
(海に向かう道, Nikon D90 + AT-X 124 PRO DX II, 2012.8.11)


 することなくて、ぶらぶらさまよいました。

 ホテルから徒歩3分のところにあるパイナガマビーチ。平良市街から徒歩で行けるビーチはここぐらいなので、レンタカーを借りなかった昔はよく行きました。意外と地元率高いです。


 天気が良かったので、午前は2日目に行ったところに再び。

 まずは砂山ビーチ。天気が違うと、海の色も違います。波もずっと穏やか。


 今日も晴れてくれました。日焼けどめこまめに塗ったはずなのに、早くも真っ赤です。

 朝一番は、白い砂浜が綺麗な前浜ビーチ。素足で歩くと気持ちいいです。


 鳥の囀りと共に普段通りに起き、朝9時からビーチ巡りをしてきました。台風11号の影響で風と波が強かったけれど、予報だと曇りや雨だったのに、時折晴れ間も見えました。

 まずは砂山ビーチ。波が高くちょっと濁り気味だったが、ここから見る海は最高です。


 8年ぶりに宮古に来ました。さすがに色々と思い出があるので、帰ってきんだなと思う。空気、匂い、景色、すべてが懐かしすぎて泣きそうです。

Posted from iPhone4S.


mango2006.jpg

 昨年に続き、今年も宮古のダイビングショップの人がマンゴーを贈ってくれた。何の前触れもなく、本当に突然のことだったからびっくり。このあまーいマンゴーがまた食べられるかと思うと幸せすぎる・・・。よく冷やしてから食べよう。

 それで、このマンゴーはもちろん嬉しいけど、その人の中でまだ僕の存在が消えてなかったということの方が嬉しい。なんかもう泣きそうだよ…。僕はこのショップの人たちに「やさしさ」というものを学んだ。誰かに対してやさしくなれるというのは、本当に素敵なこと。偶然行った宮古で、偶然選んだショップで、ここまでの縁が続くとはね。もう6年になるのかな。まさに一期一会。

 宮古の海も、ダイビングも、素敵なショップの人たちも。僕にとってすごくすごく特別なもの。大切なもの。絶対この手を放しちゃダメだよね。


 宮古島名物、完熟マンゴー。お世話になってたダイビングショップの人が贈ってくれた。いきなりだったのでびっくり。

PICT1147.jpg


 ラスト。なんでこんな紹介をしようという気になったのかは、自分でもわからず。一応最後に僕のオススメを書いておきます。


 引き続き宮古島を紹介。くどいようだけど、海のみです。いきなり衝撃的な告白も(!?)。


 観光編。宮古島は海しかなく、観光スポットもほとんど全部海絡み。ドイツ村とかあるけど、あまり期待してはいけない。僕にしてみれば、この海があるだけでいいんだよね、宮古は。
 ナローバンド接続の人のことを全く考えずに写真を載せまくってしまったけど、未だにダイアルアップで繋いでる人とかいるのかな…。いたらごめんなさい。


 僕の大学生活は宮古島と共にあったと言っても過言ではない・・・というのは言い過ぎかもしれないけど、18の夏に初めて行ってから、今まで合計8回、日数にして2ヶ月以上を宮古で過ごした。僕の中で大きな存在であったことは間違いない。
 一時期いつまでもこの島だけは変わって欲しくない、僕の戻ってくる場所であって欲しい、なんてことを考えていたこともあったけど、5年も経てばやっぱり色々なことが変わってしまう。知り合いの人は4人宮古を出てしまったし、お気に入りだった定食屋もなくなってしまった。気のせいかもしれないけど、空の色も海も変わってしまったように思える。

 そんなことはまあいいとして、なんとなく宮古島を紹介。僕は沖縄本島にも石垣島にも行ったことがないけど、宮古には僕を惹きつける何かがあった。しかも決定的にね。


 ハードディスクをあさってたら、2年前撮った写真が出てきたのでちょっと紹介。安物のカメラにウォータープルーフのカバーつけて撮ったものなので、たいした写真ではないけれど(しかも天気はあいにくの曇り)。

miyako4.jpg
イムギャー・マリンガーデン
宮古島のダイビング講習はほとんどがここで行われる。以下の2枚は、この海で撮った写真(PADIのAdvanced Open Water Diverというライセンス講習で、任意に選べる3つのコースのうちの1つとしてUnder Water Photographyを選択した)。

miyako1.jpg
何の魚かは知らない…。しかも、なんか紙に描いたような写真だなあ。インストラクターの人が色々名前を教えてくれたんだけど、全然覚えてません。ごめんなさい。

miyako2.jpg
クマノミ。


 夕食をすませた後、宿の駐車場で空を見上げたらかなりの星が出ていた。これまで月夜だったのであまり星は見えなかったけど、今夜はそのお月様の姿も見あたらない。もしかしたらと思って車を30分ほど走らせ、2年前ナイトダイビングの講習をやって、天の川を見たビーチに行った。宮古島の南側に位置していて、周りにほとんど生活の光はない。星を見るには絶好の場所だ。そのビーチに近づくにつれ、街から遠ざかるにつれ、どんどん見える星の数が多くなってくるのがわかり、僕の期待は膨らんでいった。
 ビーチに着き、車から降りて空を見上げた瞬間、胸が震えた。言葉を失うぐらいの数の星。数千、数万という数の煌きが辺り一面に広がっている。それも手を伸ばせばすぐ届きそうな距離に。もはや、どれがオリオン座で、どれが北斗七星かという話ではない。なんだか別の宇宙を見ているみたいだった。これらすべて、遠いはるか昔の輝きなのだ。あまりに綺麗だったので、なんだかもったないような気がして、30分ぐらいそこを離れることができなかった。いつまでもずっと眺めていたかった。
 そして、僕は生まれて初めて、この目で流れ星が落ちていくのを見た。何かが動いたと思った瞬間、赤白い尾を引きながら縦にすっと消えていった。あまりにも突然の出来事だったので、とっさに思いついた願いごとは、人に言えないぐらい単純なものだった。でも多分、それは今の僕が細かい理屈抜きに、何よりも心から求めていることなのだろう。


「天の川、本当にあった!」=島全体消灯

 「昔の星空を取り戻そう」-。旧暦の七夕を翌日に控えた21日夜、沖縄県・石垣島で、島を丸ごとライトダウンするイベントが催された。午後8時半の花火を合図に島中の明かりが一斉に消され、夜空にはっきりと天の川が浮かび上がった。

 僕は一度だけ天の川をこの目で実際に見たことがある。2年前の宮古島、講習でナイトダイビングをしたときのこと。夜に潜るということだけでワクワクしてた僕は、真っ暗な海の中で夜光虫なんかと戯れ、頭の中ではずっとR.E.Mの"Night Swimming"が流れてた。そしてビーチに上がって上空を見上げると一面の星空が。
 よくドラマなんかで不自然なぐらい星が出てる場面があるけど、あの光景がそのまま。天の川なんて、それまでおとぎ話の世界だけのものだと思ってた。それが本当に、上空に広がっているのである。心の底から感動した。僕はあの夜の1つ1つのことを、今でも鮮明に覚えている。


サンゴ危機/宮古にオニヒトデ大量発生 数年で壊滅可能性も

 八重干瀬など宮古海域に広がる県内有数のサンゴ群がオニヒトデの大量発生で、数年以内に壊滅する危機的状況に陥っていることが二十五日、分かった。平良市栽培漁業センターの梶原健次水産技師によると、六月から産卵を始めたオニヒトデも確認されており、大被害は避けられないという。行政機関や民間ダイバーは狭い海域の健全なサンゴ群だけでも残そうと、集中的に駆除する保全海域の絞り込みを急いでいる。

 ついに宮古まで…。あの美しい珊瑚が消滅するなんて、考えただけで涙が出てくる。駆除するスポットは3つ(中の島、池間の北、博愛)に絞るとのことだけど、そんなんじゃなくて、もっと根本的な対策を行って欲しい。国もこういうところに税金を使って欲しい。(宮古に限らず)オニヒトデの駆除のためなら、喜んで消費税7%だろうが、ガソリンの税金アップだろうが受け入れる。
 なんとかならないものだろうか。レジャーダイバー達も協力させてだね、中の島ホール、とみせかけて終始駆除!みたいな感じで。もし珊瑚が死滅することで魚にも影響が及ぶのなら、漁師さん達も協力して。
 僕だってドクターストップがかかってなくて、何らかの生活保障みたいなのものがあるのなら、毎日潜って駆除に協力したいとすら思う。それができないのが非常に残念だけど、別な形で何か貢献できることはあるんじゃないかと、真剣に考えている今日この頃。


台風、石垣島沖を北東へ 大雨と暴風に注意呼び掛け

 強い台風4号は9日午後、石垣島の南南西約70キロを時速約25キロで北東へ進んだ。午後10時現在、中心気圧は960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートルで、中心から半径90キロ以内は風速25メートル以上の暴風雨域となっている。

 僕は台風がくるというニュースがあるとワクワクしてしまうんだけど、それも横浜に住んでいるからだろう。ほとんどの場合関東までに軌道がずれてしまうし、勢力も弱まってしまう。たとえきたとしても、数時間で去ってくれる。一種のお祭りだ。
 が、沖縄ではそうはいかない。威力も頻度もハンパではない。去年の宮古はとんでもないことになったし、一昨年の夏、僕がちょうど宮古に行ってたときにぶち当たり、しかも宮古近辺で停滞され、外に出るわけにもいかず(出たら絶対に無事に帰ってこられないと思うほど凄かった)、1日カロリーメイト1箱と、部屋にあったアルカリイオン水で過ごした。そういえば、学部1年のとき台風がくるからって仏語の前期試験が休みになったんだっけな。全然たいしたことなかったような気がするけど。高校のときも、台風だから午前で授業終了とかあった。沖縄の台風を経験してしまうと、こっちの台風なんかそよ風みたいなものである…というのは言い過ぎか。


 もうあれから一年が経とうとしている。2003年5月10日、僕が最後に海に潜った日でもあり、死にかけた日でもある。死にかけるというのは、今となってはいささか誇張表現のようにも思える。でも、実際に医者からそういうニュアンスのことを言われたし、海上保安署の人には「若かったから助かったのであって、自分達なら逝ってた」とはっきり言われた。

 今でもあの事故は鮮明に覚えている。宮古島での通算64本目のダイビング、同じ場所で過去2回潜ったことがあったし、一緒に潜る人はもちろんのこと、船の船長も別のダイビングショップのスタッフの顔も知っていた。いつもと全く変わったところはなかったし、あんなことになるなんて全く感じられなかった。嬉しいことも悲しいことも、突然やってくる。


 あなたは2002年のクリスマス、どこで誰と何をしてましたか?僕は、泡盛を海に沈めてました。水深30メーター強のところに沈めたから、大体4気圧。この状態で寝かせておくと、普通に寝かせておくよりも美味しくなるらしい。見つからないように根にぶら下げておきました。

04-03-15_11-14~00.jpg

 で、この酒をこの前1年3ヶ月ぶりに取りに行きました。まあ僕は船の上でお留守番だったんだけど。去年は風速70mという超大型台風がきたので、地形が変わってたりして果たして見つかるのかどうかわからなかったけど、無事引き上げに成功。ソフトコーラル、ハードコーラル色々ついてて、凄かった。

04-03-15_11-4800.jpg


 moblogをあと2週間早く設定できていれば宮古からエントリーできたのに!と悔やまれるところだけど、悔やんでいても仕方ないので少しだけ宮古の風景を紹介。普段は写真なんか撮らないんだけど、今回ブログを意識していたのか、31万画素の携帯カメラと4年前購入の200万画素のデジカメで撮影。SMENA SYMBOLが行くまでに手元に届かなかったのが、これまた悔やまれるところなんだよな…。こんなのばっかりである。


 これまで7回宮古に行ってて、さらに本島も含めるとおそらく合計3ヶ月近く沖縄に行ってることになるんだけど、沖縄料理は全然好きになれない。ソーキそばはそれほど好きではないし、ゴーヤは食べられないし、ポーク玉子おにぎりなんかに至ってはその味覚センスを疑いたくなるほどである。オリオンビールは好きだけど、これは料理じゃないし。
 そして今回初めて「これは美味しい!」と思ったのが、この豆腐ちゃんぷるー。知り合いの人のお母さんにごちそうになった。作り方は簡単。

1. 木綿豆腐の水を切る(レンジを使うとか色々方法があるらしい)
2. 豆腐をちぎって油を引いた鍋にいれ炒める
3. キャベツ(多め)、豚肉、ニンジン、もやし、ニラを加える
4. 塩こしょう、醤油、味の素で味付けして完成

と、これだけ。好き嫌い王を自負する僕が美味しいというのだから、間違いない。ヘルシーだし、一人暮らしの人にも手軽なのでいいんじゃないかな。これをご飯に乗せて卵でとじると“ちゃんぽん(not 長崎)”になる気がするけど、1回しか食べたことがないのでわかりません。


・歩いている人がいない
本当にいない。市街地はまだ観光客がいるけど、少し外れれば歩いてるのは登下校中の学生ぐらいである。歩いてると、タクシーの運ちゃんに「乗ってけ!」と声をかけられる。農家の人に、「おう、頑張れ!」と笑われながら励まされる。


 タイトル通り、僕が宮古へ行くときの手順・注意事項。宮古島なんてオリックスのキャンプぐらいでしか知られてないけど、1回行くと病みつきになります。僕はこの3年半で7回i行きました。“ミヤコ”と聞くと、頭によぎるのは“都”ではなく宮古島!全国行脚したわけじゃないから実際のところはわからないけど、リピーター率は日本の中でもかなり高いと思う。芸能人だと島田紳助がそうで、キスイヤという番組でたまに沖縄特集がやってるけど、あれは彼が宮古島に行きたいからだという噂が…。

Profile

take(take@blue-jam.com)
1981年12月23日生まれ
横浜市の端に在住
音楽と夏と海をこよなく愛してます。
強く、やさしく、フェアに

2015年11月

Sun Mon Tue Wed Thu  Fri   Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

最近のコメント

BlogPeople

Powered by Movable Type 4.292